必見!腸内環境の悪化は酷いニキビの原因となる!?その真相に迫ります!

[最終更新日]2016/07/14

ニキビ跡プロセス画像

→僕がニキビを劇的に予防できた食生活はこちらをクリック!!!

  • POINT!
腸内環境の悪化はニキビや吹き出物といった肌荒れの原因になります。そのために、腸内の善玉菌を増やすことが重要になってきます!
腸内環境の悪化はニキビの原因にイメージ

どんなにスキンケアでニキビや吹き出物対策を徹底しても、ニキビ薬を使用しても、なかなか良くならない。そのような人は、もしかすると劣悪な腸内環境が、ダイレクトに肌にニキビや吹き出物として現れているかもしれません。(顔だけでなく、首や背中、胸元といった体全体にもできます)

代表的な大腸の不調は、便秘が有名ですが、それ以外にも便の色や臭い、そして形で今の大腸の健康状態が把握できると言われています。なので、もしも便秘じゃないという人で、ニキビや吹き出物といった肌荒れが酷い人は、以下のリストで便の状態を確認してみてください!

腸内環境が悪い時に出やすい便の特徴


うさぎイメージ

・ウサギのように、コロコロとした便
・水分をほとんど含んでいないカチカチの便
・逆に水分をたくさん含んでいる下痢状態の便
・赤褐色の便
・黒褐色の便
・強烈な腐敗臭がする便

上記したような特徴の便が続くようであれば、間違いなく腸内環境が悪い状態だと言えるとニキビ太郎は考えます。

因みに、理想的な便は

・バナナ状で黄色に近い色
・半練状で腐敗臭ではなく、発酵臭(すっぱいような臭い)がする便

などが挙げられます。

腸の状態がどうして肌へ影響するのか?

腸の状態が良いもの・悪い物イメージ

引用:(http://goo.gl/RNKA1u , 2015/06/08)。

僕たち人間の腸は、普段口にする食べ物や飲み物、そしてストレスや運動不足なんかによっても大きくその善し悪しが左右されると言われています。なので、常に一定の腸内環境という訳でなく、その状態は日々変化しているということなんですね。

腸内環境が良い時は、肌の調子も良く、体もそんなに疲れを感じなかったりするのですが、逆に腸内環境が悪い時は、悪玉菌の増加に比例して、免疫力が低下し、風邪を引きやすかったり、ニキビや吹き出物といった肌荒れが出やすくなると言われています。その理由はどうしてでしょうか?

favicon 腸内細菌が栄養素を上手く作れなくなる

ビタミンB2イメージ画像

まず最初に考えられるのが、腸内が汚れると、その中にいる腸内細菌の活動が低下してしまうことです。

つまり、普段僕たちの体に必要な栄養素を合成してくれている腸内細菌のバランスが乱れ、肌の健康を維持する為に必要なビタミン群が作られなくなってしまうということなのです。

そうなると、本来なら皮脂の分泌を抑えてくれるビタミンB群が不足し、ちょっとでも糖質や脂質を摂りすぎると、簡単に皮脂の過剰につながったりすることが考えられます。

皮脂の過剰分泌によって毛穴が詰まりやすくなれば、それだけニキビや吹き出物といった肌荒れが出来やすくなってしまいます。

favicon 毛穴の炎症が発生しやすくなる

赤ニキビ

次に考えられるのが、腸内環境の悪化によって体の免疫力が低下するということです。

体の免疫細胞の約70%が腸にあるといわれているので、その腸の状態が悪くなると、当然免疫細胞の数も激減してしまうことが予想されます。

なので、皮脂が毛穴に詰まり、そこにニキビの原因菌である「アクネ菌」がやってくると毛穴が炎症し、赤ニキビ、黄ニキビの状態になるのですが、免疫力が低下していると、その進行速度が早まり、ケースによっては色素沈着やクレーターニキビ跡を簡単に残してしまうことが考えられます。

特に、腸の状態が悪いと口周辺のニキビや吹き出物の原因となると言われているので、大変注意が必要です。

favicon 活性酸素を作り出してしまう

活性酸素がニキビの原因にイメージ

腸内環境が悪化すると、体内に活性酸素という細胞を老化させる原因となる悪玉酸素が大量に作る事になってしまいます。

また、便秘の状態だとその活性酸素が出来る速度もグングン加速し、その量もハンパじゃないものとなります。

活性酸素は、肌細胞を老化させ、肌のターンオーバーサイクルを乱すだけでなく、皮脂の酸化を加速させたり、恐ろしいことに細胞のDNAまでもを破壊すると言われています。

→注意!活性酸素が吹き出物や肌荒れの原因になる可能性があります。

favicon 肌のターンオーバー(新陳代謝)を乱す

ターンオーバーの仕組みイメージ

先ほどもチラっと触れましたが、腸内の環境が悪化し便秘がちになると、腸内にはどんどん便(老廃物)が蓄積し、有害物や毒素も大量に発生され、悪玉菌の増殖だけでなく、血をドロドロにして血行不良を招き、冷え性や肌の新陳代謝機能の低下を招く恐れがあります。

大腸で発生した有害物や毒素が血液を濁し、それが体全体を巡るので人体そのものい深刻な悪影響を与えることが考えられます。(だから、便秘の人は口臭や体臭が酷いと言われています。)

そうなると、肌のターンオーバーサイクルも乱れやすくなり、肌の1番外側にある角質層に角質(垢)が蓄積しやすくなり、毛穴が詰まってしまうことが考えられます。毛穴が皮脂や汚れでつまると、そこにアクネ菌がやってきて、赤ニキビや黄ニキビができてしまいます。

本来であれば、体の免疫機能で対抗するのですが、腸内環境の悪化(便秘)によって、自己治癒力も低下してしまっているので、酷いニキビ跡を作りやすくなってしまうということなんですね。

→注意!ターンオーバーの乱れは吹き出物や肌荒れの原因になります。

状態を良くするには、食物繊維やオリゴ糖を摂る事

これまでに説明した通り、腸内環境の悪化は間違いなくニキビや吹き出物といった肌荒れの原因となると僕は実感しています。

なので、普段から意識していかに腸内環境を良くするかを色々と考えた結果、腸内にいる善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌など)の好物となる、食物繊維やオリゴ糖を含む食品をバランスよく食べることが1番大事だと思っています。

実はニキビ太郎は、ニキビやニキビ跡を本気で良くする!と決意した日から、栄養バランスの摂れた食事にプラスして、「酵素ドリンクや青汁」を飲んでいます。そのおかげで、ニキビ太郎の顔を覆っていた大量のニキビやニキビ跡がみるみるうちに驚くスピードで予防できるようになりました!

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

 ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック


神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

腸内環境でニキビや吹き出物が出来ていると感じている人は、是非参考にしてみてください!

favicon ヨーグルトが良い

ビヒダスヨーグルトイメージ画像

ヨーグルトはプロバイオティクスとも呼ばれて、腸内環境を整える乳酸菌(善玉菌の1つ)を豊富に含んでいます。(ニキビや吹き出物の原因の1つに腸内環境が劣悪が挙げられます。肌荒れで悩んでいる人こそ、腸内環境を良くすべきだとニキビ太郎は思っています!!)

その乳酸菌とは約350種類もあり、その中で名前と具体的な働きが明らかになっているのは50種類ほどあると言われています。

50種類ある乳酸菌は、それぞれ得意分野が異なり、

・殺菌力の強い乳酸を出して、発がん性物質ができるのを防いでくれる

   ・腸壁から体内に吸収しやすい乳酸菌を出して免疫力を高めてくれる

   ・インフルエンザウイルスのような病原菌を殺してくれる

上記のような働きを期待することができます。

→必見!ヨーグルトは吹き出物や肌荒れに効果のある食べ物です!!

favicon 納豆が良い

納豆イメージ画像2

納豆やヨーグルト、キムチなどの発酵食品は非常に整腸作用に優れた食品だと言われています。

なので、納豆は便秘解消効果もあるんですね!便秘を予防することができれば、それだけ体内に老廃物の毒素が蓄積することはありませんし、善玉菌が増えて、免疫力アップ効果も期待できますよ。

また、大豆にはオリゴ糖や食物繊維など善玉菌が好物とする成分を多く含んでいるので、より善玉菌を増やすことにつながります。

このように、腸内環境を良くすることは、ニキビやニキビ跡の 予防スピードを格段に上げてくれるとニキビ太郎は実感しています。

→注目!納豆は吹き出物や肌荒れを撃退する効果がある食べ物です。

このように、腸内に存在する善玉菌が優位になれば、人の免疫能力は上昇し、体内に必要な栄養素(ビタミン類)を合成しやすくなりますし、消化や吸収も格段に良くなります。

そうなると、ウイルスや細菌で風邪を引く事を減りますし、ニキビや吹き出物といった肌荒れも予防し、体の健康状態もかなり良くなるとニキビ太郎は実感しています。

普段の生活習慣で気をつけたい事

favicon よく噛む事が大事

胃や腸で消化や吸収を助ける為に、食べ物を口に入れたら、しっかりと咀嚼(噛んで)して唾液と食べ物を上手に混ぜ合わせることが非常に大事になります。

favicon 外食を控えること

ドーナツイメージ

社会人で働いている人は、時間がなくついつい外食で食事を済ませてしまうことも多いと思います。ですが、簡単に食べれるハンバーガー、コーラ、ドーナツやコンビニのお弁当、カップラーメンやインスタント食品などには、味が濃く、油物が多かったり、食品添加物がてんこもりの加工食品であるケースが多いので、控えた方が良いと思っています。

また、チェーン店のお店も効率化するために、食品添加物まみれのものを使っていることが多いので、要注意です。添加物が入っていると確かに美味しいのですが、それによって腸内環境が悪化してニキビや吹き出物が大量にできると嫌ですよね。。

できれば、毎日自分で選んで購入した食材で、ちゃんとした調味料を使って自炊して食べることが1番良いと思っています。

favicon デザートは糖質を控えること

砂糖イメージ

よく食後のデザートなんかに、市販のアイスやお菓子を食べる人も多いと思うのですが、これらに含まれる糖質や脂質は皮脂の増加に繋がります。

私は人工甘味料のものを食べているから大丈夫!と思っている人も要注意です。

実は人工甘味料には、腸内細菌のバランスを乱すという研究結果が最近発表され、それによって腸内環境が悪化し、ニキビや吹き出物などの肌荒れにつながることがあるからですね。

なので、食後のフルーツには、食品添加物や人工甘味料といった加工された食品ではなくて、天然の果物やフルーツなんかを食べるのが1番良いとニキビ太郎は実感しています。

→必見!糖質制限食はニキビの予防に効果的です!

favicon 水分補給もしっかりと

水イメージ

日頃から摂取する水分量が不足していると、腸内環境を悪化させてしまう恐れがあります。

目安としては、ニキビ太郎は1日3〜4ℓほど摂るようにしています。そうすることで、便秘で悩むことはなくなりましたし、何より肌の乾燥やドライアイで悩むことも少なくなりました。

僕の場合はもともとの水分補給の量が極端に少なかったからかもしれませんが、もしも便秘ぎみだったり、体調が悪いなという人は普段から摂る水分量を増やしてみることをオススメしたいです。

水分補給の際に、冷たいものや糖質(砂糖)を含むものは避けた方がいいです。

詳しくは以下のリンク先にまとめているので、是非参考にしてみてください!

→必見!水は毎日3〜4ℓ飲むことでニキビ肌を予防することが期待出来ます!

favicon 便秘解消サプリに頼らない方がいいかも・・・

他のニキビサイトやブログさんでは、便秘解消・腸内環境を良くする為に、それ専用のサプリメントに頼ろうという記事がありますが・・・それも便秘治療薬と同じでニキビ太郎は避けた方が良いと思っています。

基本的には食事で食物繊維やオリゴ糖をしっかりととり、善玉菌を増やして悪玉菌を減らすことが1番の近道だと思っています。

非常に難しいことですが、簡単にサプリメントで解決するよりも面倒くさい分、高い効果がえられるとニキビ太郎は実感しています。

favicon ストレスに気をつける事

怒っているイメージ

人は強いストレスを感じると、胃が痛くなったり、下痢気味になってしまう人も多いと思います。これは、ストレスによって腸内細菌バランスが乱れるからだとニキビ太郎は感じています。

なので、日頃からストレスを溜めないにように、自分だけのストレス発散方法を身につけることも非常に大事になってきます。ニキビ太郎の場合は、毎日少しでも良いのでストレッチやウォーキング、体幹トレーニングを仕事終わりにやっています。

そうすることで、ストレス発散になりますし、何より程よい疲れが質の高い睡眠にもつながるので、肌の健康の為には欠かせない日課となっています。

→注意!ストレスは吹き出物や肌荒れの原因になります。

favicon 運動不足に気をつける事

運動イメージ画像2

便秘を予防するために、運動を取り入れることは非常に大事になってくるとニキビ太郎は実感しています。

ですが、ハードな運動は逆に免疫力低下につながるので注意が必要です。

便秘には軽い運動(腹筋やウォーキング)などが非常に有効だと感じています。

→注意!運動不足が吹き出物や肌荒れの原因になっています!

favicon 体を冷やさないこと

現代の日本ではオフィスワークが増えて、夏場でも冷房をガンガン効かせて、体が冷えやすくなっていることも多いと思います。この体の冷えが胃や腸のトラブルを招くことがあります。

特に20代を超えて出来る吹き出物は、体の冷え(冷え性)による血行不良から体内の自律神経やホルモンバランスが乱れやすくなり、口周辺や顎周り(フェイスライン)に出来やすくなると言われています。

なので、冷房で体が冷えやすい時には、熱めの飲み物で体の内側を温めたり、カーディガンなどでしっかりと防寒をして、体を冷やさないようにする必要があると思います。

favicon プチ断食で腸を休めることも非常に重要かもしれません。

毎日3食食べる人は、腸が常にフル回転している状況が続くことになります。

僕は学生時代に野球やソフトボールをしていた影響から、一流選手の発した言葉(Twitter)なんかを良くチェックするようにしています。

すると以前、メジャーリーガーのダルビッシュ投手が、腸を休めるという意味で1日断食をやっているという文章を発見しました。

腸を休息させることによって、腸の状態をリセットさせよう!というものでした。

これは、工藤公康投手もやっているとのことで、早速ニキビ太郎も実践してみることにしました。

断食は初めてだったので、夜だけプロテインで過ごすとかやってみました。

その結果、結構いい感じで次の日がスッキリした感じがありました。

その後も、今日まで定期的にプチ断食をやっていますが、結構良い感じがしてます。ハードに動いた日や睡眠不足、また体調が悪い時にはしませんが、自分で調子が悪くないなと判断した日には、思いきって断食をしています。

最近調べてみると、結構多くの一流スポーツ選手もプチ断食をやっている人が多いみたいです。

時には内蔵を休める日を設けるのも悪くないかもしれません。

ただし、断食した次の日の過ごし方などは、しっかりと予習をしてから行うようにしてください。急にガッツリ食べると、逆効果になることがあるからですね。。(汗)

腸内細菌と常在菌の関係性

少し前に放送されていた、カロリーメイトのCMで、

「チーターは肉しか食べないのに、どうやって他の栄養素(肉で摂れる栄養以外)を補っているのだろうか?」

腸内細菌常在菌共通点イメージ画像

と質問形式のストーリーがあります。

これを初めて見た時、すっごく気になってすぐ調べてみました。実は、この問題の答えが腸内細菌にあるようなのです!詳しく書いてみますね!!


favicon 人の体の中では毎日、ものすごい回数の細胞分裂が繰り広げられているそうです。

ここでは、「細胞の総入れ替わり大作戦」と名付けます。笑

この大作戦には、多種多量の栄養素が必要になってきます。古い細胞の代わりに新しい細胞を作るからですね!

細胞に限らず、新しいものを作り出すときにはどんなケースも、ものすごいエネルギーを必要としますよね?

細胞分裂するときも同じことが言えるのです。

また、細胞分裂に必要なだけの栄養素を口から摂取する食べ物だけでは、上手にそしてバランスよく栄養を摂ることが難しいです。

では、葉っぱしか食べないキリンとか、それこそ冒頭に挙げたチーターはどうやって他の栄養素を補っているのでしょうか??

キリンイメージ画像

ここで、腸内細菌の登場です!!

腸内には、およそ60~100種類もの腸内細菌が存在しています。

その腸内細菌たちが、めちゃくちゃ協力し合って足りない栄養素を生み出しているというのです!!

腸内細菌は、必要な栄養素も作ってしまう・・・もはや「神」のような存在ですよね??それだけ腸内細菌って、めちゃくちゃ大事な細菌だったんですね!!

だから、肉しか食べてないチーターでも、腸内細菌の働きによってビタミンやミネラルを上手く作りだしているんですね!

葉っぱしか食べないキリンの腸内でも、タンパク質の元となるアミノ酸やペプチドの栄養素をバッチリ作ってくれているのです!腸内細菌について自分で調べてビックリ。書いてもビックリ。

今回ニキビ太郎は、目から鱗が出っぱなしです!!すごか!スゴ過ぎばい!腸内細菌!!!笑

favicon 実は常在菌も同じ働きをしている!?

酸イメージ画像

常在菌の役割についてのページに常在菌には表皮を元気づける栄養素が出ていると書きましたが、これって今書いてきたような腸内細菌の働きにも似ていませんか??

常在菌は作りだす酸によって、お肌を外敵から守る役割だけじゃなくて、表皮を活性化させる栄養素も出していると考える説も超有力になってきているそうです!

ニキビ太郎も調べているうちに菌は、バリア機能だけじゃなくて、栄養を与えてくれる存在でもある。そう思えるようになってきました。

この方が、すごくロマンがありますよね!^^

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめするニキビケア商品です!

ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック

→必見!青汁は吹き出物や肌荒れの予防効果が期待できます!

コメントを残す

このページの先頭へ