注目!1日でも早く鼻ニキビを予防方法を原因から見ていきます!

[最終更新日]2016/07/15

ニキビ跡プロセス画像

→ニキビ太郎が実践した劇的にニキビを予防する方法はこちらをクリック!

  • POINT!
1日でも早く鼻ニキビを予防するためには、しっかりと原因を把握して正しい治し方で対処して行く必要があります。また、鼻ニキビやイチゴ鼻は炎症が酷くなりやすい部位でもあるので、大変注意が必要です。
鼻ニキビの原因と治し方についてイメージ

鼻ニキビは突然違和感がでてきて、次第に毛穴が赤く炎症してきて、しこりみたいなのも徐々に大きくなってきます。しかも痛いですよね。酷いと一週間程度ある場合もあります。

また、ニキビができる部位の中でも特に目立ってしまうのが「鼻ニキビ」の特徴です。また、鼻にある毛穴は他の部位よりも太く大きいため、炎症のつよい赤ニキビ、黄ニキビへと進行しやすくもあります。他にも同じ場所に繰り返しできやすくもあります。

そのため、重度のニキビ跡を残す危険性もあることから、正しい治し方で早急に対処していく必要があります。以下でその方法をまとめてみたので是非参考にしてみてください!イチゴ鼻についてもまとめました!

原因について

favicon 皮脂の過剰分泌が原因の場合

皮脂イメージ画像

鼻とおでこは、Tゾーンと呼ばれている場所で、普段から皮脂の分泌量が他の部位よりも多いことで有名です。なので、思春期ニキビが発生しやすく、もちろん大人ニキビも出来やすい部位でもあります。

また、毛穴の大きさが元々大きいため、毛穴の中に皮脂が蓄積する量も多くなるため、そこにニキビの原因菌であるアクネ菌がやってくると、とんでもなく大きな赤ニキビができたり、後に酷いニキビ跡を残しやすくもあるんですね。

ニキビ太郎も高校生の頃から、月1程度でものすごく大きな赤ニキビや黄ニキビが朝起きたら突然鼻に出来ていた・・・ということがあります。

実は今でも油断すると簡単に鼻ニキビが出来てしまうのですが、出来た時に少しでも触ったりすると、ものすごく痛いし、目立つしで本当に嫌になりますよね。。

ですが、この鼻ニキビ(赤ニキビ)も突然出来るわけではなくて、ちゃんと白ニキビの段階を経てから、赤ニキビや黄ニキビといった炎症の強いニキビに進行しています。

なので、なるべく早い段階(白ニキビや黒ニキビ)で正しい治し方で早急に対処していくこが非常に重要になってきます。

favicon ストレスが原因の場合

ストレスがニキビの原因に!?イメージ

鼻ニキビを作ってしまう大きな原因の1つに、強いストレスが考えられます。人は強いストレスを感じると、体はそれに対抗するために抗ストレスホルモン(男性ホルモン)の分泌を増やします。それによって、ストレスによる健康被害から身を守っています。

ですが、一方でこの抗ストレスホルモンとして分泌される男性ホルモンには、鼻ニキビの原因となる皮脂の過剰分泌を引き起こし、さらには肌の一番外側にある角質層を硬くする作用があるんですね。

鼻の毛穴から排出される皮脂の量が増え、角質層が硬くなることで、毛穴が塞がりやすくなれば、ただでさえ皮脂の分泌の多い鼻なので、さらに皮脂や汚れが毛穴に詰まりやすくなり、益々鼻ニキビができやすくなったり、炎症が悪化したりする恐れが出てきます。

なので、ストレスが巡り巡って鼻ニキビを悪化させていくことになってしまうのです。ストレスは睡眠不足を引き起こすこともあるからですね。

これを防ぐためには、ストレスを感じないことが1番なのですが、現代の日本で生きていくうえで、それは非常に難しいと思います。

なので、常日頃からストレスを解消して、ストレスを体に溜め込まないといった方法が良いとニキビ太郎は感じています。

→注意!ストレスは吹き出物や肌荒れの原因になります。

favicon 偏食や過食などが原因のケース

カップヌードルイメージ画像

鼻ニキビは既に記述した通り、通常でも皮脂の分泌が他の部位よりも多いです。なので、さらに皮脂を増やすような行為をしてしまうことは、鼻ニキビを余計に悪化させることになります。

その皮脂を増やしてしまう行為に偏食や過食、暴飲暴食といっためちゃくちゃな食生活があります。

例えば、忙しさのあまりコンビニの弁当やスーパーのお惣菜、お菓子やカップラーメン、冷凍食品といった加工食品、レトルト食品などで簡単に食事を済ませている人は、偏食や過食に該当してしまします。

加工食品には、製造過程で大量の食品添加物が使用されているものが多く、実はそれを口にするだけで体はストレスを感じてしまいます。

また、お菓子には甘い砂糖(糖質)や質の悪い脂質もたくさん含まれていることがあるので、それを体内で分解するために、本来であれば肌の新陳代謝(=ターンオーバー)に使われるはずだった栄養素(ビタミンやミネラル)が消化や分解に使わることになります。

そうなると、肌のターンオーバーサイクルが乱れ、益々鼻ニキビを作ってしまう要因を増やしてしまうことになります。また暴飲暴食などは、胃や腸に負担をかけることにもなり、腸内環境を悪化させる恐れがあります。(胃や腸が疲弊すると、鼻の下や口周りのニキビや吹き出物の原因になりやすいとも言われています。)

そうなると、体内に必要な栄養素を作ってくれる腸内細菌の数も減り、ますます肌細胞の入れ替えに必要な栄養素が減ってしまうという悪循環も生まれてしまいます。

なので、鼻ニキビで悩んでいる人はもちろん、他の場所のニキビや吹き出物などの肌荒れで悩んでいる人も、過食や偏食といった食生活は絶対に避けた方がいいとニキビ太郎は思っています。

→注意!過食や偏食は吹き出物や肌荒れの原因です。

favicon 触ってしまうことが悪化させる原因に

中途半端な黄ニキビイメージ

鼻ニキビができると、大きいし目立つので、自分でも無意識のうちについつい触ってしまうこともあると思います。鏡を見てもかなる憂鬱になる原因にもなりますよね。。

実際にニキビ太郎も鼻に大きなニキビができたり、鼻の脇に白ニキビがたくさん出来たりすると、無意識に触っていて「はっ!」としてしまうことがあります。

この鼻ニキビを触ってしまう行為が、鼻ニキビを新しく生み出してしまったり、悪化させてしまっている可能性があります。

指先は、どんなに綺麗にしたつもりでも、意外と汚れているケースが多いです。また雑菌や細菌もたくさん居ます。

なので、どんなに触りたくても、絶対に鼻ニキビは触ってはいけません。これは他の場所のニキビや吹き出物にも同じ事が言えます。

触ることで、毛穴にダメージを与えてしまい、それによって毛穴の奥に真皮細胞が刺激され、後に色素沈着(シミ)のニキビ跡が残ってしまったというケースも考えられるからですね。

favicon 過剰な洗顔が原因の場合

過剰な洗顔イメージ

鼻は元々皮脂の分泌量が多いです。ですが、だからといって鼻の皮脂や汚れをゴシゴシと過剰に洗顔するのは絶対に避けたい行動になります。

皮脂には、肌のバリア機能維持するためや、多少肌を乾燥から守る役割もあるとニキビ太郎は考えています。なので、必要最低限の皮脂は絶対に必要になります。

なので、その必要な皮脂までも洗い落としてしまうような洗顔は、逆に肌トラブルを招くことにつながるので、絶対に避けた方が良いと思っています。

特に脱脂力の強いニキビ用の洗顔料は、使わない方が良いとニキビ太郎は思っています。

具体的な商品名で言うと、プロアクティブですね。

CMではバンバンいい感じのことが放送されていますが、実際に使ってみると、スースーするし、必要な皮脂までもを洗い落としまうことを体験しました。

favicon 紫外線が原因の場合

紫外線イメージ

鼻は顔のどの部位よりも突き出している形をしているため、紫外線の影響をモロに受けやすい箇所でもあります。

人の肌は紫外線を浴びると、肌の表面が炎症しやすくなり、これは肌のターンオーバー機能を乱すことにつながりやすくなります。また、酷い肌の乾燥を招くこともあります。

他にも、体内に大量の活性酸素を発生させ、肌の老化を加速させたり、色素沈着(シミ)の大きな原因にもなります。

そのため、鼻ニキビを予防するためには、紫外線対策(UVケア)は絶対に欠かすことはできないとニキビ太郎は思っています。

以下のリンク先ページに紫外線について、またその対策についても詳しくまとめていますので、是非参考にしてみてください!

→注意!紫外線は吹き出物や肌荒れが悪化する原因になります。

favicon あぶらとり紙や洗顔シートが原因のケース

拭き取りシートイメージ

ニキビ太郎も学生時代によく顔のテカリを気にして、休み時間の度にあぶらとり紙や洗顔シートを使用していました。

ですが、これらを頻繁に使用すればするほど、顔からは皮脂が無くなることになり、体はそれに対抗して、より皮脂を分泌するようになるんですね。

なので、あぶらとり紙や洗顔シートを使う事は、結果的に皮脂の過剰分泌を促し逆効果になることが考えられます。

また、ゴシゴシと擦るようにしようしていると、それが肌の角質層を傷つけ、肌のバリア機能を壊したり、毛穴を詰まらせる要因となり、鼻ニキビや吹き出物といった肌荒れの原因になる可能性があります。

なので、あぶらとり紙や洗顔シートの使い過ぎにも大変注意が必要です。

正しい治し方について

鼻ニキビ

鼻ニキビを1日でも早く予防するために必要なことは、「まず皮膚科を受診すること」が第一歩となります。

だけど、こう書くと、「鼻ニキビが出来たぐらいで皮膚科に行くのは恥ずかしい」とか「スキンケアで自力で良くする!」と思う人もいると思うのです。実は、ニキビが酷かった頃のニキビ太郎がそういう風に思っていたからですね。

ニキビは青春のシンボルで、いつか自然とよくなると思っていましたが、ニキビ太郎の場合は良くなるどころか、むしろ年々悪化していく一方でした。それでも「ニキビなんかで皮膚科に行ったら恥ずかしい」と思っていて、中々行こうとはしませんでした。

ですが、今は「どうしてもっと早く皮膚科に行かなかったんだ」とものすごく後悔しています。その理由は、勇気を振り絞って皮膚科に行ったことによって、「ニキビのせいで死にたい」とまで思っていた僕の酷いニキビやニキビ跡が綺麗に目立たなくなったからですね。

ニキビ太郎が皮膚科から処方してもらったお薬

これは、処方してもらったお薬やお医者さんに食生活やスキンケアの仕方をアドバイスしてもらったからだと思っています。1件目の皮膚科はハズレだったのですが、2件目のお医者さんは親身になって相談にのってくれたのも本当に大きかったと思います。

鼻ニキビ1つと言えども、それは肌の病気なんです。病気なので深刻化する前に病院に行くべきだとニキビ太郎は思っています。

また、2015年4月から、世界標準のニキビ薬である「ベピオゲル2.5%」が保険適用で処方されるようになりました!

つまりこれは、これまで以上にニキビに効果のあるお薬が出たいうことです。このように日本のニキビ治療もどんどん進化しているので、鼻ニキビで悩んでいる人ほど皮膚科に行く事をオススメしたいです。

favicon スキンケアについて

ニキビケア商品一覧

鼻ニキビをよくするためには、自宅で行う日頃のスキンケアもしっかりと見直す必要があります。特に鼻はTゾーンと呼ばれる箇所で、他の部位よりも皮脂の分泌が多いです。

なので、皮脂をある程度洗い落とすことが重要なのですが、逆に洗い落としすぎることも危険なので、このさじ加減がものすごく難しいところだと思います。

また、鼻の小鼻にできるニキビや吹き出物は、洗い残しである可能性が高いので、しっかりとすすぐことを意識してみてください!(ただし、すすぐ回数は上限で10回が目安です。それ以上は悪化の原因となるので注意が必要です)

そこで、実際にニキビ太郎が酷い鼻ニキビやニキビ跡を予防できたスキンケアの方法を以下のリンク先の記事にまとめたので、是非参考にしてみてください!

スキンケアについてボタン
→ニキビ太郎が実際にしているスキンケア方法の全手法

favicon 食生活について

ニキビが酷かった頃の食事メニュー

鼻ニキビを1日でも早く予防するためには、食生活の見直すことも欠かす事ができません。

特に鼻は皮脂の分泌が他の部位よりも多いので、皮脂を増やす原因となる、甘いお菓子や脂質の多い揚げ物を食べ過ぎないといったことが重要になってくると思います。

糖質や脂質を消化・分解する際には、ビタミン類やミネラルが大量に消費されてしまうからですね。なので、鼻ニキビを予防するためには、何よりバランスの摂れた食生活が1番です。

そこで、ニキビ太郎が実際に酷い鼻ニキビを予防できた食生活を以下のリンク先にまとめたので、是非参考にしてみてください!

食生活についてボタン
→ニキビ太郎が実践した食事方法の全て

鼻ニキビが出来た時に注意したいこと

favicon 間違った情報に振り回されない事

鼻ニキビを予防するために、目薬がいいとか歯磨き粉が効くとかいう情報が出回っていますが、これらを鵜呑みにすることは絶対に辞めましょう。へたすると一生消えないニキビ跡を残してしまう恐れがあります。

というのも、ニキビが酷かった頃のニキビ太郎はどうしてもニキビやニキビ跡を良くしたかったので、どんな情報でも鵜呑みにしてしまっていたんですね。。今では酷く後悔しています。

オロナイン鼻パックは逆に悪化します
オロナインイメージ

黒ニキビは、毛穴に溜まった皮脂が毛穴の入り口から顔を出すように皮脂が飛び出し、それが酸素に触れて酸化することで皮脂が黒くなることから、黒ニキビと呼ばれています。

そんな鼻に出来た黒ニキビには、他のサイトやブログさんで、オロナインを使った「鼻パック」が有効だと書いてあります。

具体的な方法としては、お風呂に入って毛穴をよく開き、そこを洗顔した後で、市販されているオロナインをたっぷり塗って、その状態を20分程度放置し、時間が経過したら洗い流すという方法なのですが・・・

実際に過去に3回程試したニキビ太郎は、3回とも鼻の黒ニキビを悪化させ、赤ニキビへと進行させるだけでなく、他にたいさんの白ニキビが出現しました。。(涙)

ニキビ太郎も小さい頃は転んで怪我をしたりすると、傷口にオロナインをよく塗ってもらっていたため、そのイメージからきっと鼻ニキビにも効果があると思い込んだんですね。

ですが、その真逆を行きました・・・オロナイン鼻パックは、逆に鼻の黒ニキビを悪化させてしまう原因となってしまいました。。(泣)

オロナインは実際に触ってみるとわかると思うのですが、油性のクリームです。なので、毛穴にこのクリームが詰まる可能性があったんですね。。

ニキビ太郎は、鼻の黒ニキビをよくするために、「オロナイン鼻パック」をすることは辞めた方が良いと実感しています。

市販のニキビ薬+絆創膏も悪化させる原因です
市販のニキビケア商品イメージ

ニキビ太郎も、赤ニキビを治そうと思って、過去に他のブログやサイトさんに書いてある、ニキビの市販薬であるビフナイトやPAIRといった炎症を抑える薬をニキビにつけ、その上から絆創膏を張りつけ方法を試してみました。

書いてある通りに、一日様子を見ましたが、、、これもまさかの赤ニキビの炎症を悪化させ、後に色素沈着(シミ)のニキビ跡を残してしまう結果となってしまいました。。。(涙)

結論としては、ドラックストアで購入できるニキビケア商品より、絶対に皮膚科で処方してもらえるお薬の方が効果が高いということです。

皮膚科で処方してもらえるお薬には、決して市販のものには配合できない成分が含まれているからですね。やっぱりその分効果は高いとニキビ太郎は実感しています。

なので、もしも市販薬にかける費用や労力があるなら、皮膚科に行ってちゃんとお医者さんの指示の元で、あなたにあったお薬を使用することをニキビ太郎はオススメしたいです。

その方がニキビが良くなる可能性も高いですし、何より予防できるスピードが断然早いと感じています。

マキロンを使うことは辞めるべき
マキロンイメージ

鼻の赤ニキビの原因になるアクネ菌を殺菌するために、マキロンと呼ばれる消毒液をニキビにつけて炎症を抑える方法があるようです。

ですが、これも逆にニキビを悪化させるだけでなく、他の常在菌も殺菌する恐れがあるため、肌のバリア機能が衰え、ニキビや吹き出物よりも恐ろしい肌トラブルを引き起こす可能性があります。

アクネ菌も肌にいる常在菌の一種で、普段は肌を守る役割を担ってくれています。そのアクネ菌を退治してしまうと、繰り返しになりますが、肌のバリア機能が破壊され肌が乾燥するといった自体になりかねません。

これは、アルコールなど殺菌成分の入ったニキビケア商品にも同じ事が言えます。確かにアクネ菌はニキビの原因となりますが、絶対に必要な常在菌でもあるので、殺菌することは避けるべきなんですね。

なので、もしも鼻ニキビを予防するためにマキロンを使用している人がいたら、即刻使用を中止して、早めに皮膚科を受診することをオススメしたいです。

鼻ニキビを隠したい時には・・・

マスクイメージ画像

ニキビ太郎も鼻ニキビが出来た時は、本当に誰にも見られたくなかったので、必死に隠そうとしていました。一時はコンシーラーというもので赤みを隠そうとしたりしていたのですが・・・やはりあれって不自然になってしまいがちになります。

なので、ニキビ太郎は酷い鼻ニキビが出来た時には、マスクで隠すようにしていました。他のサイトやブログさんでは、マスクは肌が汚れる原因とか、マスクが肌と触れてそれが刺激となってニキビや吹き出物を悪化させると書いてあります。

確かにそうなのですが、他の人に見られたと考えた時のストレスの方が僕は悪影響だと考えていたので、マスクを使って顔全体を覆って隠していました。マスクは悪化の原因だからといって我慢するのではなく、あまりに辛い時はマスクをしても良いとニキビ太郎は思っています。

あの辛さは、本当にニキビで悩んだことがある人にしかわからない感情だと思うからですね。ニキビで辛い時は、マスクで隠すのは全然アリです!ニキビ太郎は、マスクでニキビを隠しながら酷かったニキビやニキビ跡を克服することができましたよ!

イチゴ鼻とは

イチゴ鼻イメージ

鼻は他の部位よりもニキビや吹き出物が発生しやすく、黒ニキビも発生しやすいです。

そのため、鼻は黒ニキビの密度が高く、その見た目から鼻の黒ニキビ=イチゴ鼻と呼ばれるようになっているんですね。。

この黒ブツブツは本当に目立つので、本当に嫌ですよね。。ニキビ太郎も嫌で鼻パックでごっそりとったこともありました。

favicon 原因

メイクイメージ画像2

このイチゴ鼻は女性に多く、その原因はメイクにあると言われています。

鼻は毛穴自体が大きく目立ちやすいので、その毛穴の開きを隠そうと、念入りにファンデーションを塗ったりしている女性が多いとされています。ですが、この厚化粧によって毛穴が塞がり、黒ニキビを発生させてしまっているんですね。

最近では、カバー力の強いウォータープルーフタイプのファンデーションが人気で、油分が多いものがよく使用されています。ですが、これは特に鼻ニキビ、イチゴ鼻を悪化させる原因です。

メイクやお化粧をするとしても、なるべく肌への負担がすくないパウダータイプにするといった工夫が必要となりそうです。

favicon 毛穴(角栓)パックも原因に

鼻パックしたことがある人はわかると思うのですが、角栓が綺麗になくなった時の快感はハンパないですよね?僕もそれがクセになって定期的にやってた時代がありました。だ・け・ど!この鼻の角栓をとる為に鼻パックをしすぎるのは、肌に負担となってしまうのです。。

そもそも角栓って何と??
微小面皰(ニキビになりかけの毛穴)イメージ

角栓とは退化してしまった毛の一部だったり、皮脂腺の一部だったり・・・

また、剥がれ落ちるタイミングを逃した角質細胞たちが、毛穴の中で固まってしまった状態のものを表す言葉です。

外からみると、ボツボツしていて、触るとザラザラとしているあの感じです。

イチゴ鼻と表現すればイメージしやすいでしょうか?

角栓が目立つようになっているということは、新しい赤ちゃん細胞を作る基底層で細胞分裂が行われておらず、新陳代謝が正常にできていない肌の状態を指します。

favicon 鼻パックをすると、毛穴にダメージを与えてしまう。

毛穴パックイメージ

鼻パックをすると、めっちゃ気持ちよく角栓がとれたりしますよね?本当に病みつきになってしまうくらいです。

だけどそれは一時的なもので、鼻パックをし過ぎると逆に、もっと大きな角栓が出来てしまったりします。

さらには、大きな角栓が出来てしまったがために、毛穴が通所のサイズよりも広がって、角栓が鼻パックする前よりも目立ってしまう。といった悪循環が起こります。

鼻パックは、毛穴の中にダメージを与える行為だと思っても間違いないとニキビ太郎は思っています。

角栓がとれていくときに、毛穴の中に傷を残してそれを治すために、角栓を取る前よりも、より上等な(強固な)角栓を作ろうとするからです。

つまり、毛穴が詰まる状態ですよね。。これはニキビができても当然と言える状態なのかもしれません。。

角栓の症状が悪化すると、レーザー治療でないと治せないケースもあるようなので、安易に鼻パックをしすぎないように注意が必要です。。

意外と怖かった鼻パック。。ニキビ太郎も気をつけます。。

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

→必見!頬ニキビを1日でも早く予防するための治し方を原因から見ていきます!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ