必見!Tゾーンのニキビを一日でも早く予防する方法についてまとめました!

[最終更新日]2016/07/18

ニキビ跡プロセス画像

→ニキビ太郎が実践した劇的にニキビを予防する方法はこちらをクリック!

Tゾーンイメージ

顔の中心にある鼻に大きな赤ニキビができたりすると、本当に目立って嫌な気持ちになりますよね。。。

明らかに目立つ位置にあるので、一日でも早く問題を解決しようとして自分であれこれ試したけど逆に悪化させてしまった・・・・という人も多いと思います。

特におでこや鼻といった顔のTゾーンにできるニキビや吹き出物といった肌荒れは、しっかりと原因を理解して適切な対策を講じることが超超超大事になってきます。

顔の中心にニキビ跡の赤みや傷痕が残ったら1番最悪のケースなので、それを予防するための方法を以下にまとめたので、是非参考にしてみてください!

原因について

鼻ニキビ

おでこや鼻、眉間といった顔の中でも比較的中心にある部位(Tゾーン)に出来る、ニキビや吹き出物といった肌荒れはものすごく気になりますし、何より眉間や眉毛にできるニキビは痛みを伴うことがあります。

また、少しでも放置していると、簡単に赤みやクレーターニキビ跡を残してしまう可能性が高いので、適切な処置が大事になってきます。

実は、Tゾーンにできるニキビは思春期の頃(10代)の頃にできるシンボル的なものとも表現されますが、実は20代以上の大人でも発生する事が多い部位です。

ですが、思春期と大人ではできるタイミング(時期)によって、それぞれ発生する原因が多少異なってくるので、その違いも見ていきますね!

favicon 思春期ニキビの場合

思春期イメージ

Tゾーン(額や鼻、眉間)といった部位は、普段から皮脂の分泌が多い箇所でもあります。

それが思春期の頃となると、特に分泌量がより盛んになり、毛穴に皮脂が詰まってニキビの原因となってしまう可能性が高くなるんですね。

つまり、思春期にできるTゾーンのニキビは、主に成長期に伴う皮脂の過剰分泌が原因だと言えると思います。

ちなみに、この時期にTゾーン以外の例えば両方の頬なんかにできるニキビの原因は成長に伴う体内のホルモンバランスの乱れでもあるとされています。

慎重が一気に伸びる時というのは、甲状腺ホルモンや性ホルモン、成長ホルモンの分泌量も多くなるからですね。

髪の毛で隠すのはNG・・・
前髪イメージ

ニキビ太郎の妹がそうだったのですが、おでこに出来たブツブツや赤ニキビを前髪で隠していました。

おでこに出来たぶつぶつやニキビを隠したい気持ちは本当によくわかります。

ですが、前髪で隠すと髪の刺激や髪についている細菌や汚れによって益々肌の状態は悪化しやすくなってしまいます。

といっても思春期の頃はどうしても前髪で隠したいですよね。異性や他の人の視線が一段と気になる時期だからですね。

そこで僕が提案したいのが、皮膚科で処方してもらえるニキビ薬を患部に塗るという方法です。

ディフェリンゲルやベピオゲルをおでこに塗布して、前髪はヘアピンやヘアバンドなどで固定し、おでこを全開にして寝るという方法です。

詳しくは予防と対策のところでまとめますね!

→注目!思春期ニキビの治し方を原因から根本的に見ていきます!

favicon 大人ニキビの場合

おでこニキビ

大人になってTゾーンにニキビができるケースは、普段の生活でストレスがかなり蓄積していたり、仕事が忙しくなり、それに伴う生活習慣の乱れで体内の自律神経の乱れなどが考えられます。

また、時間がない社会人の人は、食生活の乱れで腸内環境がボロボロになっていたり、睡眠不足で体の疲れが蓄積しているといったことも肌荒れの原因につながっているケースがあります。

また、ニキビができて10代の頃と同じように脱脂力の強い洗顔料などで洗顔したり、殺菌作用の強い化粧水といったニキビケア商品でケアしていると、それが逆に皮脂の過剰分泌を引き起こさせるケースがあります。

これは、洗顔で皮脂を洗い落とす度に、脳が顔の皮脂がなくなったと判断して、以前よりも多く皮脂の分泌して肌のバリア機能を維持しようとする反応なんですね。

このように、Tゾーンにニキビや吹き出物といった肌荒れが出来たからといってみんな同じ原因だとは限らないんですね。。

年齢や生活習慣といった様々の要因が、複雑に絡み合っているケースが大半だとニキビ太郎は考えます。

→必見!1日でも早く大人ニキビを予防したい人へ。これを実践することで目立たなくなるスピードが早くなります。

favicon 遺伝は関係あるのか?

遺伝イメージ画像

両親もニキビができやすい体質だったという人は、毛穴がもともと小さい家系だったりするかもしれないですね。

毛穴の排出口自体が、普通の人よりも狭かったりしたら、それだけで皮脂の出る量も少なくなり、結果として皮脂が毛穴につまりやすくなり、ニキビや吹き出物といった肌荒れになる可能性も否定できないとニキビ太郎は考えます。

ただし、遺伝といっても肌質を受け継ぐというのであって、だからといって遺伝がニキビの直接的な原因にならない可能性もあります。

→驚き!遺伝がニキビの原因になっている!?その真相に迫っていきます!

予防や対策の仕方について

皮膚科でいただいたニキビ薬

Tゾーンにできるニキビで悩んでいる人には、まず皮膚科に行く事をニキビ太郎は強くオススメしたいです。

ニキビや吹き出物といった肌荒れは皮脂が毛穴につまることに発生する

「肌の病気」

だからです。ニキビで悩んでいるということは既に状態が悪くなっているとのことなので、まずは皮膚科に行きましょう。

たとえば、今Tゾーンにあるニキビが手のひらに大量にできて、ちょっとおかしいなと思ったら、きっと皮膚科を受診すると思うんです。

それと同じように、顔(Tゾーン)にニキビが出来たケースでも皮膚科に行かれることをオススメしたいです。

そして、皮膚科のニキビ薬(ディフェリンゲルやベピオゲル)といったものを処方してもらうことが重要になってきます。

ニキビ太郎が皮膚科から処方してもらったお薬

これら皮膚科のニキビ薬は、毛穴に皮脂がつまることを予防してくれるだけでなく、ピーリング作用もあるので、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を正常に正してくれる効果が期待できます!

なので、Tゾーンニキビを根本的に解決することが出来るというわけなんですね。

ニキビがあるということは既に肌状態が正常ではないということなので、積極的に皮膚科のニキビ薬を使用すべきだとニキビ太郎は思います。

実際にニキビ太郎も

・ディフェリンゲル
・ベピオゲル

新薬ベピオゲル2.5画像

といったニキビを根本的に解決してくれる皮膚科のニキビ薬を使用したから、劇的に短期間でニキビやニキビ跡を予防できるようになったと実感しています。

favicon 過剰なスキンケアに注意する

洗顔イメージ

原因のところでも少し触れましたが、Tゾーンは他の部位と比較しても皮脂の分泌量が多い箇所です。

なので、皮脂や汚れをガッツリ洗い落とそうと洗浄力の強い洗顔料などを使いがちだと思うのですが、ニキビ太郎は過剰な洗顔にも気をつける必要があると感じています。

確かに必要以上に多く分泌された皮脂は洗い落とした方が良いと思うのですが、洗顔しすぎると逆に脳がもっと皮脂を出すようにして肌を保護しなくちゃいけないと判断し、益々皮脂が大量に分泌されるケースも考えられるからですね。

そうなると、皮脂の分泌量に対して毛穴の排出口のキャパシティ(容量)が足りなくて、結果として毛穴に皮脂が詰まり、それがニキビとして現れてしまいやすくなります。

なので、Tゾーンのニキビで悩んでいる人でも過剰なスキンケアには注意する必要があります。

また、女性の場合だとメイクや汚れを上手に洗い落とせていなかったりするケースもあるので、難しいところですが、洗いすぎず、でもメイクは汚れは洗い落とす洗顔料を探す必要があります。

時々、洗顔の際に高温のお湯で洗顔をする人がいますが、これは逆に肌のセラミドなど肌に必要な天然の保湿成分を簡単に洗い落としてしまう原因です。

これは肌の乾燥を招くことにつながるので要注意です!

スキンケアについてボタン
→ニキビ太郎が実際にしているスキンケア方法の全手法

favicon 食生活について

ニキビが酷かった頃の食事メニュー

Tゾーンに限らず顔にニキビが出来るということは、普段の食生活などの生活習慣が乱れているケースが十分考えられます。

例えば、質の悪い油を使って調理された唐揚げの入ったコンビニのお弁当を頻繁に食べていたり、ついつい甘いお菓子やデザートを大量に食べてしまったりですね。。。

ニキビ太郎もTゾーンニキビが酷かった当時は、家に帰ってお腹が空いたらとりあえず買いだめしておいたカップルラーメンといったインスタント食品を食べたり、レンジでチンして食べる冷凍食品を平気で食べたりしていました。

味もおいしいし、早くて簡単に食べれるからですね。

他にも、学校の登下校時にはコンビニとかで菓子パンや惣菜パン(僕はコロッケパンが好きでした)を買って食べ、時にはドーナツやジュースなんかを友人達と一緒に食べていましたね。

ですが、こういったファーストフードや、インスタント・レトルト食品には食品添加物や保存料が大量に含まれていて、それらを食べると腸内細菌のバランスを乱し、結果として腸内環境の悪化につながってしまうとニキビ太郎は感じています。

腸内環境の善し悪しと肌状態の善し悪しは密接な関係にあると考えているニキビ太郎にとって、Tゾーンのニキビを予防するためには食生活を見直すことは絶対に見直さなければならない点だと思っています。

ビタミンを意識する
ビタミンB2イメージ画像

皮脂の分泌を抑制するビタミン類を積極的に摂るといいとニキビ太郎は考えます。

食べ物で言えば、色んな種類の野菜やフルーツを積極的にメニューに追加していくことをオススメしたいです!

また、四季それぞれの旬の物を食べるとより栄養価が豊富で良いと言われています。

特にビタミンAビタミンC、そしてビタミンEは抗酸化作用のあるビタミンで、体内に発生した活性酸素を退治してくれる効果が期待できるので、ニキビや吹き出物といった肌荒れで悩んでいる人は積極的に摂りたいビタミンです。

他にもビタミンB2ビタミンB6には皮脂の分泌を抑制する働きがあることは把握しておく必要がありそうです。

うずらの卵2

あと、個人的にオススメなのはタマゴですね。

タマゴは、ビタミンC以外の栄養素はほぼ網羅している完全食品とも言われているからですね。ちなみにニキビ太郎は一日4個は最低でも卵を食べるようにしています。

たまごには動物性たんぱく質も含まれているので、お肉やお魚をたくさん食べれない人に特にオススメしている食品になります。

飲み物で言えば、豆乳(無調整)のものであれば、植物性タンパク質も摂れますし、大豆イソフラボンによる体内のホルモンバランスの乱れを整えてくれる効果も期待することができます。

食生活についてボタン
→ニキビ太郎が実践した食事方法の全て

favicon ストレスを解消する

怒っているイメージ

現代の日本で生きていれば、誰でもストレスを抱えて生活をすることになると思います。

人は強いストレスを受けると、体内で抗ストレスホルモンが分泌されるようになって、それが肌の角質層を硬くしたり、皮脂の分泌をより多くしたりすると言われています。

そうなると、益々Tゾーンニキビも悪化してしまいますよね。

そこでニキビ太郎が提案したいのが、自分だけのストレス解消方法を見つけてこまめにストレスを解消するというものです。

ニキビ太郎の場合は、家で簡単なストレッチをしたり体幹トレーニング、ジムで筋トレや家の周辺をウォーキングするといった体を動かす系でストレスを溜め込まないようにしています。

運動して汗をかくと気持ちもスッキリして、個人的には良いストレス発散になっていると感じています。

ヨガマット、体幹トレーニングチューブ

ただし、ストレス発散といっても、暴飲暴食などニキビの原因となりえそうなものは避けた方が良いと思います。

食べ過ぎると、消化や分解をする際に胃や腸といった内蔵に大きな負担をかけ、それがさらなるニキビや吹き出物といった肌荒れにつながることもあるからですね。

→驚き!消化不良や胃腸・消化器系の障害がニキビの原因になっている!?その真相に迫っていきます!

カラオケで熱唱したり、自分の趣味に没頭するなど好きなことをする時間を増やしていければストレス発散につながるとニキビ太郎は実感しています!

favicon 紫外線対策をしっかりとする

紫外線イメージ画像

人は紫外線を浴びると、それだけで体内に活性酸素を生み出してしまいます。この活性酸素が大量に発生すると細胞の老化につながり、肌の新陳代謝(ターンオーバー)機能サイクルが乱れ、ニキビを予防する速度も遅くなってしまうことが考えられます。

なので、紫外線対策はTゾーンのニキビケアに関して絶対に外せないところです。

特に鼻は顔の中で一番突出している箇所なので、紫外線対策はしっかりとする方がいいと思います。

外出する時は防止を着用するといったことも紫外線対策には有効ですね。

→必見!紫外線はニキビが悪化する原因になる!?その真相に迫っていきます!

favicon あぶら取り紙を多用しない

拭き取りシートイメージ

ニキビ太郎も経験があるのですが、顔(特にTゾーン)に大量に分泌された皮脂を取ろうと、あぶら取り紙や制汗シートを使用すると結構ベットリとれるので病みつきになるところがありますよね。

ですが、あぶら取り紙で皮脂を過剰に取りすぎると、これも逆に皮脂を以前よりも分泌させる恐れがあります。

過剰な洗顔と同じように、皮脂がなくなれば、脳はそれをカバーしようと以前よりも皮脂を大量に分泌しはじめます。

そうなると益々毛穴に皮脂がつまりやすくなって、ニキビやブツブツがTゾーンに出来やすくなってしまうことにつながります(汗)

また、あぶら取り紙の刺激が肌にダメージとなったニキビの炎症が酷くなるケースも考えられるので大変注意が必要です。

ただ、汗をかいて清潔なタオルで優しく拭き取ることは大事になってくるので、ケースバイケースでよく上手く対応する必要がありますね。

favicon 絶対に触らないこと!

ニキビ触る注意!

鼻先やおでこといったTゾーンに出来たニキビは、無意識のうちについつい手が伸びて触ってしまいますよね?

ニキビ太郎も経験があるのでよくわかります。

ですが、指先でチョンチョンと触ったりしていると、それが患部への刺激となって症状を悪化させるだけでなく、いつまでも残る赤いシミになる可能性があるので、絶対にニキビは触ったり、いじくったりしないようにしましょう。

鏡で汚くなったおでこや眉間、鼻を見てショボボンとならないためには、ニキビを触ることはNGです!グッと我慢することもニキビ対策になります。

favicon シャンプーやリンスの洗い残しの場合も

シャンプーイメージ画像

特におでこや髪の毛の生え際にできるブツブツ(白ニキビ)や赤い炎症ニキビというのは、シャンプーやリンスの洗い残しが滞留しているのが原因であるケースもあります。

なので、髪の毛を洗う順番も大事になってきます。

基本的に、髪の毛は一番最初に洗った方が良い部位になります。

頭から洗って、次に体、そして足と、体の上から下へ向かって全身を洗う方法です。

そうすることで、シャンプーやリンスの洗い残しをなくすことができるはずです!もちろん、お風呂から出る前にもう一度全身をよくすすいでから浴室を出ることもオススメします。

→必見!シャンプーがニキビの原因になる!?その真実に迫ります!

市販薬よりも皮膚科のニキビ薬

市販のニキビケア商品イメージ

ニキビの市販薬と言えば、

オロナイン
クレアラシル
ロゼット洗顔パスタ
ユースキン
・アクネス25メディカルクリーム
PAIRアクネクリーム
ビフナイト
テラ・コートリル

上記のようなものがあります。ニキビ太郎は全て使用したことがありますが、効果は皮膚科のニキビ薬の方が高いと実感しています。

Tゾーンのニキビは非常にデリケートなので、赤ニキビにはダラシンTゲルやアクアチムクリームといった抗生物質製剤のニキビ薬(皮膚科)を、小さいブツブツや白ニキビに対してはディフェリンゲルやベピオゲルといったニキビ薬(皮膚科)の方がいいとニキビ太郎は思います。

詳しくは以下の記事にまとめているので、良かったら参考にしてみてください!

→【検証】市販のニキビ薬でオススメなのは一体どれ!?効果があるものを厳選しました!

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

→注目!ビオチンがニキビの予防に効果的な栄養素だった!?

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ