必見!顔面のデコボコした肌を目立たなくする方法!?※写真あり

[最終更新日]2017/01/19

ニキビ跡プロセス画像

→僕が短期間でニキビを劇的に予防できたスキンケアは、こちらをクリック!!!

  • POINT!
クレーター(凹凸)のニキビ跡を完全に目立たなくすることは難しいですが、正しいスキンケアと規則正しい生活習慣を継続していけば、デコボコを自然治癒力で元の肌に近づけることは可能だと言われています!!!
肌のデコボコを改善するイメージ

デコボコのニキビ跡は、本当に多くの人を悩ませています。ニキビ太郎もその中の一人です。このクレータータイプのニキビ跡を目立たなくするためには、大きな労力を必要とするうえに、かなりの時間も必要とするので、赤みが残るニキビ跡や色素沈着タイプのニキビ跡よりも非常に厄介な跡だと言えると思います。

ニキビ太郎の肌には、未だにクレーター(凹凸が)ニキビ跡が残ってしまっている場所があります。(><) なぜなら、ニキビの炎症が酷かった時期に、正しいニキビの治療方法をしていなかったことが最大の原因だと感じています。

炎症が酷くなると、肌の奥にある真皮細胞を傷つけることがあり、それが再生する時に、以前よりも盛り上がったり、そのまま凹んだりすることで、クレーターのようにデコボコのニキビ跡として肌に残ってしまうのですね。

以下では、お医者さんや専門家の方から聞いたことも踏まえて、ニキビ太郎の見解をまとめていきますね!

ニキビを潰すことは、ニキビ跡(色素沈着・クレーター)の原因になる!?

ニキビを誤った方法で潰したり、間違った方法で洗顔を一日に何回も繰り替えして行うことは、避けた方が良いとニキビ太郎は実感してます。

間違った方法で治そうとすると、毛穴の中に詰まっている物質が毛穴の中で広がってしまい、ニキビ状態をより一層悪くしてしまうことがあるからと経験しているからですね。

ダメイメージ画像

また、ニキビの炎症が残っている段階(赤ニキビや黄ニキビ)でニキビを潰すなどの行為を行うと、肌そのものの免疫機能が反応して、炎症している毛穴へ白血球を派遣することになり、その結果、肌の奥にある真皮細胞(コラーゲンなど)を傷つけてしまうと言われています。

それによって、一度でも真皮細胞(コラーゲンやエラスチン)が傷つくと、それが自然治癒力で回復することが難しいと言われ、ニキビ太郎もそう感じています。。だからデコボコのニキビ跡の治療は難しいと言われているんですね。

※詳しくは以下の記事も参考にしてみてください!
→潰しちゃダメ!!少しでも間違うと、肌にボコボコを残す原因になる!?

クレーターニキビ跡を目立たなくするためには?

肌のハリというハリや弾力を決めているコラーゲンやエラスチンの量を増やしたり、肌のターンオーバー機能を正することで、元の状態に戻るとまでもいかないまでも、自己治癒力でニキビ跡を目立たせなくすることが可能だと言われています。

クレータータイプのニキビ跡には、以下のような成分の働きが有効だとも言われています!!詳しく見てみましょう!!

ピーリング&ビタミンC誘導体のコラボレーションが超有効!?

特に以下の2つの成分による働きに注目です。

●ピーリングに取り組むこと

ピーリングは古くなった角質を弱い酸の力でやわらかくし、その角質たちを剥がれ落ちやすくしてくれる働きがあると言われています。そのため、正常な肌状態にしてくれるだけでなく、肌のターンオーバー機能も正しくしてくれる効果が期待できるとされています。

ニキビやニキビ跡の治療としては、ケミカルピーリングという治療方法が有名だと思います。これも名前の通りピーリング治療のことを指していて、フルーツ酸などの酸を皮膚の表面に塗る事で、古くなった角質層を剥がしていくことを目的としています。

そうするこで、肌のターンオーバー機能を促すことが期待できるため、デコボコ(凹凸)のニキビ跡の改善にも効果があると言われています。

個人的には、

ディフェリンゲル
ベピオゲル
エピデュオゲル

といった皮膚科で処方してもらえるニキビ薬にも、ピーリング作用があると言われているので、これらを継続使用していくことも非常に有効な方法だとニキビ太郎は実感してます。

必見!ケミカルピーリングは赤みやシミ(色素沈着)、肌の凹凸に効果絶大!?

●ビタミンC誘導体を含むものを試してみることもアリ!?

ビタミンC誘導体は、肌の美容には欠かす事のできない成分だと言われることもあるようです。もちろんニキビ跡の治療にも絶大な効果が確認されていると言われています。肌の奥にまで浸透させることができると、より一層効果が出て、肌のハリや弾力を決めているコラーゲンやエラスチンの生成を助ける成分でもあるとされています。

必見!ビタミンC誘導体はニキビにかなり効果的な成分!?

ですが、ここで注意したい点があります!それは、ビタミンC誘導体には、水溶性と脂溶性の2種類があるということです。

今回取り上げている凹凸のニキビ跡の治療には、後者の「油溶性」ビタミンC誘導体でないと期待する効果が実感できないと言われています。

なので、クレーター(デコボコ)ニキビ跡がある肌から元の綺麗な肌の状態へ戻すためには、【油溶性のビタミンC誘導体の方を選ぶこと!】が重要になってくる可能性があるということは、把握しておくべきかもしれないです。

そして超重要なポイントとして、凹凸(デコボコ)のニキビ跡治療には、「ピーリング&ビタミンC誘導体」とコラボして使うことで、通常よりも高い治療効果が期待できると言われています!!相乗効果というやつですね!!

ピーリングとビタミンC誘導体の夢のようなコラボレーションは、レーザー治療などを検討する前に是非、超積極的に取り入れたい治療方法(組み合わせ)になってきそうです!←超重要

肌の新陳代謝(ターンオーバー)機能が元に戻せると、ナチュラルにターンオーバーが行われるようになり、新しい皮膚細胞をつくり出してくれることが可能になってくるかもしれないですからですね。

ちなみにニキビ太郎は、これが肌のクレーター(デコボコ)を目立たなくしてくれるためにアリだと考え、実践しています!!!

ニキビ太郎が使っているのは、ビーグレン

ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック

デコボコ(クレーター)ニキビ跡を目立たせなくする方法は、以下の治療もあるようです。色んな角度から見つめることで、自分なりの方法が見つけるきっかけにもなるかもしれないので、あくまでも「こういった治療もあるんだ」という観点で覗いてみてもらえたらと思っています。

あくまでも、最終的な希望となる可能性で、将来的には以下で紹介する方法よりも、より画期的で安全でリスクの少ない治療方法が出てくる可能性が高いです。繰り返しになりますが、こういった治療もあるというスタンスで見ていただければと思います。

フラクショナルCO2(炭酸)レーザー

デコボコ(凹凸)のニキビ跡を良くするために最近人気のある治療方法があると言われています。

それが、フラクショナルCO2(炭酸)レーザーです。

ニキビ跡がある箇所に、炭酸ガスレーザーで小さな穴をたくさん作っていき、その小さな穴を回復させようと、真皮細胞にあるコラーゲンやエラスチンが生成させることで、肌の凹凸(デコボコ)を良くしていこうという治療方法になるようです。

「小さな穴」がどれくらいの大きさかめっちゃ気になりますよね?大きさとしては、1cm四方に数千個の本当に小さな穴を開けるとのことで、これによって肌に深刻なダメージを与えるわけではないとのことで、安心して望めるようです。(実際には専門家やお医者さんに要相談すべきです)

また、従来のフラクセルレーザーと比較して、痛み少ないことも人気の理由の1つと言われています。

この治療方法が出てきたことによって、クレーター(デコボコ)ニキビ跡で悩む人が何人も救われてきたとのことです。一回の治療で、肌の10%〜15%が回復すると言われています。

ニキビ跡の度合いにもよりますが、大体半年ほどで、肌の凹凸(デコボコ)が目立たなくなっていくといわれていて、施術直後も酷く赤みが残ったりしないので、比較的安心して治療を受けられると言われています。

金銭的に余裕がある人は、また、どうしても現時点のニキビ治療では希望を見いだせない人は、お医者さんと要相談しながら検討してみるのもアリかもしれません。

※ただし、これもどうしても現時点のニキビ治療では希望を見いだせない人のために、またこの治療を望む人は、一度お医者さんと要相談しながら検討してみてくださいね。基本的には、ニキビ太郎は皮膚科のニキビ薬(塗布するタイプ)を継続使用することをオススメしたいです。

フォトフェイシャル(IPL光治療)

フォトフェイシャル治療も比較的人気のある治療方法だと言われているので、一度は耳にしたことがある人も多いかもしれませんね。

フォトフェイシャルは光を使った治療方法で、肌の奥にある真皮細胞のエラスチンやコラーゲンを生成していく方法のことで、これが肌の凹みを改善することが期待できると言われています。

陥没した肌を上手に綺麗に仕上げてくれることから、治療に望む人も多いようですが、これは個人差が大きく出ると言われていて、デコボコのニキビ跡が酷すぎる人には、あまりオススメすることのできない治療方法なのかもしれません。

ですが、フォトフェイシャルは、痛みや治療後のリスクで悩んでいる人にとっては納得のいくものだと思っています。
ニキビやニキビ跡の治療には、先ほども挙げたCO2フラクショナルレーザーによる治療が、大きな効果をもたらしてくれることが期待できるようです。

ですが、費用が高かったり、一時的に激しい痛みや大きなリスクを伴うことも、人によってはあると言われています。

一方でフォトフェイシャルは、肌の状態によって優しい光の周波数を変更できると言われているので、ニキビや赤ら顔、ニキビ跡による色素沈着といった、あらゆる肌症状の治療にも激しい痛みや大きなリスクを伴うことが少ないと言われています。

レーザー治療よりも回数をこなさなくちゃいけないですが、痛みが少ない可能性のある治療方法というが、このフォトフェイシャル(IPL治療)だと言われています。

麻酔薬を使うこともないので、痛みを気にする人にはお勧めの治療方法だと専門家の方はおっしゃっていますね。

年々治療のクオリティは上がっているので、興味のある人は一度、専門医の話を聞く事もアリかもしれません。

※ただし、これもどうしても現時点のニキビ治療では希望を見いだせない人のために、またこの治療を望む人は、一度お医者さんと要相談しながら検討してみてくださいね。基本的には、ニキビ太郎は皮膚科のニキビ薬(塗布するタイプ)を継続使用することをオススメしたいです。

FGF治療

この治療方法も、上記した「フラクショナルCO2(炭酸)レーザー」・「フォトフェイシャル(IPL光治療)」と同じように、肌の奥にある真皮細胞にあるコラーゲンや、エラスチンといった肌のハリというハリを決定する細胞を生成させることを目的としたものだと言われています。

上記2つの治療方法と大きく違うところは、コラーゲンやエラスチンの生成をさせるために、線維芽細胞増殖因子(FGF)というタンパク質の一種(体内で生成される成分)を肌のデコボコ(クレーター)部分に注射することであるようです。

そして、最大の魅力としては、一般的なコラーゲン注射やヒアルロン酸の注射と違って、ニキビ跡の凹みに対して直接働きかけてくれるので、ほとんど永久的な効果が期待できるというのが魅力のようですね。しかも副作用がほとんどないと言われ、非常に安全性も高いとされています。(※全員にこれが言えるのでなく、もちろん個人差があって、中には取り返しにつかない状態になる可能性もあるので、気になる人はお医者さんに相談してくださいね)

レーザー治療でもできなかった、深いほうれい線や肌の凹みを良くすることができるとも言われています!!

だけど、これは金銭的に余裕のある人向けの治療方法となってきそうです。その理由は、保険の対象外ですからね。。これは、「フラクショナルCO2(炭酸)レーザー」・「フォトフェイシャル(IPL光治療)」でも同じ事が言えます。

ですが、宝くじに当たった!などの臨時収入がある人は是非一度検討してみる価値はあるかもしれませんね!

※FGF治療は、即効性の効果が期待できないのが欠点で、効果がでるのは、注射をしてから14日後から1ヶ月かかることもあると言われています。

※ただし、これもどうしても現時点のニキビ治療では希望を見いだせない人のために、またこの治療を望む人は、一度お医者さんと要相談しながら検討してみてくださいね。基本的には、ニキビ太郎は皮膚科のニキビ薬(塗布するタイプ)を継続使用することをオススメしたいです。

培養表皮移植について

治療名を見て、皆さんが思った通りの方法だと思います。

培養表皮移植とは、正常な肌の部分から一部を切り取って、それを上手に培養して、最終的にはニキビ跡が酷い箇所に移植するという方法になるようです。

この方法を使えば、肌の状態は見違えるほどよくなるとも言われていますが、その分治療費用は高いので、一般の人が安易に受けれる治療ではないのが、デメリットなのかもしれません。

皮膚を培養するのには、時間がかかるため、気長に待てる人じゃないとストレスが溜まるかもしれませんね。。

また、ニキビ跡が顔の広範囲に渡ってある人が培養表皮移植を受ければ、それだけ病院に入院したり、近くのホテルに寝泊まりする必要もあることもデメリットです。

ですが、この方法を使えば凹凸(デコボコ)のニキビ跡でもかなりいい状態にできると言われており、クレーターニキビ跡の最終兵器なんと言われることもあるくらい非常に効果の高い治療方法でもあるとされているようです。

ニキビ跡で悩む前の綺麗な肌にどうしても戻したいという人は、貯金を頑張ってして、この「培養表皮移植」という治療方法を受けるという選択肢もアリなのかもしれませんね。

※ただし、これもどうしても現時点のニキビ治療では希望を見いだせない人のために、またこの治療を望む人は、一度お医者さんと要相談しながら検討してみてくださいね。基本的には、ニキビ太郎は皮膚科のニキビ薬(塗布するタイプ)を継続使用することをオススメしたいです。

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

 
  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

※当サイトをご利用の際には、必ず免責事項他をご参照ください。

→【保存版】酷いニキビ跡を一日でも早く消す方法について

コメントを残す

このページの先頭へ