注目!胸ニキビを1日でも早く予防する方法を原因から見ていきます!

[最終更新日]2016/07/15

ニキビ跡プロセス画像

→ニキビ太郎が実践した劇的にニキビを予防する方法はこちらをクリック!

  • POINT!
胸ニキビは繰り返し出来やすく、また酷いニキビ跡を残す恐れがあるので、早急に正しい治し方で対処する必要があります。また、精神的ダメージも計り知れないので、1日でも早く良くして、胸元(デコルテ)に自信を取り戻しましょう!
胸ニキビの原因と治し方についてイメージ

辛い胸ニキビや吹き出物で悩んでいる人は本当にたくさんいらっしゃると思います。というのも、以前のニキビ太郎も繰り返しできる胸ニキビや色素沈着のニキビ跡が酷すぎて、人生に絶望していたからです。。

・友人達と一緒に温泉に行けない
・プールや海で思いっきり遊べない
・夏になると、汗が出て胸ニキビが悪化する
・彼女に見られたくないので、なるべくアウトドアなデートは行かないようにした。

など、毎日胸周辺のニキビのことが気になって、仕事や勉強、そして遊びに対しても何事にも集中できなくて、本気で人生に絶望していた時期があります。

ですが、今では努力の甲斐あって、胸ニキビや吹き出物、ブツブツも大分目立たなくなり、気にすることもほとんどなくなりました。これも原因をしっかりと把握し、正しい治し方で対処できたからだと思っています。

なので、今回は実際に、ニキビ太郎が酷かったデコルテニキビを良くするために実践した「治し方」をこの記事にまとめていきますね!

原因について

胸元イメージ画像0

胸周辺(鎖骨周辺や胸の谷間)に発生するニキビは、厳密にいうと「マラセチア毛包炎(もうほうえん)」と呼ばれています。

このマラセチア毛包炎とは、毛穴に詰まった皮脂にアクネ菌ではなく、マラセチア菌(カビの一種)がやってきて炎症を起こしたものを指します。

なので、胸ニキビはアクネ菌が原因ではなくて、マラセチア菌と呼ばれるカビが原因で発生しているのですね。

ただ、通常のニキビと毛穴が詰まって炎症を起こす過程が同じなので、胸ニキビやデコルテニキビという認識でも間違ってないです。

デコルテとは

デコルテとは、フランス語で「胸を大きく開けた」という意味の単語で、ファッション業界では首筋から胸元にかかるラインのことを指すようです。

favicon 皮脂の分泌が多いことが最大の原因

皮脂イメージ画像

運動をしたり、スポーツをしたりすると、大量の汗をかきますよね?その汗の通り道となるのが、胸の間なので、この部位は汗が多岐のように流れているといっても過言ではないと思います。

また、胸の間は特に皮脂腺の大きさが他の部位よりも発達しており、通常でも皮脂の分泌量が多い場所でも有名です。

なので、毛穴の中に皮脂が詰まりやすく、そこに菌がやってきて炎症を起こす胸ニキビが出来やすいんですね。

そのため、汗をかいた時は、こまめに清潔なタオルで軽く押し当てるように、汗や皮脂を拭いたり、下着やシャツを着替えるといったことが非常に大切になってくると思います。

汗をかいて、そのまま放置することが1番危険だとニキビ太郎は実感しています。なるべくこまめに拭くことをオススメしたいです。

favicon 洗い過ぎは危険

洗い過ぎイメージ

胸ニキビは、毛穴に皮脂が詰まることで発生する肌の病気です。

なので、ナイロン素材やタオル、ブラシ等でゴシゴシ強く擦ってしまうと、これもこれでニキビの原因となってしまうんですね。。

ニキビ太郎は男だったので、胸の間にできたニキビを治そうと、硬めの垢擦りに大量のボディーソープを付けて、泡立て、それで強い力でゴシゴシと洗っていました。。(汗)時々ニキビが潰れて血がにじむこともありました。(汗)

ここまで強くする人は本当に稀だと思いますが、ゴシゴシと洗うことは間違いなく皮膚を傷つけ、胸ニキビを益々悪化あせてしまいます。

また、ニキビを潰してしまうことで、色素沈着ニキビ跡を残し、長い間ニキビ跡に苦しめられることになります。

実は、体の皮脂や汚れは、39度程度のお湯につかれば約70%異常の汚れや皮脂が洗い落ちると言われています。

なので、本当に刺激のない純石鹸などで、やさしくなでる程度で体の皮脂や汚れは洗い落ちるんです。詳しくは、胸ニキビの正しい治し方のところで詳しく説明させてください。

favicon シャンプーやリンスの洗い残しが原因

シャンプーがニキビの原因に!?イメージ

特に背中は、頭髪ケア(シャンプーやリンス、コンディショナーなど)の成分を含む泡が残りやすい部位でもあります。

そのため、背中に洗い残しが付着したままお風呂をあがると、その部分が炎症したり、荒れたり、痒みがでたりすることが考えられます。

それだけ頭皮ケアには、肌への刺激の強い成分(界面活性剤・香料など)が含まれているものが多いからですね。

洗う順番を最初に体、次に頭を洗う人は、背中に洗い残しをしやすい場所なので、すすぐ際には念入りにお湯をかける必要があるとニキビ太郎は思っています。

なので、ニキビ太郎は体を洗う順番を必ず頭を洗った後にするようにしています。

①頭→②洗顔→③背中を含む体全体

上から洗う事によって、洗い残しを予防するという方法です。これだけでも背中ニキビが予防できたという人もいると思うので、是非試してみてください!

→必見!シャンプーが吹き出物や肌荒れの原因に!?その真実に迫ります

favicon 胸元は非常に汗をかきやすい

運動イメージ画像2

体を動かすと、汗をかきますよね?その時に胸元にかなりの量の汗が滞留することがあると思います。ニキビ太郎の場合は、夏場になると約10分くらい歩いただけで、洋服が汗でぐっちょりとなることがあります。

そうなると、洋服を着ていると、その箇所が常に湿気が高い部位となってしまい、雑菌が繁殖しやすくなります。また皮脂も大量に分泌されることにつながります。

なので、汗っかきの人は、早めにシャワーやお風呂に入ったり、また下着選びや普段着る洋服の素材にもよく注意して購入する必要があったりするんですね。

favicon 理想的なシャツ(下着)とは
シャツイメージ

汗をかきやすい人は、なるべく通気性の良い下着やシャツの素材を選ぶ必要があると考えています。具体的な素材を挙げると、

・絹
・綿(コットン)

といった天然素材は、非常に汗を吸ってくれる上に通気性がよく、汗をかいてもそこまで酷く蒸れることはないと思います(※もちろん、スポーツや運動した時にかなりの量の汗をかくと、これらの素材でも蒸れます汗”)

逆に体が蒸れやすくなる素材は、

・化学繊維
・ナイロン
・ポリエステル

系の素材になります。これらはツルツルしていて、肌触りが良く、また保温性に優れているメリットがあるのですが、その分蒸れやすく、また肌への刺激も大きくなるため、胸元ニキビや吹き出物、ブツブツの原因となってしまいます。

他にも、密着しすぎないものが良いと感じています。これらは、体の血行不良を招く危険性があるからですね。タイトな洋服は、カッコよく見せるポイントとなりますが、密着しすぎると、体にニキビや吹き出物をつくる危険性もあるので、慎重に洗濯されることをオススメしたいです。

favicon 睡眠不足

睡眠不足はニキビの原因ですイメージ

人は寝ている間に肌細胞の入れ替わりが行われています。(=肌のターンオーバー

ですが、慢性的な睡眠不足が続くと、このターンオーバーに必要な成長ホルモンの分泌が減ってしまい、満足に細胞の入れ替わりが行われなくなってしまうんですね。

これは、古い角質(垢)がいつまで経っても角質層に蓄積しすることになりやすく、毛穴を詰まらせる原因となります。なので、睡眠不足は巡り巡って、胸元ニキビが出来やすくなってしまうんですね。

他にも、寝不足は体内の自律神経のバランスを乱すことも考えられます。

起きている時は交感神経が優位になるので、血管の収縮や冷え性につながったり、肌細胞へ必要な栄養素も行き渡り難くなります。

なので、胸ニキビや吹き出物を予防するためには睡眠不足にならないように気をつける必要があります。

また、睡眠は体内のホルモンバランスを正す効果も期待できるので、質の高い睡眠をとれる工夫をすることも大事なことになってきます!

→注意!睡眠不足は吹き出物や肌荒れを引き起こす原因となります。

favicon 強いストレスが関係しているケース

ストレスがニキビの原因に!?イメージ

人は強いストレスを感じると、体内の血流が急激に悪くなり、血行不良になってしまうんですね。なので、体はそれに対抗するために体内で男性ホルモン(抗ストレスホルモン)を多く分泌するようになります。

そうすることで、人は強いストレスによる健康被害から身を守っているのですが、その抗ストレスホルモンには皮脂の過剰分泌を促す作用もあるんですね。これは、毛穴から必要以上に皮脂が排出されることになり、それが原因で毛穴を詰まらせることになる可能性が出てきます。

さらに、抗ストレスホルモンには皮膚の角質層を厚くする作用もあり、古い角質や汚れが肌に蓄積しやすくなってしまいます。

すると、これも毛穴を塞ぎ、毛穴の中に皮脂や汚れを詰まらせることになり、胸元ニキビや吹き出物といった肌荒れを引き起こす大きな要因となってしまいます。

10代でもそうだと思うのですが、特に20代になって社会人として働いていたら、人間関係も複雑化してきて、何かと付き合いが多くなったりしますよね。。。そういったこともストレスになっているのかもしれませんね。

→注意!ストレスは吹き出物や肌荒れの原因になります。

favicon 保湿のし過ぎが原因

保湿のし過ぎが原因イメージ

お風呂やシャワーを浴びた直後の体に、たっぷりと保湿クリーム(ボディーローションやジェル)を塗ることで、逆に毛穴を詰まらせていることが考えられます。

肌の乾燥を気にして保湿をしていると思うのですが、胸は他の場所よりも皮脂腺が発達しているので、保湿クリームが逆胸ニキビをつくる原因になっている可能性があります。

なので、なるべく胸周辺はローション系のサラサラとしてものを使用するのが良いと思っています。

ニキビ太郎は皮膚科のお医者さんから処方してもらった炎症を抑えるお薬をつけるだけで、胸ニキビが綺麗になくなっていきました。

また、ラメ入りのボディーローションが原因が考えられます。

女性だと胸元も綺麗に見せるために、ラメ入りのものを使用することがあると思うのですが、これが肌への刺激となり、デコルテニキビを作ってしまっている可能性があります。

正しい治し方

デコルテ周辺の皮脂腺はとても大きく、マラセチア菌も繁殖しやすいので、直ぐに赤ニキビや黄ニキビに進行しやすいです。なので、酷い色素沈着のニキビ跡を残してしまいやすくもあります。そのため胸ニキビは、正しい治し方で早急に処置する必要があります。

ニキビ太郎が皮膚科から処方してもらったお薬

胸元ニキビを1日でも早く予防するための治し方への第一歩は、「まずは皮膚科を受診すること」になります。

こう書くと、「胸ニキビで皮膚科に行く事は恥ずかしい」や「自力でスキンケアをしっかりと見直してよくする!」と思う人も出てくると思います。なぜなら、胸ニキビが酷かった頃のニキビ太郎も全く同じ事を思っていたから気持ちがよくわかります。

ですが、自己流でスキンケアをすればするほど、胸元ニキビや吹き出物、ブツブツは日に日に悪化していき、とうとう胸周辺が酷いニキビとニキビ跡で覆われていまいました。

胸ニキビ1つでも、それは立派な肌の病気なんですね。病気は酷くなる前に病院に行けば悪化せずに済む事が多いと思います。

もちろん日頃のスキンケアや食生活も大事ですが、繰り返し出来る胸ニキビ、酷く炎症しやすい胸元ニキビで悩んでいる人ほど、皮膚科に行ってみることをオススメしたいです。

また、2015年4月から世界のニキビ治療薬である「ベピオゲル2.5%」が保険適用で処方可能となりました。これによってニキビで悩む人が激減するとニキビ太郎は思っています。このように、日本のニキビ治療も年々進化していっています。なので、受診しない理由がないとニキビ太郎は強く思います。

favicon スキンケアについて

ニキビケア商品一覧

胸ニキビや吹き出物は皮脂の過剰分泌が原因で発生するので、ついついゴシゴシと洗ってしまいがちですが、これは絶対にNGです。

必要以上に洗い過ぎることは、逆に皮脂を増やしたり、肌の乾燥にもなる恐れがあるからですね。なので、ニキビケア用品に多い、脱脂力の強い洗顔料やアルコールなどの殺菌作用のある化粧水を、胸元につけることは避けた方が良いとニキビ太郎は思っています。

また、他のサイトやブログさんでは、ピーリングをオススメしているのですが、ニキビ太郎はあまり良くないと思っています。というのも、ピーリングは肌への負担が大きいからですね。

ピーリング作用は皮膚科で処方されるお薬にも入っているものがあるので、必要であればそれを処方してもらえないか、お医者さんに相談してみることをオススメしたいです。

また、10代であれば、胸周辺の皮脂が多く出ていることが主な原因なので、優しい泡で洗うこともいいですが、20代以降はストレスや睡眠不足といった日頃の生活習慣の影響の方が大きいと思うので、スキンケアよりも生活習慣の改善に力をいれることが良いとニキビ太郎は実感しています。

スキンケアについてボタン
→ニキビ太郎が実際にしているスキンケア方法の全手法

favicon 食生活について

食事見直すイメージ画像

食べ物によっては、皮脂の分泌を増やす作用があるものもあります。例えば、唐揚げやドーナツなど脂っこい食べ物や、チョコレートやケーキなどお菓子に含まれる糖質などが挙げられます。

特に高カロリーのものは、脂質や糖質を多く含んでいます。それらを体内で分解するためには、体内のビタミンやミネラルといった栄養素を大量に消費します。

なので、本来であれば肌のターンオーバー機能に使用されるはずであった栄養素を、そちらに分け当たえることになるので、肌細胞に必要な栄養素が届かず、新陳代謝のサイクルが乱れてしまうことが考えられます。

こうなると、毛穴に角質(垢)が詰まりやすくなり、胸ニキビの原因となってしまうんですね。

ハンバーガーやフライドポテトなどのジャンクフードには、トランス脂肪酸というやっかいな脂質を大量に含んでいますし、カレーや唐辛子といった香辛料があるものも、胃や腸を刺激して、胸ニキビの原因になりえます。

このように、日頃の食生活も適当にすることができないんですね。胸ニキビを良くするためには、毎日の食事にも気を使う必要があるとニキビ太郎は実感しています。

以下のリンク先記事に、ニキビ太郎が酷かった胸ニキビをよくするために実践した、食生活の方法をまとめているので、是非参考にしてみてください!

食生活についてボタン
→ニキビ太郎が実践した食事方法の全て

favicon 漢方薬という手段もある

漢方イメージ画像

皮膚科のお医者さんによっては、胸元ニキビの予防のために、漢方薬を処方してくださるところもあると思います。漢方薬は体の内側(体質)から変えていこうと治療方法です。

体の内側から、ニキビの炎症を抑えたり、免疫力を高めたりすることで、ニキビに強い体作りを目的としています。

もしも、赤ニキビや黄ニキビなど炎症が強い人には、十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)などが処方されるかもしれませんね!

漢方薬については、以下のリンクページに詳しくまとめていますので、是非参考にしてみてください!

→必見!漢方薬は吹き出物や肌荒れにの予防効果が期待できます!

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

→必見!頬ニキビを1日でも早く予防するための治し方を原因から見ていきます!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ