必見!消えない背中ニキビを1日でも早く予防する方法を原因から見ていきます!

[最終更新日]2016/07/15

ニキビ跡プロセス画像

→ニキビ太郎が実践した劇的にニキビを予防する方法はこちらをクリック!

  • POINT!
背中ニキビは繰り返し出来やすく、また酷いニキビ跡を残す恐れがあるので、早急に正しい治し方で対処する必要があります。また、精神的ダメージも計り知れないので、1日でも早く良くして、背中に自信を取り戻しましょう!
背中ニキビの原因と治し方についてイメージ

ニキビ太郎も背中ニキビがものすごく酷く(大量の赤ニキビや色素沈着のニキビ跡)、広範囲に渡っていたため、

・友人達とプールや温泉、お風呂に行きたくなかったですし
・彼女に見られるのが嫌でアウトドアなデートは行けなかった
・夏になってくると、汗もかくし皮脂もでるから本当に憂鬱

常に↑のような感じのことが頭の中にあって、本当に辛い思いをしてきました。毎日背中が気になって、仕事や勉強、遊びに集中できず、背中ニキビのせいで本気で死にたいとまで思っていたほどです。(泣)

女性の場合だと

・水着が着れない、彼氏に見られたくない
・ウエディングドレスやパーティードレスが着れない

また、背中ニキビは普段は自分で見えないので、痒みが出てくるまで気づかずに悪化させてしまう人も多いと思うんです。

ニキビ太郎も、一緒に寮に住む先輩に指摘されるまで全く気づかずに、初めて鏡で背中ニキビの酷さを自分で確認したときの絶望感は一生忘れないと思います。

なので今回は、繰り返す背中ニキビを1日でも早く予防する治し方を原因から見ていきます!綺麗な背中を手に入れて、自分の体の自信を取り戻していきましょう。

原因について

favicon 背中の毛穴に皮脂が詰まることが最大の原因

微小面皰(ニキビになりかけの毛穴)イメージ

背中ニキビも顔に出来るニキビや吹き出物と同様に、毛穴に皮脂が詰まることが最大の原因となります。

特に背中は、体全体を見ても特に皮脂腺が大きいため、他の場所よりも皮脂の分泌が多くニキビが出来やすくなっているんですね。

皮脂の分泌が多いと、それだけニキビの原因菌であるアクネ菌の数も集中してしまうので、繰り返し赤ニキビや黄ニキビといった炎症の強いニキビが、背中に発生しやすいと言えると思います。

また、背中は顔と比較して皮膚が厚いことも大きく関係しています。肌のターンオーバーが少しでも狂うと、簡単に角質(垢)が背中の角質層に蓄積し、それが毛穴を塞ぐことが予想されます。

→注目!毛穴の詰まりが吹き出物や肌荒れの原因になっています。

favicon 過剰に洗い過ぎているケース

過剰に洗い過ぎているケース

今度は、逆に過剰な洗い方で背中の皮脂を洗い落としすぎることが原因で、背中ニキビが悪化してしまうケースについてです。

背中ニキビが酷くなると、背中の皮脂や汚れが原因だと思い込み、普段より強めにゴシゴシと垢すり等で強く洗ってしまっている人は意外と多いと思います。

実は、背中ニキビが酷かった当時のニキビ太郎も、硬めの垢擦りでこれでもかっ!!というくらい激しく洗っていました。。

ですが、これら過剰な洗い方が背中ニキビをさらいに悪化させることにつながっていたんですね。背中も顔や胸の間と同じように、ある程度皮脂を残してあげるような優しい洗い方でないと肌がボロボロになってしまうんですね。

皮脂は、背中のphバランスや肌のバリア機能を維持する為には、必ず一定量(個人差あります)必要となるからですね。また、ゴシゴシ洗ってしまうと、肌の角質層を傷つけることになり、肌の乾燥を引き起こしてしまいやすくなります。

さらに注意したいことは、ドラックストアなどで購入できるボディーソープなんかには、界面活性剤や香料など肌へダメージを与えてしまう成分がてんこ盛りの可能性が高いです。

なので、背中ニキビを気にする人は、無添加の純石鹸(シャボン玉石鹸など)をニキビ太郎はオススメしたいです。

背中ニキビの治し方のところに詳しく書きますが、ニキビ太郎は純石鹸に変えたことによって、背中ニキビの予防スピードが劇的に早くなったと感じています。

favicon 睡眠不足が関係しているケース

睡眠不足はニキビの原因ですイメージ

背中ニキビは、睡眠不足と密接に関係しているとニキビ太郎は思っています。

人の肌は寝ている時に、体内で成長ホルモンが陳代謝(ターンオーバー機能)サイクルが活発になります。

ですが、日頃から睡眠不足が続くと、この成長ホルモンが満足に分泌されないので、肌細胞の入れ替わりも段々とスピードが落ちていきます。

すると、これも肌のターンオーバー機能を乱し、背中ニキビや吹き出物の原因となります。

また、起きている時間は交感神経が活発になるため、さらに体内の男性ホルモンが分泌されるようになり、益々背中ニキビを発生させやすくなる体質になってしまう恐れがあるんですね。

ニキビ太郎の場合は、20歳を超えた頃から背中や顔中にある酷いニキビとニキビ跡にかなり精神的に追いつめられてて、一日中ニキビのことで頭が一杯の時期がありました。背中ニキビが辛すぎて、当時は本当に眠れないことが多々あったんですね。。

背中ニキビが辛い→寝れない→睡眠不足→新しい背中ニキビ発生→また悩む

といったまさに負の連鎖が陥っていました(泣)睡眠不足によるニキビの発生は本当に大袈裟にしなくちゃいけないほど深刻な問題です。

スムーズに入眠するために、また質の高い睡眠を得るためには、副交感神経優位になるような生活を意識することが非常に大事になってきます。

寝る前にスマートフォンやPC、テレビなど強い光を発するものを触らないことや、寝る1時間前くらいから部屋の照明の強さを調節したり、また入浴は40度程度のお湯に15分程度ゆっくりつかったりですね。

ニキビ太郎は仕事が終わった後に、必ずウォーキングやジョギング、ストレッチをするようにしています。そうすることで血行を良くしたり、良いストレッチの解消になったりもしていますよ!

→注意!睡眠不足は吹き出物や肌荒れを引き起こす原因となります。

favicon ストレスが問題のケース

ストレスがニキビの原因に!?イメージ

人は強いストレスを感じると、体の色んな場所にもダメージが現れることになります。まず考えられるのが体内の自律神経が乱れ、ホルモンバランスも崩れてしまうことが考えられます。

そして、ストレスに対抗するために、体内ではコレチゾールやアドレナリンと呼ばれる抗ストレスホルモンが分泌されるようになり、これに比例して皮脂の分泌も増加します。

なので、ストレスが蓄積すると、脂性肌(オイリー肌)になりやすく、毛穴を塞ぎやすくなるんですね。なので、ストレスがsenaka
ニキビの原因になってしまうのです。

さらにはストレスは体内に大量の活性酸素を発生させるため、肌の老化を加速させます。これは肌のターンオーバーサイクルを乱す原因にもなるので、背中ニキビや吹き出物を発生させることにもなってしまいます。

背中は元々皮脂の分泌が多く、すぐにアクネ菌の標的となり、炎症の強い赤ニキビや黄ニキビに進行しやすいので、注意が必要ですね。

→注意!ストレスは吹き出物や肌荒れの原因になります。

favicon シャンプーやリンスの洗い残しが原因

シャンプーがニキビの原因に!?イメージ

特に背中は、頭髪ケア(シャンプーやリンス、コンディショナーなど)の成分を含む泡が残りやすい部位でもあります。

そのため、背中に洗い残しが付着したままお風呂をあがると、その部分が炎症したり、荒れたり、痒みがでたりすることが考えられます。

それだけ頭皮ケアには、肌への刺激の強い成分(界面活性剤・香料など)が含まれているものが多いからですね。

洗う順番を最初に体、次に頭を洗う人は、背中に洗い残しをしやすい場所なので、すすぐ際には念入りにお湯をかける必要があるとニキビ太郎は思っています。

なので、ニキビ太郎は体を洗う順番を必ず頭を洗った後にするようにしています。

①頭→②洗顔→③背中を含む体全体

上から洗う事によって、洗い残しを予防するという方法です。これだけでも背中ニキビが予防する人もいると思うので、是非試してみてください!

favicon 紫外線が原因のケース

紫外線イメージ画像

ニキビ太郎が背中ニキビを隠すために間違っていた方法が。「背中を日焼けして隠す」というものです。日焼けすれば、背中ニキビが目立たなくすることができると考えたんですね(汗)

確かに遠目に見れば、肌が黒くなっているのでわからなくなるのですが、それが冬の時期になって白くなってくると、夏場のダメージが一気にしわ寄せのようにやってきて、背中も肌状態は益々悪化してしまった経験があります(泣)

紫外線を肌に浴びると、それだけニキビの発生原因になりますし、ニキビの予防スピードもグンと低下してしまいます。

→注意!紫外線は吹き出物や肌荒れが悪化する原因になります。

favicon 寝汗が問題のケース

仰向けイメージ

特に仰向けで寝ている時間が長い人は、背中に汗をかきやすくなるため、夏場などは背中の衛生環境が悪くなってしまうことが考えられます。

なので、なるべく汗を吸収発汗しやすい天然素材の下着やパジャマ(寝間着)を着用するなどして過ごすことも大切になってくると思います。

ニキビ太郎は背中ニキビが酷かった時は、ばあちゃん家からもらった、ゴワゴワした敷布団を使っていました。

冬は温かくていいのですが、夏になると、逆に寝汗がすごく、湿度も高くなりやすかったので思いきって、上等な布団に買い替えました。

すると、背中が汗でびっしょりということもなくなりましたし、何より睡眠の質も高まり背中ニキビは徐々に予防していきました。

もしも、夏場に寝汗をたくさんかくという人は、思いきって寝具を買い替えてみることも必要かもしれないとニキビ太郎は実感しています。

もちろん、冬場も汗をかくので同様に清潔に保てる寝間着や寝具で寝る事がポイントとなってくると思っています。

favicon 洗濯洗剤や柔軟剤、入浴剤が問題のケース

洗濯イメージ

シャツや洋服を洗濯機で洗濯した際に、上手く洗濯洗剤が溶けずに、シャツや洋服を付着したまま脱水して干したりしていることも無いとはいいきれません。

実際にニキビ太郎も2回ほどその経験があります。

ニキビ太郎は今でも粉末タイプの洗濯洗剤を使用しているのですが、それがシャツと絡み合うように洗濯後に残っており、気づかずにそのまま履いてしまって、背中ニキビや吹き出物の原因となったことがあります(汗)

洗剤や柔軟剤に使用される成分は、肌にものすごく刺激を与えるものを使用しているものが大半だからですね。。

なので、背中ニキビが酷い人ほど、今使っている洗剤が自分の肌に合っているかどうか、一度チェックしてみることをオススメしたいです。

また、これらは浴槽に使う「入浴剤」にも同じ事が言えると思います。

体の疲れをとったり、美肌効果があると言われてる「入浴剤」を使うことによって、それが背中ニキビの原因になっている可能性があります。入浴剤に使われている成分が背中の皮膚に悪影響を与えているのかもしれません。

favicon 飲酒やタバコが問題

タバコは活性酸素を発生させる

これは20歳以上の人に言えることなのですが、喫煙、飲酒は間違いなく背中ニキビの悪化、吹き出物の発生につながります。

タバコを吸うと、それだけで体内のビタミンCを大量に消費してしまうといわれています。また体内に大量の活性酸素を作り出し、肌細胞の老化を促進させます。

これは肌のターンオーバー機能を乱し、背中ニキビの原因となってしまいます。

また、アルコール飲料を飲む事も、背中ニキビを発生させてしまいます。体内に入ったアルコールを分解する際に、ビタミン類を大量消費するんですね。

本来なら、新しい肌細胞を作るために消費されるはずだった栄養素がお酒を飲んだことによって他の場所に消費されれば、それだけ肌がボロボロになりやすくなります。

その結果として、背中ニキビを発生させる原因となるので、お酒やタバコはなるべく飲まない・吸わないようにしましょう。

ニキビ太郎は元々タバコは吸っていませんでしたが、お酒は「ニキビを本気で良くする」と決意した日から1年間は一滴も飲みませんでした。どうしてもニキビを良くしたかったからですね。

favicon 運動不足が問題

運動不足がニキビの原因にイメージ

ニキビ太郎も背中ニキビが酷かった頃は、本当に鬱状態に近かったので、外出する機会も減らしていました。ですが、それが日頃の運動不足につながってしまいました。

人は運動不足になると、筋肉量が減り、基礎代謝が落ちるだけでなく、血行不良や便秘、冷え性といった原因にもなってしまいます。

なので、まずは室内で軽いストレッチや筋トレなどで運動をするようにすることをオススメしたいです。そうすることで、血行が良くなり、肌のターンオーバーも活性化することにつながります。

また、体内に溜まった老廃物を排出するのを助けるので、背中ニキビの発生を予防することが期待できます。

さらに、程よい疲れは質の高い睡眠を取れることにもつながるので、肌荒れの回復スピードも上がることが考えられます。

また、人は十分な睡眠によってストレスも解消できるので、日頃から定期度な運動をして、背中ニキビの原因を減らしていきたいですね!

ニキビ太郎は背中ニキビを本気で良くする!と決心した日から毎日運動をしています。今ではマラソン大会に出場するようになってしまいました。

汗をかいたら、こまめに着ている服を交換するなどの行動が非常に重要になってきます。

favicon 血行不良が原因

デスクワークイメージ

デスクワークなどで肩周辺の筋肉が固まっていると、血液の流れが悪くなります。

そうなると、背中周辺の血行も悪くなり、結果として背中の肌細胞に十分な栄養素を届ける事が難しくなってしまうことが予想されます。

ニキビ太郎も仕事がらデスクワークが多く、ずっと同じ様な姿勢なので、どうしても肩周辺の筋肉の柔軟性は無くなっています。

なので、ニキビ太郎は必ず1時間経つごとにトイレに行って、肩周辺、腰回りのストレッチを数分間するようにしています!

これだけでも肩こりが減りましたし、背中ニキビ対策にもなっていると実感しています。

もしも、デスクワークが多い人は今日からこまめに肩周辺や腰周辺のストレッチを仕事の合間に取り入れてみることをオススメしたいです!

→注意!血行不良は吹き出物や肌荒れの原因に!?

正しい治し方について

背中ニキビは、顔や胸の間のニキビや吹き出物と違って、自分だけでは非常にケアしにくい部位なので、中々治らないことが多いと思います。また、ただ単に何もせずに放っていても恐らく治らないのが背中ニキビの特徴です。

また、肩甲骨付近の皮脂腺はとても大きく、マラセチア菌も繁殖しやすいので、直ぐに赤ニキビや黄ニキビに進行しやすいです。なので、酷い色素沈着のニキビ跡を残してしまいやすくもあります。そのため背中ニキビは、正しい治し方で早急に処置する必要があります。

ニキビ太郎が皮膚科から処方してもらったお薬

背中ニキビを1日でも早く予防するために治し方の第一歩は、「まずは皮膚科を受診すること」になります。

こう書くと、「背中ニキビで皮膚科に行く事は恥ずかしい」や「自力でスキンケアをしっかりと見直してよくする!」と思う人も出てくると思うんです。なぜなら背中ニキビが酷かった頃のニキビ太郎も全く同じ事を思っていたからですね。

ですが、自己流でスキンケアをすればするほど、背中ニキビや吹き出物、ブツブツは日に日に悪化していき、とうとう背中全体が酷いニキビとニキビ跡で覆われていまいました。

背中ニキビ1つでも、それは立派な肌の病気なんですね。病気は酷くなる前に病院に行けば悪化せずに済む事が多いと思います。

もちろん日頃のスキンケアや食生活も大事ですが、繰り返し出来る背中ニキビ、酷く炎症しやすい背中ニキビで悩んでいる人ほど、皮膚科に行ってみることをオススメしたいです。

また、2015年4月から世界のニキビ治療薬である「ベピオゲル2.5%」が保険適用で処方可能となりました。これによってニキビで悩む人が激減するとニキビ太郎は思っています。このように、日本のニキビ治療も年々進化していっています。なので、受診しない理由がないとニキビ太郎は強く思います。

favicon スキンケアについて

ニキビ太郎愛用の石鹸

ニキビ太郎は、背中をボディーソープで洗うのではなく、純石鹸で洗うようにしてから、背中ニキビができることが激減していったと感じています。ニキビ太郎は「シャボン玉石鹸(純石鹸)」を使用するようにしています。

市販のボディーソープには、界面活性剤や香料が含まれているケースが多く、それが背中への刺激となり、ニキビや吹き出物、ブツブツといった原因になっている恐れがあるからですね。

また、入浴後のケアも皮膚科で処方してもらったお薬を使いました。もしも市販のもの(ジュエルレインやニキビ薬など)を使っているなら、絶対に皮膚科で自分に合ったお薬を出してもらった方が費用対効果は高いとニキビ太郎は思っています。

スキンケアについてボタン
→ニキビ太郎が実際にしているスキンケア方法の全手法

favicon 食生活について

ニキビが酷かった頃の食事メニュー

背中ニキビを1日でも早く予防するためには、食生活の見直しも欠かす事ができません。

特に背中は皮脂の分泌が他の部位よりも多いので、皮脂を増やす原因となる、甘いお菓子や脂質の多い揚げ物を食べ過ぎないといったことが重要になってくると思います。

糖質や脂質を消化・分解する際には、ビタミン類やミネラルが大量に消費されてしまうからですね。なので、背中ニキビを予防するためには、何よりバランスの摂れた食生活が1番です。

そこで、ニキビ太郎が実際に酷い背中ニキビを予防できた食生活を以下のリンク先にまとめたので、是非参考にしてみてください!

食生活についてボタン
→ニキビ太郎が実践した食事方法の全て

また、背中ニキビに有効なビタミン類を以下にまとめてみました。

favicon ビタミンA

ビタミンAイメージ画像

ビタミンAの主な働きは、皮膚・粘膜の健康を保ち、肌をしっとりとさせる効果があります。他にも、肌の新陳代謝(=ターンオーバー機能)を向上させたり、高い抗酸化作用があることで有名なビタミンです。

なので、揚げ物を食べ過ぎて、活性酸素が発生しやすくなっている体には、ビタミンAは積極的に取り入れたい栄養素になります。

次の食材をつかったメニューで効率よくビタミンAを摂取するといいとニキビ太郎は考えます。

・チーズ

・のり

・たまご

・にんじん

・かぼちゃ

・とまと

・ピーマン

など。特に、にんじんやかぼちゃを調理すると、ビタミンA(βカロテン)を効率よくとれるとニキビ太郎は実感しています。

→注意!ビタミンAが不足すると吹き出物や肌荒れの原因になります。

favicon ビタミンB2

ビタミンB2イメージ画像

ビタミンB2は、皮脂の過剰分泌を抑えたり、肌のターンオーバー機能を向上させる効果があると言われています。

また、炭水化物(糖質)や脂質、タンパク質の代謝も助けてくれる役割も担ってくれています。

なので、炭水化物や脂質を多く含む食品を食べ過ぎたときは、次の食材をつかったメニューで効率よくビタミンB2を摂取するといいとニキビ太郎は考えます。

レバー

納豆

・牛乳

ヨーグルト

さんま

など。特に納豆の納豆菌にはビタミンB2が豊富に含まれていると言われてるので、積極的に食べていきたい食材ですね!

→注目!ビタミンB2は吹き出物などの肌荒れ予防に効果があります。

favicon ビタミンB6

ビタミンB6イメージ画像

ビタミンB6はタンパク質やアミノ酸の代謝を助けたり、筋肉や血液、細胞を作る際にも大活躍してくれます。

また、ストレスを抑制してくれる作用もあると言われているので、飲み会などの席で溜まったストレスなんかにも有効です。

なので、飲み会の席なんかでたくさんの揚げ物を食べ過ぎたときや、ストレスが溜まったときには、次の食材をつかったメニューで効率よくビタミンB6を摂取するといいとニキビ太郎は考えます。

・レバー

・かつお

豆腐

バナナ

・にんにく

など。特にバナナにはたった1本で、一日に必要なビタミンB6を摂取できると言われているので、大変オススメです!ニンニクなんかもメニューに入れやすいので、是非試してみてくださいね!

→必見!ビタミンB6は吹き出物や肌荒れの予防効果があります。

favicon ビタミンC

ビタミンCイメージ画像4

ビタミンCには、抗酸化作用があるので、肌はもちろん体の老化を予防できるので、積極的に摂っていきたい栄養素です。

揚げ物を食べ過ぎて、活性酸素が体内に蓄積すれば、それだけ肌細胞がダメージを受けるので、口ニキビや吹き出物ができやすくなります。

なので、次の食材をつかったメニューで効率よくビタミンCを摂取するといいとニキビ太郎は考えます。

・かぼちゃ

ブロッコリー

・レモン

・じゃがいも

・パセリ

・モロヘイヤなど

特にじゃがいもなんかは、加熱に強いので、熱に弱いビタミンCを効率良く摂るにはもってこいの食材となっています!

→必見!ビタミンCが吹き出物や肌荒れに効果的です!

favicon ビタミンE

ビタミンEイメージ画像

ビタミンEにも、高い抗酸化力のある栄養素として肌の老化防止に貢献します。

また、血液のドロドロを予防したり、血行を良くしたりする作用があるので、口周辺ニキビで悩んでいる人ほど積極的に摂りたい栄養素です!

なので、次の食材をつかったメニューで効率よくビタミンCを摂取するといいとニキビ太郎は考えます。

・魚肉ソーセージ

・玄米

・大豆

・オリーブオイル

・もやし

など。また、ビタミンEはビタミンAが不足がちの時に活躍してくれるビタミンでもあります。

サプリメントを飲むのもオススメ

サプリメントイメージ画像

揚げ物を食べ過ぎたけど、上記のような食材を使って調理できない!!!という人には、サプリメントでこれらの栄養素を効率よく摂る方法がオススメです。

ですが、栄養素は基本的に食事から摂るのが一番栄養の吸収率がいいとニキビ太郎は思っているので、サプリメントに過剰に期待するのはいけないと思っています。

また、サプリメントで過剰摂取した場合、逆に体に悪影響が出たり、肌にニキビや吹き出物が出来たりすることもあるので、大変注意が必要です。

→ニキビ太郎がオススメするサプリメントはこちらです。

ジュエルレインは効果ありません

ジュエルレイン9

背中ニキビとインターネットを使って検索すると、ほとんどのサイトで「ジュエルレイン」という背中ニキビ専用のジェルをオススメしていますよね。。

ニキビ太郎も背中ニキビがめちゃくちゃ酷い時にジュエルレインを購入して、使ったことがあるのですが・・・全く効果なかったです。。(汗)

どうしてあの商品をどのサイトもゴリ押ししているのかが不思議なくらい、ニキビ太郎の背中ニキビは良くなりませんでした。。(泣)

ジュエルレインのことは、以下のリンク先記事にまとめています。

→ジュエルレイン(Jewel Rain)

背中ニキビが出来た時に注意したいこと

favicon 市販のニキビ薬よりも皮膚科のお薬

市販のニキビケア商品イメージ

ニキビ太郎は、以下の市販薬を使用したことがありますが、どれも思ったような効果は出ず、逆に背中ニキビの炎症を悪化させたとさえ思っています。

オロナイン
クレアラシル
ロゼット洗顔パスタ
ユースキン
・アクネス25メディカルクリーム
PAIRアクネクリーム
ビフナイト

↑これらですね。他にも実際に使ったものはまだまだたくさんあります。

もしもこれらの市販のニキビ治療薬を買う時間や労力、経済力があるのなら、ニキビ太郎は皮膚科にいって、自分にあったお薬を処方してもらう方が絶対に良いと思っています。

ドラックストアなどで買える市販薬には決して配合できない、効果の高い成分が皮膚科のお薬には配合されているからですね。

背中ニキビや吹き出物の予防していくスピードや効果が全く違っているとニキビ太郎は実感しています。背中ニキビは立派な肌の病気です。

下手すると酷いニキビ跡を残し、一生傷を残してしまうこともあるので、勇気を振り絞って皮膚科に行く事をニキビ太郎はオススメしたいです。

マキロンを使うことは辞めるべき
マキロンイメージ

背中ニキビの原因になるアクネ菌を殺菌するために、マキロンと呼ばれる消毒液をニキビにつけて炎症を抑える方法があるようです。

ですが、これも逆に背中ニキビを悪化させるだけでなく、他の常在菌も殺菌する恐れがあるため、肌のバリア機能が衰え、ニキビや吹き出物よりも恐ろしい肌トラブルを引き起こす可能性があります。

アクネ菌も肌にいる常在菌の一種で、普段は肌を守る役割を担ってくれています。そのアクネ菌を退治してしまうと、繰り返しになりますが、肌のバリア機能が破壊され肌が乾燥するといった自体になりかねません。

これは、アルコールなど殺菌成分の入ったニキビケア商品にも同じ事が言えます。確かにアクネ菌はニキビの原因となりますが、絶対に必要な常在菌でもあるので、殺菌することは避けるべきなんですね。

なので、もしも背中ニキビを予防するためにマキロンを使用している人がいたら、即刻使用を中止して、早めに皮膚科を受診することをオススメしたいです。

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

→必見!頬ニキビを1日でも早く予防するための治し方を原因から見ていきます!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ