必見!アクネ菌がニキビの原因になっている!?実は肌に欠かせない存在だって知ってますか?

[最終更新日]2017/01/16

ニキビ跡プロセス画像

→僕が短期間でニキビを劇的に予防できたスキンケアは、こちらをクリック!!!

  • POINT!
アクネ菌はニキビを引き起こすニキビ原因菌と指摘されているようです。ですが、アクネ菌は常在菌でもあり、ニキビのない綺麗な肌の人でも1番多く存在している重要な菌とも言われています。!以下でお医者さんから聞いたことも踏まえて、ニキビ太郎の見解をまとめていきますね!
アクネ菌がニキビの原因にイメージ

アクネ菌と聞けば、ニキビの原因菌だとイメージする人が大半だと思います。ですが、このアクネ菌がどのようにして「ニキビや吹き出物」を発生させているのかを知っている人は、意外と少ないのかもしれないですね。

ニキビや吹き出物といった肌荒れは、今では10代から20代を超えた大人の人でも発生する肌の病気だとされています。

よく耳にする言葉で区別するならば、思春期ニキビや大人ニキビですね。どちらのニキビも、炎症があればアクネ菌が関係している可能性が高いです。

なので、ニキビケア商品を開発している会社はこぞってアクネ菌をやっつけるような刺激の強いものを作っているんですね。有名なところでいうと、プロアクティブ+(プラス)やオードムーゲ、Nov、ルナメアAC・アクネスラボetc・・・のようなものが実際にニキビ太郎自身が使用してみてそう感じました。

これらはアルコール成分が含まれていて、使用すると肌がスースーしたります。これによって、菌自体を殺菌する効果があるようなののですが、実はこれが逆にニキビや吹き出物いった肌荒れを引き起こす原因になってしまう可能性もあるようなのです。

ですが、この問題はアクネ菌の役割をちゃんと把握して、さらに自分に合った正しスキンケアを継続することができたら、解決できる問題なのかな?とニキビ太郎は考えます。

ところで、アクネ菌って肌が綺麗な人にも1番多く存在している常在菌でもあると言われているのはご存知ですか?

アクネ菌とは?

アクネ菌イメージ

アクネ菌の正式名称は、「プロピオニバクテリウム・アクネス」と言い、実は数ある常在菌の中の1つだと言われています。

アクネ菌は、常在菌の中でも男女問わず、肌に一番多くある菌だという説があるので、ニキビがある人も、無い人も肌に1番多い菌はアクネ菌の可能性が高いです。

これが事実であるならば、かなりビックリですよね?(今はこういった説がありますが、将来的には覆される可能性もあるので要注目ですね)

しかも、普段は肌のバランス状態を上手に操作し、肌の状態を正常に保てるようにしてくれる役割を果たしてくれていると言われています!!

そして、肌を弱酸性にしてくれて肌を外敵から守る仕事も担ってくれていることが、調べているうちに明らかになってきました!

だけど、アクネ菌は体全体に多く存在しているというわけではなくて、皮脂の分泌が多い部位に居るとも言われています。これは、ニキビが出来やすい箇所とも関係してきそうだとニキビ太郎は考えます。その理由を以下で説明させてください!

どうしてアクネ菌がニキビの原因になってしまうのでしょうか?

アクネ菌は皮脂が多い毛穴が大好きイメージ

それは、アクネ菌が皮脂を栄養源として活動していることにあるとされています。そして、酸素をすごく苦手としていることが原因でもあることが指摘されています。(=嫌気性)

なので、アクネ菌は毛穴の中に入ることが大好きなんだと言えると思います。理由は、毛穴の中は空気がないし、皮脂も分泌されているからですね。

簡単にまとめると、

「アクネ菌は、皮脂がたくさん分泌されている毛穴が大好き!」

だということになるのではないでしょうか?これこそが、アクネ菌がニキビや吹き出物の炎症を発生させる原因になっているのだとニキビ太郎は考えます。

まだ皮脂を食べるだけならいいのですが、食べた代わりに「ポルフィリン」という毒素をプレゼントしてくれるようです(汗)

その毒素(ポルフィリン)をやっつけようと体内で白血球が緊急出動し、白血球VSアクネ菌のバトルが始まるというわけなんですね。

この、白血球VSアクネ菌のバトルこそが、毛穴の炎症を引き起こす原因にもなっているというのです。

※完全に余談ですが・・・

白血球VSアクネ菌によって活性酸素が発生するらしいのですが、これが真皮細胞にあるメラノサイト(メラニン色素)を作る場所を刺激し、それが原因でシミの原因になったりする可能性も指摘されています。。

また活性酸素は肌のハリを決定するコラーゲンをも刺激し、肌のたるみやシワの原因にもなり得るとのことなので、注意しておきたいですね。

→注目!男性にもシミが増える原因はメラノサイトにある!?。

アクネ菌が多く存在する体の部位は?

皮脂腺の多い場所イメージ図

先ほど、アクネ菌が皮脂を多く分泌させる毛穴が好きだと既述しました。これは、ニキビや吹き出物がよく出来やすい体の部位と大きく関係している可能性があります。

ニキビができやすい部位って、皮脂が比較的たくさん分泌される、顔や胸(デコルテ)、背中、頭だと言われています。因みに、ニキビ太郎はこの全ての箇所にニキビが大量でできていた時代があります(汗)

アクネ菌は皮脂が大好物なので、この皮脂がたくさん排出されている部位に、多く住み着いているということなんですね。なので、実際にニキビ太郎の顔や胸(デコルテ)、背中、頭皮にニキビや吹き出物ができて、さらにはよく炎症するのも納得いきます・・・

ニキビが炎症する理由は?

akunekin / image

ニキビは、毛穴に皮脂や汚れが詰まって発生する肌の病気だとされています。まだ皮脂が毛穴に詰まったりするだけだったら、白ニキビと呼ばれる一番症状の軽い状態である可能性が高いです。

しかし、先ほども説明したように、ここにアクネ菌がやってきて、皮脂を食べたお礼として「ポルフィリン」という毒素を分泌することが事実であれば、そして

そこに紫外線を浴びてしまうと、大量の活性酸素が発生してしまう要因になります。

すると、それが赤ニキビや黄ニキビといった炎症の強いニキビに発展してしまう大きな原因の1つにもなるということも考えられます。

→要注意!活性酸素が吹き出物や肌荒れの原因になる可能性がある!?

また、アクネ菌が皮脂を食べた後にポルフィリンだけでなく、「遊離脂肪酸」も排出していると言われています。この遊離脂肪酸は、毛穴を刺激し角化異常を引き起こしやすくなると言われています。つまり、角質が硬くなり毛穴が塞がりやすくなってしまうことが考えられますね。

以下のリンク先ページにもこの件に関してまとめているので、良かったら参考にしてみてください!

→必見!チョコレートを食べ過ぎるとニキビの原因になる!?その真相に迫ります!

また、遊離脂肪酸も酸化され、過酸化脂質になると、ニキビの炎症を悪化させてしまうと言われています。

それを防ぐには、抗酸化作用のあるビタミンCビタミンE、そしてビタミンAといったビタミンACE(エース)を積極に摂取することで酸化を予防するといったことが大切になってくるとニキビ太郎は考えます。

また、ビタミンB2なんかも脂質の代謝を助ける役割があるので、積極的に摂るといいと実感しています。

→必見!抗酸化物質は吹き出物や肌荒れの予防に必須の成分!?

必見!アクネ菌(ニキビケア)対策はこちら

上記に書いた通り、アクネ菌はニキビを悪化させる存在でありながら、皮膚の常在菌として肌の酸性度を操作してくれている非常に重要な存在であることがわかりますね。

なのでここからは、そんなアクネ菌の特徴を抑えながら、どんなニキビケアをすればいいのかをニキビ太郎の見解をまとめていきますね!

favicon アクネ菌は次のようにつき合っていくのがいいかも!

アクネ菌を正常な範囲内の数に抑えるためには、やはり顔などの皮脂の多い部分の皮脂量をある程度に抑える必要があるのかなと考えます。

そのためには、洗顔や体を洗い、皮脂量をコントロールすることが非常に大切になってきそうです。といっても、通常のニキビケア商品に多い、アルコールを含むような殺菌作用のある、刺激の強いタイプのスキンケア商品は使わないようにする、といいとこれまでの経験で感じています。

例えばですがプロアクティブ+(プラス)やオードムーゲNovルナメアACアクネスラボetc・・・は刺激が強いと僕は思っているので、僕は使用することを避けていますね。。。また、皮脂やアクネ菌を必要以上に取り除くことは、逆効果になってしまうとも思っています。

そこで、僕がオススメしたいニキビケア商品があります。「ビーグレン」です。

ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック

スキンケアを徹底しているのに、良くならない人へ

ニキビや吹き出物などの肌荒れ、がめちゃくちゃ酷い人というのは、食生活を含む生活習慣が乱れている傾向があるのかな?と思ってもいます。実際に僕がそうだったからですね。。

普段の食事内容が偏っていると、どうしても腸内環境が悪くなり、ニキビができやすい体質へとなってしまう可能性が高くなるのでは?と思っているほどです。

そうなると、いくらスキンケアを必死にやったところで、体の内側が悪いので、ニキビや吹き出物も一向に目立たなくならないと僕は実感しています。

そこで紹介したいのが、「優光泉」という酵素ドリンクです。これは、ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

 ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック

アクネ菌にも善玉菌と悪玉菌がある!?

よく調べていくと、アクネ菌にも腸内細菌と同じように善玉菌と悪玉菌が存在しているということがわかってきました。

アクネ菌を細分化すると、なんと66種類に分類することができ、少し大きく分類すると、善玉菌1種類で悪玉菌が2種類あるようなのです。

比率でいうと、

善玉アクネ菌:悪玉アクネ菌=1:2

悪玉菌の方が多いんですね。。腸内細菌も悪玉菌の数の方が多いので、常在菌はこのような比率が1番バランスが良いのかもしれないですね。。

善玉アクネ菌の役割としては、肌のpHバランスを4〜6といった弱酸性に抑える仕事をになってくれていて、弱酸性にすることで、病原菌となる細菌の増殖を防いでいるとされています。

一方の悪玉アクネ菌は、毛穴の中で細菌性リパーゼ酵素と呼ばれる物質を分泌し、皮脂を遊離脂肪酸とグリセリンに分解すると言われています。

これらの菌のバランスが崩れ、悪玉菌が優位に立つと直ぐにニキビが悪化してしまうので、常に正しいスキンケアを行うよう注意が必要になりそうですね。

美肌には常在菌が必要不可欠!?

綺麗な肌には常在菌の存在は欠かす事ができないことが明らかになっています。常在菌が肌にいてくれるから、肌の外敵(雑菌やカビ等)の侵入を防げているというのは把握しておく必要がありそうですね!!

常在菌共存共栄イメージ画像

常に在る菌と書いて、「常在菌」。漢字の通り常に肌に存在している菌のことを表現しています。ピッタリの言葉をつけられていますよね!笑

そんな常在菌は、美肌には欠かせない存在だってことを、ご存知でしたか??菌って名前だから勝手に悪いイメージがありますが、そんなことないのです!

詳しく見ていきましょう!

favicon 役割について

人の体には、数えきれない程の種類の細菌が存在しています。

これを常在菌と呼んでいるんですね!

そんな細菌達は、肌にいて何をしているのでしょうか?とっても気になりますよね?悪さしてたら困りますよね?

実は、常在菌は肌に居る代わりに、肌の外敵である酵母菌やカビ、雑菌から守ってくれる役割があるというのです!!

これってスゴいことですよね!!まさに共存共栄の関係とはこのことでしょう!

もうちょっと専門的な感じでまとめると、肌にいる常在菌は、体から分泌されている皮脂や汗を栄養源としています。

それから酸を作りだして排出してくれているのです!!

酵母菌やカビ、雑菌というのは弱酸性な場所には近づけないようなのです。

なぜなら、アルカリ性がじゃないとダメだからだそうです。

ごめんなさいイメージ画像

この常在菌が作ってくれる酸があるから、僕たち人間の体は、常に弱酸性の状態でいられるようなのです。

これでは酵母菌やカビ、雑菌は近寄れない・・・これはもう常在菌のおかげ、常在菌さまさまだったんですね!

【知らなくて、本当にごめんなさいレベルです。】

favicon 常在菌って、実はもっとすごい存在!?

最近の研究では、上記で紹介した役割以外にも、常在菌はもっとすごいことをやってくれていることが明らかになりました!

【酸だけじゃなく、表皮を元気付けする栄養も排出している】

とのことです!

↑もう、ここまでくると常在菌って尊敬できるレベルですよね!!

実際に、皮膚にいる常在菌がいろいろな代謝をしていることが、すでに明らかになっているそうです!

お肌の外敵から守ってくれるだけじゃなくて、お肌自体にも栄養を与えて元気にさせてくれているとは。。

常在菌さん、これからもよろしくお願いします!!m(_ _)m

神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

※当サイトをご利用の際には、必ず免責事項他をご参照ください。

→必見!頬ニキビを1日でも早く予防するための治し方を原因から見ていきます!

コメントを残す

このページの先頭へ