潰しちゃダメ!!少しでも間違うと、肌にボコボコを残す原因になります。

[最終更新日]2016/07/14

ニキビ跡プロセス画像

→僕が短期間でニキビを劇的に予防できたスキンケアは、こちらをクリック!!!

  • POINT!
ニキビは絶対に潰しちゃダメです!!!潰してしまうと、ブラマヨ(お笑い芸人)の吉田さんみたいなボコボコを残す事になります。本当に後悔することになるので、禁止行為です!!!ブラマヨの吉田さん、名前を出してしまい申し訳ありません。。。
ニキビは潰しちゃダメ!イメージ

ニキビの状態が進行して悪化してしまうと、大きな炎症と痛みを伴うようになります。

かなり悪化してしまったケースのニキビ(黄ニキビ状態)だと、毛穴の中に膿が溜まっている状態だと思います。

ここまで進行してしまうと、放置していても、時間が経てばいずれ潰れてしまうのですが、それでは真皮細胞まで傷をつけてしまっている可能性が高いです。

真皮細胞を傷つけてしまうと、凹凸(クレーター)タイプのニキビ跡として残ってしまう場合が多いです。

なので、毛穴に溜まった膿はなるべく早く取り除いてしまった方が、最悪の事態を避けることができます。

そうすることで、ニキビの治りも早くなります!!!

ニキビ治療をしている医療機関や専門機関では、「角質除去」という治療方法がある。

この治療は、白ニキビや黒ニキビといった割と炎症の酷くない状態のニキビの皮脂を取り除いてくれます。

またケースによっては、赤ニキビや黄ニキビといった炎症と痛みを伴うニキビにも、この「角質除去」ができるのですが、すべてのニキビに対応できる治療方法ではないのです。。

激しい痛みと伴ったり、
ニキビの芯が出ていないものにはできないのです。(><)

病院に行くタイミングですが、黄ニキビができたら直ぐに行くという姿勢が1番いいと思います。また、あまりに大きなニキビへと進行した場合も、病院で適切に処置してもらった法が、色素沈着(シミ)・クレーターニキビ跡にならずに済むケースもあるからですね。

ニキビを潰すとどうなっちゃうと?

黄ニキビ

ニキビ太郎の汚い画像で申し訳ないのですが、右の画像は黄ニキビです。この段階のものは、ニキビの膿を出した方が治りが早くなります。

仮に、黄ニキビを潰したことにしましょう。そうすると、毛穴に溜まっていた膿がでてきます。

実際に黄ニキビをつぶした経験がある人はわかると思うのですが、自分が思っている程かなりの量出てきます。恐らく想像以上に出ます。僕も初めて膿を出したときは、その量に驚きました。

だけど、適切に膿を取り出すことができれば、それだけニキビの炎症が早く治まり、毛穴の回復も早くなります。このことから、黄ニキビになって出来た膿は、適切に取り除くことが望ましいといわれることもあります。

この時注意したいのが、毛穴の中にある膿を全て出し切ると言う点です。仮に少しでも膿が残っていると、また炎症を繰り返す恐れがあるからですね。ちなみに全て出し切ると、最後は血が出てきます。ここまでやって、初めて膿を出し切ったと言えます。

しかし、これにも欠点があって、綺麗に膿を取り出せなかった場合に、無理矢理「膿」を出そうとして、必要以上に力を入れてしまい、結果として強い力でニキビを潰すことです。

これは非常に危険で、少しでも間違うと、それが毛穴へのダメージとなり、色素沈着タイプのニキビ跡や、クレータータイプのニキビ跡に発展してしまう可能性があります。

自分でも角質除去ができる!?

細心の注意が必要になってきますが、実は、角質除去は自分でもできちゃうんです!

*用意するもの

・皮膚用の消毒液

・薬局に売ってあるコメドプッシャーなるもの。または文具用のクリップ

・医療用の肌色のテープ

・綿棒

・ニキビ薬(市販されているものも可)、または抗菌薬

自分で角質除去をする際には、芯のない赤いニキビ以外のものにしてください。

間違って芯がないニキビのものをしてしまうと、逆にニキビが悪化してしまったり、キビ跡として残ってしまう可能性大です。。(><)

↑上記の方法はかなりリスクの高いセルフ角質除去なので、少しでも自信がない人は絶対にしないようにしましょう。僕は自分でやりますが、過去に何度か失敗して、色素沈着タイプのニキビ跡を残したことがあります(汗)

これは自己責任でお願いします。(><) →セルフ角質除去の具体的方法については、こちらをクリック!!

最初は白ニキビから練習してみる

セルフ角質除去は、初心者の人がすると本当にリスクが高いので、まずはニキビの中でも「白ニキビ」からやってみることをオススメしたいです。

白ニキビ画像

↑このタイプですね。この段階だと、毛穴に皮脂が溜まっているだけで、まだ炎症も起こっていない状態なので、ニキビを潰す行為である(セルフ角質除去)をやっても、赤ニキビや黄ニキビほどリスクは高くないからです。

また、この段階のニキビを取り除くことができたら、赤ニキビや黄ニキビに発展することもなくなります。

だけど、何度も書くように、ニキビをへたに潰してしまうと悪化させることにつながってしまうということは絶対に頭の中に入れておく必要があると思っています。

白ニキビであれば、適切なスキンケアと生活習慣をすれば自然と治っていくレベルのニキビなので、すぐにニキビを治す角質除去よりも、

少しだけ時間がかかりますが、スキンケアや食生活、睡眠時間に気をつけて生活しておくことが今後のニキビ予防にもなるので、そっちの方に力を入れる方がいいと僕は最近強く感じています。こっちの方が根本的なニキビ対策につながります。

正しいスキンケアと生活習慣を送ることこそが、一番のニキビ治療だと思います。

特に、白ニキビができやすい10代の人はニキビをすぐに治したくて潰してしまう人がかなり多いと聞きます。短期的にはそれでいいかもしれませんが、長期的な目線で見るとニキビを潰す行為は絶対にリスクが高い行為になるので、根本的なニキビ予防は何なのか?をしっかりと考えぬいていくことが大事になるんじゃないかなー?とも思います。

なんだかかなり説教している感じで自分でも嫌になってきたのですが、僕も学生時代から本当にニキビで悩まされてきたので他の人には、ニキビで辛い思いをしてほしくないと本気で思っています。

学校に行く前に鏡をみてニキビを発見しても、絶対に爪などで安易にニキビを潰してはいけないです。これは、ニキビ太郎から本気のお願いです。

間違った方法でニキビを潰すと・・・

ここからは、さらに深く解説していこうと思います。

既に解説した通り、間違った方法でニキビを潰すと、色素沈着やクレータータイプのニキビ跡になる可能性がグンと高くなります。なぜかというと、間違った方法で、肌の奥にある真皮細胞という肌のハリというハリを決める細胞を傷つけてしまう確率があがってしまうからですね。

また、適切に処置していれば、ニキビ跡にならなかったニキビも、時間や症状の進行具合によっては正しく治療をしたとしても、ニキビ跡を残してしまうことがあります。

膿を出せば、確かにニキビの治りが早くなる

確かに、適切に処置をして、毛穴にある膿を取り除くことができれば、ニキビの治りはグンと早くなります。

ですが、溜まった膿が万が一綺麗に取り除くことができなかったら・・・これは非常に厄介です。

普通だと、毛穴に溜まった膿は、毛穴から出て行くのですが、何かの理由で毛穴の出口が複雑になっていたり、細くなっていたりすると、そこから膿が簡単には出てくれないことになってしまいますl。

そうなると、無理矢理「膿」を出そうとしてしまいます。これは毛穴へのダメージが相当大きくなりますよね?そうなると、ニキビが治るどころか逆にニキビを悪化させてしまうことにつながってしまいます。

僕の友達に、爪楊枝でニキビを潰していると言う人があいましたが、もしもこのようにしている人がいたら、絶対にやめるようにしてください。爪楊枝や針のようなものは、先端が尖っていて、少しでも間違うと真皮細胞まで簡単に傷つけてしまうことがあるからですね。。絶対にしないようにしましょう。これはニキビ太郎からのお願いです。

膿が上手くでないとどうなると?

僕も経験あるのですが、赤い炎症を起していて、あと少しで黄ニキビになるんだけど・・・赤ニキビのままで炎症だけが大きくなってることがあります。

これを僕は「赤と黄ニキビの間のニキビ」と読んでいるのですが、ニキビの中でも最もたちが悪い状態のニキビだと思っています。

この段階のニキビでも、黄ニキビと同様に毛穴の中に大量の膿があるのですが、膿が表面上に見えていないので、潰して膿を取り出すことができないんですね。。(TT)

自然とニキビが治るのを見守るだけということになります。

なので、治る時間も自然と長くなり、真皮細胞まで傷つけてしまいます。なので、色素沈着やクレーターニキビ跡を必ずといって良い程、残してしまいます。。

ニキビで炎症している時間が長い程、ニキビ跡になる確率もハネ上がると考えて間違いないと思います。

膿を取り出しにくいニキビとは?

膿を出しやすいニキビ(黄ニキビ)と膿を出しにくいニキビがあると説明してきましたが、ここではその取り出しにくいニキビを写真を用意してみました。

膿を取り出しにくいニキビ

↑これは僕の顔にできたニキビです。これこそが、赤ニキビと黄ニキビの間のニキビで、最も厄介な段階のニキビになります。これは毛穴の中では相当膿が溜まっていると思うのですが、その膿がまだ表面に出てきてない状態です。結局最後まで膿が表面に現れることがなく、泣く泣くじっと自然治癒力で治るのを待ったのですが、薄いシミタイプのニキビ跡になってしまいました(涙)

このようなニキビは本当に厄介すぎるものなので、普段からの正しいスキンケアと規則正しい生活習慣を送っていくことがかなり重要だということを再認識させてくれました。

潰せないニキビはどうしたらいいと?

次に、潰せないニキビはどのような治療がいいのかを書いていきますね!

自然治癒で治るのを待つ

まず自然治癒でニキビが治るのを待つという手段があります。ですが、これは精神的にかなりきついものだと思っていて、特に顔に大きなニキビで潰せないものがあると、一日中ブルーな気持ちになってストレスも溜まってしまうと僕は実体験としてあります。

なので、マスクで隠せるのであれば、隠すなのどして対策をしていくことで、ストレスを小さくしていくことが重要になってくると思っています。

ビタミンC誘導体を活用する

ビタミンC誘導体イメージ

ビタミンC誘導体を含む美容液などを、積極的に活用していく方法も挙げられます。

ビタミンC誘導体は、ニキビの治りを早くする効果も期待できますし、ニキビ予防にもなるので、超オススメの美容成分です。


→必見!ビタミンC誘導体はニキビの予防にかなり効果的な成分です!

抗生物質を服用する

次に、皮膚科等で処方される抗生物質で、体の内側から炎症を抑えていく方法があります。

→注意!抗生物質がニキビを悪化させる原因になる可能性があります。

抗生物質がニキビの原因に!?イメージ

上の記事で詳しく解説していますが、抗生物質は長期間服用すればするほど効果が出にくくなっていくので、大変注意が必要です。体の中に耐性が生まれるからですね。これができると抗生物質が全く効かなくなる恐れがあります。

また、抗生物質を飲む事で腸内環境が乱れるという話もあります。僕の場合は、お医者さんに整腸剤を一緒に処方してもらって飲んだことがあるのですが、それでも腸内環境が悪くなっているのかなー?と排便時に思ってことがあるので、抗生物質によって、腸内環境が劣悪になることを否定することができません。

腸内環境はめちゃくちゃ大事で、少しでも悪玉菌が増える環境になってしまうと、すぐにニキビを発生させる原因にもなるので大変注意が必要です。

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

→【保存版】酷いニキビ跡を一日でも早く消す方法について

コメントを残す

このページの先頭へ