注目!1日でも早く赤ニキビを予防する方法を原因から詳しくみていきます!

[最終更新日]2016/07/14

ニキビ跡プロセス画像

→ニキビ太郎が実践した劇的にニキビを予防する方法はこちらをクリック!

  • POINT!
赤ニキビは深刻な肌の病気です。そのためしっかりとした根本的な治し方でないと、炎症の悪化や最悪の場合、ニキビ跡を残す危険性があります。なので、ニキビ太郎も実践した一日でも早く炎症を抑える方法も以下で紹介していきますね!
赤ニキビの原因と治し方について

顔に赤ニキビができると、他の人にも目立つし、さらには酷い痛みも伴うので、本当に憂鬱な気分になりますよね。。

そんな赤ニキビは、ニキビの炎症段階の中でも酷い部類に入ります。なので、この赤ニキビが長引くと、色素沈着やクレーターのニキビ跡を残す可能性もあるので、治し方にも大変注意が必要な肌の病気です。

この段階まできていると、まずは皮膚科に行ってお医者さんのチカラを借りながら、自宅でも最大限できるニキビケアをされることをニキビ太郎はオススメしいたいです。

原因について

赤ニキビを正しく治すために、まずは出来る原因をしっかりと抑えていきましょう。そうするこで、赤ニキビの予防スピードが劇的に早くなるとニキビ太郎は実感しています。

favicon 赤ニキビは炎症している

赤ニキビが出来たときは、そのほとんどの場合、その前段階である白ニキビを経てから赤ニキビになっています。

白ニキビの段階では、古い角質(垢)や汚れによって毛穴が塞がり、その中に皮脂や汚れが詰まっているだけの状態ですが、

白ニキビできる過程イメージ

その詰まった時間が長くなると、その毛穴の中に詰まった皮脂が大好物である「アクネ菌」などの恰好の餌食になってしまいます。そうなると、アクネ菌は毛穴の中で大量に増殖し始めます。

このアクネ菌が毛穴の中で大量繁殖して、アクネ菌が皮脂を食べたお礼として排出した「ポルフィリン」という毒素が、毛穴を酷く炎症させてしまう状態が「赤ニキビ」なんですね。

赤ニキビになるプロセスイメージ

まとめると、

赤ニキビは、毛穴の中でアクネ菌が大量繁殖し、そのアクネ菌が出した毒素によって、毛穴が酷く炎症している状態

です。この段階になると、他の人からもわかるくらい目立ちますし、痛みや痒みを伴うこともあります。

なので、赤ニキビができる原因も基本的には白ニキビのときと同じように毛穴が詰まっている状態です。

それが炎症してしまった時に「赤ニキビ」になるんですね。なので、根本な原因は白ニキビと同じく、皮脂の過剰分泌や肌のターンオーバーの乱れが大きな原因となります。

favicon アクネ菌は、なくてはならない存在

アクネ菌イメージ

アクネ菌と聞くと「あ〜くねくねアクネ菌」と小池徹平君がCMで言っていたのを思い出すのは、ニキビ太郎です。

さて、アクネ菌は何かとニキビの原因だというイメージが強い方が多いかもしれませんが、実は常在菌の1つで、肌にはなくてはならない存在なんです。

アクネ菌は普段、肌のバランス状態を上手に操作し、肌の状態を正常に保てるようにしてくれる役割を果たしてくれています!!

そして、肌を弱酸性にしてくれて、肌を外敵から守る仕事も担ってくれているているんですね!

ですが、アクネ菌は皮脂が大好物かつ嫌気性(酸素を嫌う)性質をもっているので、時に皮脂の詰まった毛穴に入り込み、悪さをしてしまうんですね。。

毛穴の中に入ったアクネ菌が増殖すると、リパーゼという脂肪分解酵素によって皮脂を遊離脂肪酸に分解します・・・

これ以上は益々難しくなるので、この続きはアクネ菌のページで解説していますので、良かったら是非参考にしてみてくださいね!

→必見!アクネ菌が吹き出物や肌荒れの原因に!?

正しい治し方

赤ニキビの正しい治し方について

赤ニキビの出来た肌を、一日でも早く元の綺麗な肌の状態に戻すには、適切な処置が必要となりまし。

また、赤ニキビは原因が複雑に絡み合っていたり、少しでも間違うと色素沈着やクレーターのニキビ跡を残すことがあるので、なおさら注意が必要な状態なんですね。。

なので、赤ニキビにまで進行してしまったニキビは、既に僕たちの日頃の努力だけでは綺麗に炎症を納めることは非常に難しい状況なんです。

なので、ニキビ太郎が正しく赤ニキビを治すために、まずは「皮膚科に行く事」を絶対条件にしています。

こう言うと「いやいやニキビなんかで皮膚科に行けないよ」と思われる方もいらっしゃると思います。実は以前のニキビ太郎も同じ考え方だったので、その気持ちがよく理解できます。

ですが、ニキビは肌の病気なんです。例えば、手のひらに大量に赤ニキビができたら皮膚科に行こうとなりませんか?僕はそのことに気づいてから直に病院に行きました。

favicon 皮膚科に行くと

ニキビ太郎が皮膚科から処方してもらったお薬

炎症の強い赤ニキビには、ダラシンTゲルやアクアチムクリームといった外用抗生剤(抗生物質)やルリッド錠、ミノマイシン錠、クラリス錠といった内服抗生剤が処方されるケースが多いと思います。

他にもニキビ太郎の友人はビタミン剤を処方してもらったという人もいました。

ニキビ太郎の場合は皮膚科に行って「ディフェリンゲル・ダラシンTゲル・ダラシンTローション」などを処方してもらいました。

ここで注意したいのは、皮膚科のお医者さんが処方してくださる抗生物質でも、根本的な赤ニキビ対策とは言えず、目下の炎症を抑える役目に留まるということです。

また、継続して使うと効き目が薄くなることも考えられます。

なので、根本的に赤ニキビを良くするためには、白ニキビと同様に普段の生活習慣やスキンケアを、抗生物質で炎症を抑えている間に行う必要があります。これは自分で努力していかなくちゃいけない部分になりますね。

次に、毛穴に詰まった膿を排出することもあります。(面皰圧出)ニキビ太郎も実際に何度か膿を取り除いてもらいましたが、結構痛いです。(汗)

だけど、自分でしたら絶対にニキビ跡を残していただろうなというレベルのものも綺麗に取り除いてもらったので、皮膚科に行って本当に良かったと今になっても強く思います。

ニキビ太郎も皮膚科でもらうお薬を使いながら、その間に必死にスキンケアを見直し、そして食生活を根本的に変えていきました。

favicon スキンケアの方法を変える

ビーグレン18

よく洗顔を見直せば簡単に赤ニキビが良くなるよ!といったサイトやブログを拝見しますが、ニキビ太郎は決してそんなことはないと実感しています。

むしろ怒りすら覚えています。以前の僕もネットの情報を鵜呑みにして洗浄力の洗顔料を使ってみたりしていたからですね。。これは自分の知識不足のせいなのですが、それでも簡単に赤ニキビが簡単に良くなるという情報を載せるのはどうなのかな?と感じてしまいます。

といっても、赤ニキビを正しく治すためには洗顔の仕方などスキンケアの方法を見直すことが非常に大事になってきます。何度も書きますが、もちろんスキンケアを見直すだけでなく、他の生活習慣を見直すことも非常に重要となります。

ニキビ太郎が実践したスキンケアの方法は以下のリンク先の記事に全てを記録したので、是非参考にしてみてください。

スキンケアについてボタン
→ニキビ太郎が実際にしているスキンケア方法の全手法

favicon 食生活を変える

食事見直すイメージ画像

赤ニキビを綺麗な元の肌に戻すには、バランスのいい食生活が欠かす事ができません。

肉や魚ばかり食べてもダメですし、逆にヘルシーに野菜ばかりのメニューも、胃や腸に負担をかけてしまうことになります。

新しい肌細胞を作る為には、タンパク質、脂質、ビタミン・ミネラルなど全ての栄養素がバランスよく必要となります。なので、お肉や魚をしっかりと食べて、野菜も豊富な種類を使ったメニューがオススメです。

食生活については以下のリンク先の記事で詳しく書いているので、是非参考にしてみてください!

食生活についてボタン
→ニキビ太郎が実践した食事方法の全て

favicon ストレスを溜め込まない

怒っているイメージ

ストレスは肌に悪影響を与えることは、科学的にも証明されているくらい良くないことです。

人は強いストレスを受けると、体内で細胞の老化を加速させる活性酸素を大量に発生させたり、男性ホルモンを通常よりも過剰に分泌するようになります。

男性ホルモンが多く分泌されると、それが皮脂の過剰分泌にもつながりますし、角質を硬くする角化異常という症状も起こる可能性が高まり、益々赤ニキビをつくる原因となってしまいます。

そのため、ストレスを普段から溜め込まないように、自分だけのストレス発散方法を持つ事をオススメしたいです!

ニキビ太郎は、仕事が終わってから必ずウィーキングやジョギング、雨の日はストレッチをするようにしています。そうすることで無心になって体を動かし、気づいたら気持ちがスッキリしていることが多いです。

→注意!ストレスは吹き出物や肌荒れの原因になります。

favicon お酒を控える事

お酒イメージ

ニキビ太郎は、ニキビを絶対によくする!と決心した日から一年間は本当にお酒を飲まなかったです。

お酒に含まれるアルコールは少量であれば健康に良いとされていますが、毎日摂取したり、飲み過ぎたりすると、アルコールの分解に大量のビタミンを必要として、満足肌のターンオーバーができなくなること考えられたからですね。

また、甘いお酒に含まれる糖質も取りすぎると皮脂を過剰分泌させることにつながります。

このことからニキビ太郎はお酒を断ちました。ですが、お酒を飲む事がストレス発散になっている人もいると思います。そんな人は、まずは飲む量を減らしたり、糖質の入っていないものに変えることから試してみる事をオススメしたいです。

→注意!お酒を飲み過ぎると吹き出物や肌荒れの原因になります。

赤ニキビを良くする為に絶対にしてはいけないこと

favicon 間違った情報に振り回されない

目薬と綿棒イメージ

情報の判別はものすごく難しいですよね。。ニキビ太郎もこれまで本当にたくさんの情報に振り回されてきた気がします。。(汗)

例えば、「赤ニキビにオロナインを塗ったら良くなりました!」とか「目薬に炎症を抑える効果があるらしいよ」とか、「ニキビには氷を使うと炎症が治まる」とか、「蒸しタオルで毛穴を開いて汚れを取るといいよ」とかですね。。

本当に今思うと結構間違ったことも多いと感じるものが多いです。特に目薬が効く!って目にしたときはちょっとビックリしましたね。実際にニキビ太郎もためしてみましたが、効果はありませんでした。。(汗)

実際に良くなった人もいるとは思うんですが、それはきっとたまたま自己治癒力で良くなったケースなんだとニキビ太郎は考えます。

なので、こういった情報には振り回されずに、赤ニキビで悩んでいるならまずは良い皮膚科に行く事に労力を使った方がいいと僕は思います。

簡単に赤ニキビが良くなることはないからですね。

→【検証】色素沈着や赤みに目薬が効果あるのか徹底的に調べてみた!

favicon 必要以上に洗顔を繰り返す

洗顔イメージ

以前のニキビ太郎も赤ニキビができる原因は、とにかく自分の顔に大量に出ている皮脂や汚れだと思い込んでいたので、ニキビ用の洗浄力が強い洗顔料を使って1日に4回以上も、ゴシゴシと力強く洗顔をしていましたね。。

1日でも早く赤ニキビを良くしたかったからですね。。

ですが、こんな間違ったスキンケアでは洗顔をすればするほど肌はボロボロになっていきます。皮脂は余計分泌されるようになりますし、肌はどんどん乾燥しやすくなります。また毛穴が開きやすくなったり、肌がゴワゴワしたりですね。。(汗)

実際にニキビ太郎も間違ったスキンケアを続けた結果、赤ニキビが良くなるどころか逆にニキビは増え続け、顔には大量の色素沈着やクレーターのニキビ跡が残るようになりました。。(涙)

なので、赤ニキビができても、決してニキビ用のもので洗顔をするのではなく、皮膚科に行ってお医者さんとまず相談してみることをオススメしたいです。

また、シャンプーや洗顔料のすすぎ残しもニキビの原因となっている可能性があるので、すすぎ過ぎにも注意しながら、しっかりと洗顔料を洗い落としたいです。

→必見!シャンプーが吹き出物や肌荒れの原因に!?その真実に迫ります

favicon ダメな皮膚科に固執しない

皮膚科イメージ画像

ニキビ太郎最初に行った皮膚科は、お医者さんが結構適当で、赤ニキビに何年も酷く悩んでいると相談しても、ビタミンCが配合された約5,000円の化粧水を渡されただけで診療が終わりました・・・時間にして5分程度でした(泣)

後にその皮膚科がハズレだということに気づき、今度は違う皮膚科に行くと、そこのおじいちゃん先生はとても親切に親身に悩みを聞いてくれて、スキンケアの方法や食事方法までアドバイスしていただきました。

その結果、今ではニキビで悩むことは少なくなり、こうやってサイトを作れるようになっています。

なので、皮膚科に行っても全然良くならない!と思っている人は、もしかしたら、その皮膚科の治療法がご自身に合っていない可能性もあるので、1つの皮膚科に固執せずに、どんどんセカンドオピニオンを取り入れることも検討すべきなのかもしれません。

favicon 潰すのは絶対にダメ

潰すのは絶対にダメイメージ

全ての種類のニキビに言えるのですが、自分の爪や指先、ピンセットや爪楊枝などでニキビを潰しては絶対にダメです。

これらの行為は酷いニキビ跡を残す可能性が高いです。特に赤ニキビや黄ニキビはダメで、中に溜まった膿を出すとしても皮膚科の先生にちゃんとした技術でやってもらうようにしましょう。

自分ですると失敗する確率が高すぎるので、また指先や爪先には菌や汚れがたくさんついている可能性が高いです。なので、赤ニキビを目立たなくしようと、ニキビを潰す行為は避けた方がいいとニキビ太郎は考えます。

→潰しちゃダメ!!少しでも間違うと、肌にボコボコを残す原因になります。

favicon アクネ菌をやっつけようとアルコールが入った洗顔料を使う事

避けたい洗顔料イメージ画像

アクネ菌は肌に必要な常在菌です。なので、全てのアクネ菌を退治しようとして、アルコールや刺激成分が入った洗顔料で殺菌しようとする行為も赤ニキビを悪化させる原因になってしまいます。

殺菌行為は、アクネ菌だけでなく、他の必要な常在菌までもやっつけてしまう可能性があるからです。また、常在菌がいなくなると肌の免疫力や抵抗力が下がり、他の肌トラブルが発生することが考えられます。

なので、洗顔をするとしても、自分の肌に合った刺激のない洗顔料を使うようにしましょう。

favicon メイクや髪の毛で隠すのもNG

メイクイメージ画像2

赤ニキビが酷いと、それを誰にも見られたくない気持ちはニキビ太郎もよくわかります。。カバー力の強いファンデーションやコンシーラーは綺麗に隠してくれる効果がありますよね。

ですが、赤ニキビをメイクや髪の毛で隠すことは逆に汚れや刺激を毛穴に与えることになり、炎症が悪化したり、最悪のケースだと色素沈着や一生消えないクレーターのニキビ跡が出来る可能性が高まってしまいます。

また、カバー力の強いファンデーションやコンシーラーは非常に油分が強いものが使用されているケースが大半だと思います。メイクや髪の毛で隠すなら、マスクの方をオススメしたいです。

ニキビ太郎は男ということもあり、あまりにニキビで辛いときはマスクで隠していました。あまりマスクも良くないのですが、ニキビによる精神的ストレスよりマシだと思っていたからですね。

また、マスクはメイクや髪の毛よりも肌への刺激は少ないと僕は思っています。なので、もしもニキビをどうしても見られたくない人は、メイクや髪の毛で隠すのではなく、マスクを使用することを僕はオススメしたいです。

夏はとても辛いですが、それでもニキビを見られることよりは精神的ストレスは少なかったと思っています。

→ニキビを隠すためのメイクはしない方がいい!!

favicon 市販のニキビケア商品を使う事

市販のニキビケア商品イメージ

ニキビ太郎も過去に、ニキビに塗る市販薬をドラックストアなんかで買って、夜寝る前につけたりしていましたが、それで良くなることは無かったです。むしろ悪化したとさえ思っています。

市販のお薬には、確かにニキビに有効な成分が配合されているのかもしれませんが、その配合量は皮膚科で処方されるお薬には遠く及ばないと思っています。

効果の高いものは、やはりお医者さんの処方が必要となるからですね。。

もしも市販のお薬で良くしたいと思っている人は、それよりも決して市販のお薬には配合できないさらに有効な成分が配合された、皮膚科のお薬を処方してもらうほうがニキビ太郎はオススメしたいです。保険適用なので、皮膚科でのお薬もそれほど経済的な負担にはならないと思っています。

→【検証】市販のニキビ薬でオススメなのは一体どれ!?効果があるものを厳選しました!

favicon 不衛生な寝具で寝る事

今治タオルイメージ画像

既に赤ニキビが酷い人は、毎日枕のシーツやタオルを変えていると思いますが、もしもずっと枕やシーツを交換せずに寝ていて、ニキビが酷い人は、まずは枕のシーツやカバーを清潔にすることをオススメしたいです。

枕や寝具には、毎晩かく汗や汚れで結構汚れています。また髪の毛にも汚れがたくさんついていることがあります。

なので、ニキビ太郎は毎日枕にかけるタオルは清潔なものに交換しています。

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

→注目!ニキビの種類を画像別で紹介!大きく分けて5つに+αに分類されます。

コメントを残す

このページの先頭へ