必見!こめかみニキビを1日でも早く予防する方法について8つの原因から見ていきます!

[最終更新日]2016/07/15

ニキビ跡プロセス画像

→ニキビ太郎が実践した劇的にニキビを予防する方法はこちらをクリック!

  • POINT!
こめかみニキビを1日でも早く予防するためには、正しい治し方で対処する必要があります。また、こめかみの吹き出物は最悪の場合酷いニキビ跡を残すことがあるので、大変注意が必要です。
こめかみニキビの原因と治し方について

こめかみニキビは思春期ニキビで現れやすく、赤ニキビや黄ニキビといった炎症の強いニキビへと進行しやすく、またケースによっては酷いニキビ跡を残すため、早急に正しい治し方で対処する必要があります。

ニキビ太郎も「こめかみニキビ」には本当に悩み、大変苦労しました・・・汗をかいた際にタオルで顔を拭いていたら、ついついこめかみの部位を強く擦ってしまい、激しい痛みに襲われたことも何度もあります。

また、横に座っている友人からみたら、結構みにくい顔になっているので、人の目が気になったことも大変ストレスに感じていました。今回はそんな「こめかみニキビや吹き出物」を1日でも早く予防するための方法をまとめますね。

原因について

赤ニキビになるプロセスイメージ

こめかみニキビの原因と言えば、ストレスやシャンプーやリンス等のすすぎ残し、そして髪の毛による肌へのダメージが考えられますが、それ以上に根本的なところに注目して対処しないと、いつまでも「こめかみニキビ」で苦しむことになっていきます。

ニキビはどの部位でもそうなのですが、毛穴に皮脂が詰まることで発生する肌の病気のことを指します。(初期の段階を白ニキビと呼びます)。

そこに、皮脂が多く、酸素がない場所を好むニキビの原因菌である”アクネ菌”が毛穴にやってくることによって、毛穴の中が炎症します。(この段階を赤ニキビと呼びます)

なので、こめかみニキビも他のおでこや鼻、フェイスラインといった部位と同じように、過剰な洗顔をしすぎて肌が乾燥したり、ストレスによって皮脂の過剰分泌が引き起こされると、こめかみニキビが出来る確率も高くなっていくことになります。

他にも原因はたくさんあるので、以下で見ていきましょう。

favicon あぶらっこい食事が原因の場合

唐揚げイメージ画像

思春期になると、特に食欲が旺盛な時期なので、食べる量がそれまでとは比べ物にならないくらい増えると思います。

ニキビ太郎も小学6年生の頃からよくたべるようになり、食べ放題なんかにいくと、いつもお腹をパンパンにして帰っていました。

10代や20代前半の頃は、特に唐揚げといった揚げ物系を好んでたくさん食べたり、菓子パンを昔の倍以上食べたりと、糖質や脂質を多く含む食べ物をたくさん食べると思います。

実は、これら糖質や脂質を多く含む食事は、体内で消化・分解する際に大量のビタミンやミネラルといった栄養素を消費します。

本来であれば、肌の新陳代謝(=ターンオーバー)に使われるはずだった栄養素が、他のところで消費されるようになれば、それだけ肌細胞には必要な栄養が届き難くなることが考えられます。

そうなると、肌のターンオーバーサイクルは乱れ、角質層に古い角質(垢)が蓄積し、それらが毛穴を塞ぐことによって「こめかみニキビ」の発生原因になってしまうんですね。

なので、いくら食べ盛りだからといって、糖質や脂質の多い食べ物を食べ過ぎることは体にとっても、肌にとっても悪影響になりうるんですね。こめかみニキビで悩んでいる人ほど、普段の食生活には要注意です。

やはり1番良いのは、バランスの取れた食事です。思春期には、そのメニュー全体の量を増やして栄養素が偏らないようにすることが重要になってくるとニキビ太郎は考えています。

→注意!揚げ物は吹き出物や肌荒れの原因になります。

favicon ストレスが原因の場合

ストレスがニキビの原因に!?イメージ

こめかみニキビが出来る原因に、ストレスが大きく関係しています。思春期の場合だと、学校生活での勉強や受験、部活動や家庭環境によって大きなストレスがかかる時期でもあります。

なので、無理してなんでもこなすことはせずに、なるべく自分のペースで何事もしていくことが大切になるとニキビ太郎は感じています。

特に、こめかみニキビの場合はそのニキビの存在自体が、ものすごくストレスですよね?

ニキビ太郎は髪も短かったですし、マスクでも隠す事が難しかった部位なので、本当にこめかみニキビには悩み、精神的苦痛ばかりを負わされた記憶しかありません。

このストレスがまた新たなニキビや吹き出物をつくるといった悪循環を作っていましたね。。

当時は勉強や部活でいっぱいいっぱいだったのに、そこに「こめかみニキビ」のストレスまでくると、本当にパンクしそうでした(泣)

また、ニキビ太郎の場合は社会人になってからも酷い「こめかみニキビ」とつき合っていたため、本当に嫌で嫌で仕方なかったです。(涙)

以下のリンク先ページでニキビとストレスの関係とその解消方法を詳しく書いているので、是非参考にしてみてください。

→注意!ストレスは吹き出物や肌荒れの原因になります。

favicon 睡眠不足が原因の場合

睡眠不足はニキビの原因ですイメージ

受験勉強や仕事で夜遅くまで作業をしていると、どうしても寝不足になりがちになってしまいますよね?

それで頑張った成果が出ればいいのですが、この反動でこめかみニキビや吹き出物が悪化してしまう可能性があります。

慢性的な睡眠不足に陥ると、体内のホルモンバランスが乱れやすくなります。

特に思春期の頃は成長に伴うホルモンバランスが起きているので、寝不足によって更なる乱れが発生してしまい、こめかみニキビを悪化させる危険性があります。

また、睡眠不足によって体内の自律神経を乱し、交感神経が優位になると、さらに血管の収縮などが加速するため、血行不良で肌に必要な栄養が行き渡らなくなったり、冷え性につながることもあります。

これらも全て「こめかみニキビ」になり得ます。

なので、極力睡眠不足にならないように、日頃から何事においても効率よく作業する努力も、大変難しく面倒くさいことですが、こめかみニキビを良くする為には必要になってくると思っています。

→注意!睡眠不足は吹き出物や肌荒れを引き起こす原因となります。

favicon 寝具が汚れている場合

枕イメージ画像

こめかみニキビも、顔のサイドに位置する部位なので、寝る時に使う枕が汚れているとそれが原因になっている可能性があります。

日頃から枕のシーツや上にかけるタオルを交換していないと、そこには頭皮の毛穴からでた皮脂、こめかみ付近の皮脂や汚れ、そして埃や雑菌がたくさん付着している場合があります。

なので、できれば毎日枕のシーツや上にかけるタオルは毎日交換する必要があるとニキビ太郎は実感しています。

因みにニキビ太郎は毎日枕にかけるタオルは清潔なものと交換していて、その効果もあってこめかみニキビは徐々に良くなっていきましたよ!

枕を綺麗にする際に、除菌スプレーなどが挙げられますが、ニキビ太郎はその除菌スプレーをした枕で寝たら、翌日に耳ニキビができたり、頬ニキビ が悪化したことがあります・・・それ以来一回もスプレーで綺麗にしたことはないのですが、、香料や他の成分が含まれているので、ニキビ太郎はあまり除菌スプレーはオススメできないです(汗)

favicon お酒やタバコが関係しているケース

タバコはニキビの原因にイメージ画像

こめかみも他の部位と同じように、お酒(アルコール)を摂りすぎると、その影響でこめかみニキビができることが考えられます。

人はアルコールを飲むと、睡眠不足や胃や腸、そして肝臓に大きな負担をけることになります。特に胃腸の状態は肌に現れやすいといわれるため、こめかみニキビができやすくなります。

またタバコを吸うと毛細血管が収縮し、肌細胞に必要な栄養素が満足に届けられなくなることがあります。

これは肌のターンオーバーサイクルを乱す事になるので、なるべくたばこは吸わない方が良いとニキビ太郎は思っています。

→注意!タバコは吹き出物や肌荒れの原因になります。

favicon 髪の毛が刺激となっているケース

髪を気にするイメージ

こめかみ付近の髪の毛も、普段から意外と皮脂や汚れ、細菌が多く付着していることが多いので、髪の毛がこめかみに触れたりすると、毛穴を刺激し炎症を起こすことがあります。最近だと、PM2.5とか花粉なんかも考えられますね。

なので、なるべく髪が長くこめかみが隠れる人は、髪を短くカットしたり、ピンやヘアゴム・カチューシャなどで横にとめたりする必要があると思っています。

もしもこめかみに赤ニキビや黄色ニキビが現時点である人は、そこに髪が当たいると、益々炎症が悪化して、後にクレーターや色素沈着のニキビ跡も残ってしまう可能性がでてきます。

そうなると、一生後悔することになるので、髪の毛対策は絶対にやった方がいいとニキビ太郎は強く思います。

こめかみにクレーターが残ると、それは一生目立つことになりますからね。。

また、こめかみはマスクなどで隠すことができないので、髪の毛で隠している人がいると思いますが、髪の毛は本当に不衛生なので、メイク同様に絶対にやめた方がいいです。

ニキビ太郎もこめかみだけはどうしても隠したくても隠せずに、マスクをして常に下を向いて歩いていましたし、顔をみて他の人と話せなかったです。。(涙)

だけど、髪の毛やメイクでは絶対に隠さなかったです。マスク以外で隠すとニキビが悪化すると実感していたからですね。

favicon 汗や洗い残しが原因のケース

NOV(ノブ)9

こめかみは他の部位よりも汗がたまりやすく、また洗い残しが残りやすい部位です。なので、特に念入りにすすぎをする必要があるとニキビ太郎は感じています。

洗い残しがあると、それが毛穴を刺激し、さらにこめかみニキビが炎症したり、あたらしいニキビや吹き出物、ブツブツをつくることも考えられます。

なので、お風呂やシャワーを浴びたあとは、最後に鏡でこめかみにシャンプーやリンス、洗顔などの泡が残っていないかチェックしましょう。

丁寧にすすぐことが非常に重要になってきます。

favicon シャンプーやリンスが肌に合っていない

ニキビ太郎愛用の石鹸

こめかみは特にシャンプーやリンス、コンディショナーといった頭皮ケアを使った際にでる泡が溜まりやすい場所でもあります。

そのため、そのシャンプーやリンスがこめかみの肌と相性が悪いと、こめかみニキビなどの肌荒れの原因になる可能性が考えられます。

基本的に、ドラックストアなどで購入できるシャンプーなどには、界面活性剤や香料など、肌に良くない成分がたくさん含まれていることが多いです。

なので、肌に合わなくてもなんら不思議じゃないと思っています。

実はニキビ太郎もニキビやニキビ跡が酷い頃は、市販で安価なシャンプーを使っていたのですが、ニキビを本気でよくすると決意した日からは市販のシャンプーやリンスを使うのを辞め、純石鹸である「シャボン玉石鹸」で髪も洗う事にしました。

すると、最初はなんだかゴワゴワして違和感があったのですが、今では逆に純石鹸じゃないと頭皮が痒くなってしまいます。また、純石鹸を使うようになってから、こめかみニキビの症状もだんだんと良くなり、今では綺麗に目立たなくなりました。

もしも、シャンプーやリンスを使って痒みやフケ、赤みがある人は、こめかみの肌にも合っておらず、それがこめかみニキビや吹き出物の原因となっている可能性があるので、一度純石鹸シャンプーにしてみることをオススメしたいです。

以下のリンク先記事に、純石鹸をつかったシャンプーの仕方を書いているので、是非参考にしてみてください!

→必見!シャンプーが吹き出物や肌荒れの原因に!?その真実に迫ります

正しい治し方について

こめかみニキビは一度できると治りが遅く、同じ場所に何度も繰り返してできてしまうことがあります。なので尚更、正しいこめかみニキビの治し方で早急に対策しないと、最悪の場合酷いニキビ跡を残してしまう危険性があります。

favicon 皮膚科にいくこと

1日でも早く顎ニキビを予防するためには、まずは「皮膚科に行く事」が超重要になってきます。

ニキビ太郎が皮膚科から処方してもらったお薬

こめかみニキビは少しでも間違ったニキビケアをしてしまうと簡単にニキビ跡が残ってしまうため、まずは皮膚科にいって正しい処置で面皰圧出やお薬を処方してもらう必要があると思っています。

ニキビ太郎は「こめかみニキビ」で悩んでいた当初、「ニキビなんかで皮膚科に行く事は恥ずかしい」や「自分でなんとかして治したい」と思っていたため、自己流で解決しようとしたのですが、それが完全に間違いでした。

当時は何の知識もなかったので、逆にこめかみニキビを悪化させることばかりしていたんですね。。(汗)3年ぐらいずっと悪化しつづけ ました・・・(涙)

だけど、ニキビを本気で良くすると決意してから、勇気を振り絞って皮膚科にいったところ、2件目で本当にいいお医者さんと巡り会う事ができ、1年後には酷かったニキビやニキビ跡が綺麗に目立たなくなっていきました。

これはお医者さんが処方してくださったお薬のおかげです。また食生活やスキンケアの仕方もアドバイスをいただいたことが、本当に大きかったです。

こめかみニキビが出来てすぐに皮膚科に行けば良かったと、今本気で後悔しているほどです。

2015年4月から、世界の標準ニキビ薬(ベピオゲル2.5%)が保険適用で日本でも処方されるようになりました。これによって、よりニキビで悩む人が激減するとニキビ太郎は思っています。そして、ニキビ太郎のように、ニキビやニキビ跡なんかで苦しんでほしくないと本気で思っています。

こめかみニキビで悩んでいる人は、自己流で治そうとせずに、必ず一度皮膚科のお医者さんに見てもらった方が絶対にいいとニキビ太郎は思っています。

favicon スキンケアについて

ニキビケア商品一覧

皮膚科にいった後は、日頃自宅で行うスキンケアの方法を見直す必要があると思っています。

特にこめかみニキビや吹き出物で悩む人は、過剰な洗顔をしすぎている傾向があると思います。

ですが、その加減が非常に難しく、少しでも間違うとこめかみニキビの予防スピードが落ちてしまうので、大変悩みどころでもあります。

そこで、ニキビ太郎が実際に酷かったこめかみニキビやニキビ跡を予防するために行ったスキンケアの方法を以下の記事にまとめましたので、是非参考にしてみてください!

スキンケアについてボタン
→ニキビ太郎が実際にしているスキンケア方法の全手法

favicon 食生活について

ニキビが酷かった頃の食事メニュー

鼻ニキビを1日でも早く予防するためには、食生活の見直しも欠かす事ができません。

特に鼻は皮脂の分泌が他の部位よりも多いので、皮脂を増やす原因となる、甘いお菓子や脂質の多い揚げ物を食べ過ぎないといったことが重要になってくると思います。

糖質や脂質を消化・分解する際には、ビタミン類やミネラルが大量に消費されてしまうからですね。なので、鼻ニキビを予防するためには、何よりバランスの摂れた食生活が1番です。

そこで、ニキビ太郎が実際に酷い鼻ニキビを予防した食生活を以下のリンク先にまとめたので、是非参考にしてみてください!

食生活についてボタン
→ニキビ太郎が実践した食事方法の全て

こめかみニキビが出来た時に注意したいこと

favicon ニベアクリームは避けた方がいいと思っています。

ニベアクリームイメージ

他のニキビブログやサイトさんの中には、市販されているニベアクリームが肌を保湿し、こめかみニキビに有効だという記述があって、ニキビ太郎も過去に実践しましたが、、、

まさかの悪化という結果になりました。それも結構酷く荒れたので、それ以降は一度もしていません。。

ニベアクリームは安価で、購入しやすいですが、それがニキビや吹き出物を良くするとは言いがたいとニキビ太郎は実感しています。

この他にも、市販のクリームやニキビ治療薬も避けた方がいいとニキビ太郎は思っています。

以下はニキビ太郎が実際に使った商品名です。

オロナインイメージ

・オロナイン
・クレアラシル
・ロゼット洗顔パスタ

市販のニキビケア商品イメージ

・ユースキン
・アクネス25メディカルクリーム
・PAIRアクネクリーム
・ビフナイト

↑これらですね。他にも実際に使ったものはまだまだたくさんあります。

もしもこれらの市販のニキビ治療薬を買う時間や労力、経済力があるのなら、ニキビ太郎は皮膚科にいって、自分にあったお薬を処方してもらう方が絶対に良いと思っています。

ドラックストアなどで買える市販薬には決して配合できない、効果の高い成分が皮膚科のお薬には配合されているからですね。

自分に合ったお薬を皮膚科のお医者さんい処方してもらうことで、こめかみニキビを予防していくスピードや効果が全く違っているとニキビ太郎は実感しています。

こめかみニキビ1つでも、それは立派な肌の病気です。なので、下手すると酷いニキビ跡を残し、一生傷を残してしまうこともあるので、勇気を振り絞って皮膚科に行く事をニキビ太郎はオススメしたいです。

favicon 洗顔シートやあぶらとり紙は使わない事

拭き取りシートイメージ

よく学生時代は、ニキビ太郎も「スースー」する洗顔シートを使って、自転車通学の後や体育の時間の後、そして部活動の後に使用していました。

ですが、これってアルコール成分が入っていたり、他にも肌に良くない刺激のある成分が大量に含まれていることがあるので、絶対に使用しないようにしましょう。拭き取りタイプだから、余計にゴシゴシと肌を擦るように使用してしまいがちになるからですね。

ニキビ太郎も当時はものすごく頻繁にギャッツビーのものを使用していました。「スースー」するのが気持ちよくて、ゴシゴシと強く擦るようにして使っていました。

また、白いシートが茶色くなったりすると、「おっ!汚れがちゃんと取れるたい!」と九州弁丸出しで気持ちよくなっていましたね。。

だけど、これがこめかみニキビや吹き出物の悪化につながったんですね。。

他にも、「あぶらとり紙」を頻繁に使うことも、体は余計に皮脂を分泌させるようになるので、益々こめかみニキビが悪化する危険性があります。そのため、これらは頻繁に使わないようにしましょう。

他のサイトやブログさんでは、こめかみニキビにあぶらとり紙や洗顔拭き取りシートでこまめに汗を拭き取りましょうといっていますが、これは逆効果になるとニキビ太郎は実感しています。

汗をかいたら、できれば柔らかくて清潔なタオルでポンポンと軽く当てるように汗を拭き取るようにしましょう。

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

→必見!頬ニキビを1日でも早く予防するための治し方を原因から見ていきます!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ