注目!思春期ニキビの治し方を原因から根本的に見ていきます!

[最終更新日]2016/07/14

ニキビ跡プロセス画像

→ニキビ太郎が実践した劇的にニキビを予防する方法はこちらをクリック!

  • POINT!
ニキビ太郎も思春期ニキビでかなり悩みました。特に高校生の頃が1番酷く、ニキビのせいで人に会いたくなくて、学校に行きたくなるほど精神的に追いつめられていたのを今でもハッキリと覚えています。なので今回は、その思春期ニキビの正しい治し方を原因といった根本のところから見ていきます!
思春期ニキビの原因と治し方について

何かと多感な時期である10代の頃に、ほっぺた・おでこ・鼻といった箇所に大量のニキビができると、誰でも辛いと思うんです。僕もずっと下を向くようになって性格もすごく暗くなりましたし、親しかった友人達と遊ぶことも段々減っていきました。(泣)

顔にニキビがあるせいで、人生に全く希望が持てなくなって、何をしても楽しくなかったです。また、朝起きて鏡を見る事が怖かったです。。

酷い時は、本気で「死にたい」と思っていたほどです。ニキビは本気でそれくらい心に深刻なダメージを与える、恐ろしい肌の病気です。

なので、今回はそんな思春期ニキビの治し方を原因から詳しく見ていき、どうやったら一日でも早く思春期ニキビを治せるのかを紹介していきますね。

原因について

ターンオーバーの仕組みイメージ

思春期ニキビができる原因は、成長に伴う体内のホルモンバランスの乱れによって、通常よりも皮脂が過剰に分泌したり、肌の新陳代謝(ターンオーバー機能)が乱れることにあります。

ニキビは毛穴の中に皮脂が詰まることで発生する、肌の病気です。なので、皮脂が通常よりも多く排出されると、それだけ毛穴に詰まりやすくなります。

また、肌のターンオーバーと呼ばれる肌を新しい細胞に入れ替わる作業においても、そのペースが乱れてしまうので毛穴が詰まりやすくなってしまうんですね。

favicon 体内のホルモンバランスが大きく関係している

男性ホルモンの増加はニキビの原因に!?イメージ

また、思春期に突入すると、より大人の人の体に近づくための成長ホルモン(性ホルモン)が多く分泌されるようになります。

特に、男性ホルモンが思春期ニキビに大きな影響を与えていると言われています。※女性でも男性ホルモンは分泌されています。

男性なら主に睾丸から、女性なら主に副腎皮質という場所から男性ホルモンが分泌されています。

さらに、思春期には「DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)」と呼ばれる性ホルモンが多く分泌されています。

*なんだかカタカナだと難しいので、ここでは「デヒドロエピアンドロステロン」を【DHEA】と略して書きますね!

favicon では、DHEAって何なのでしょうか?

DHEAとは、男性ホルモンや女性ホルモンに変わる前の性ホルモンと言われています。そして、このDHEAは皮脂腺の成長にも深く関わっています。

また、女性にこのDHEAが多く分泌されていると、ニキビができる直接的な原因になると言われています。

ですが、適量に分泌されていれば女性ホルモンとして肌の状態を良くしてくれる超大事なホルモンです!

DHEA参考図

↑加齢に伴うDHEA(血液の中に含む濃度)の推移

上の図をご覧ください。

男性・女性の両方とも、DHEAホルモンの分泌量は、生まれてすぐの時期と思春期にあたる時期に、最も分泌されていること(ピーク)が分かりますね!

―――――――――――――――――――――――――――

グラフで確認すると、思春期の真っ只中にいる中学生時代からニキビができやすくなってくるのです。確かにニキビができやすくなるのは、僕の周りでも中学生になってからでした。

周りの友達の声が急に変わったり、背が伸びたりと成長著しい時期でした。約10年前が懐かしいです。。

―――――――――――――――――――――――――――

このように、ある意味、思春期にニキビができるのは仕方のないことなのかもしれませんね。。

favicon 学生時代のストレスの影響も大きい

ニキビ太郎は、学生時代のストレスもこのニキビに大きな影響を与えていると思っています。

・毎日の勉強や試験、入試についての悩みだったり
 ・先輩や友人との人間関係だったり
 ・反抗期による家族との喧嘩だったり
 ・恋愛が上手くいかなかったり
 ・顔中にあるニキビがあることで大きな悩みになったり

勉強イメージ

など、学生時代は本当に悩みがつきませんよね。。これらの悩みが強いストレスに感じるようになってくると、人の体内ではストレスに対抗するために、男性ホルモンを分泌しようとします。

男性ホルモンが多く分泌されると、その影響によって皮脂もより過剰に分泌されたり、肌の一番上にある角質層を硬くして、毛穴を詰まらせやすくしてしまう作用があります。これらは全てニキビや吹き出物を作る原因となります。

ニキビ太郎の場合は、思春期ニキビができるようになってからは、毎日ニキビのことで悩んでいました。好きな子がいても、ニキビがあるせいで自分に自信が持てなくて、本当に辛かったです。本当にこれも大きなストレスになっていました。。(涙)

→注意!ストレスは吹き出物や肌荒れの原因になります。

favicon 睡眠不足

睡眠不足はニキビの原因ですイメージ

次に考えられるのが睡眠不足です。特に試験の前になると徹夜して試験勉強をする人が多いと思います。ニキビ太郎も普段から宿題程度をするくらいだったので、試験前になって慌てて徹夜で暗記していました。

もちろん、日頃から夜遅くまで起きている人もいると思います。ですが、この睡眠時間が不足することは、思春期ニキビを悪化させる大きな原因となってしまいます。

人は寝ている時に、成長ホルモンが分泌され肌の新陳代謝が活性化します。また、寝る事によって溜まったストレスを解消してくれるといった効果まであるんですね。

ですが、試験で徹夜したり、夜遅くまでゲームやスマホで友人達と連絡をとっていたりするとこの成長ホルモンが十分に分泌されにくくなります。その結果、体内のホルモンバランスは益々乱れ、ストレスも溜まりやすくなります。

そして、思春期ニキビが悪化するといった負の連鎖まで始まる可能性があります。

他にも、思春期ニキビの事で思い詰めて夜寝れないなんてことが考えられます。ニキビ太郎も思春期で悩みすぎて、一晩中寝れなかったことが学生時代に何度かあります。

→注意!睡眠不足は吹き出物や肌荒れを引き起こす原因となります。

favicon 過剰な洗顔が問題

過剰な洗顔イメージ

思春期ニキビを良くするためには、「まずは洗顔!」と思い込んでいる人は意外と多いと思います。実際にニキビ太郎もニキビが酷く、初めてのニキビ対策は「洗顔」でした。

当時はニキビ太郎の母親が、僕の酷くなったニキビ顔をみて、ナリス化粧品さんのピンクの洗顔料を友人から買ってきてくれて「コレを使ってみなさい」という感じで渡されたので、それを使っていました。

だけど、一向に良くなら無かったので、一日にする洗顔の回数を増やしたり、すぐに違うさらに洗浄力の強いスクラブ入りメンズ用(ニキビ用)洗顔料を使ったりしていましたね。

当時は、強力な洗顔で顔にある皮脂や汚れを洗い落とせば、すぐにニキビなんて治るさー!と楽観視していました。肌に関する知識は全くなく、勝手にニキビの原因は顔の皮脂や汚れのせいだけだと決めつけていたからですね。

だけど、当時のニキビ太郎のような洗顔の仕方では肌をボロボロにする間違ったスキンケアだったと、今になってハッキリとわかります。

思春期ニキビを治すためにすべき洗顔方法は、全然違います。詳しくは、このページの下部にある「思春期ニキビの正しい治し方」の項目詳しく書きますね!

特徴について

favicon 何歳の頃まで出来るのでしょうか?

学校イメージ画像

この思春期ニキビは、早い人で小学校の高学年から遅い人で高校生の頃から出来始めると言われています。実際にニキビ太郎の友人は、背が伸びるのが早い人ほど小学校の後半から顔にニキビがありました。その人は背中のニキビを酷かったのを覚えています。

ニキビ太郎自身は人よりも成長が遅く、高校2年生になったばかりの頃から思春期ニキビが突然、顔に大量発生してきました。最初は、ニキビ=青春のシンボルだと自分で思っていたし、周りも「そのうち治るさー!」と言ってくれていたので、安心していたのですが・・・ニキビ太郎はそれから人よりも悪化していきました・・・(泣)

なので、思春期ニキビは何歳までに良くなると断言することはありません。ニキビ太郎のように、高校を卒業してからもずっとニキビで悩む人も大勢います。

favicon 出来やすい部位について

皮脂腺の多い場所イメージ図

思春期ニキビの特徴としては、主に皮脂の分泌が過剰になりやすい部位である”おでこ”や”鼻”といった「Tゾーン」と呼ばれる場所に多くできると言われています。

実際にニキビ太郎も初めてニキビができたのは、確かにおでこでした。白いブツブツが現れて、そのうち鼻に赤いニキビが出来るようになっていたのを記憶しています。

ニキビ太郎は学生時代、野球部・ソフトボール部に所属していたので、毎日土埃で顔を真っ黒にして帰っていました。なので、ニキビ太郎の顔はTゾーンだけでなく、ついには両方の頬にまで赤ニキビが大量に発生するようになりました。。(汗)

このように、Tゾーンが皮脂の分泌が多いので確かにその部位に出来やすいのですが、思春期ニキビは間違いなく顔全体にできます。

ニキビ太郎も常に白いブツブツが顔に出来ていましたし、それはしばらくすると赤ニキビへと変貌していきました。

野球部の仲間は、ニキビ太郎のようにニキビが一杯出来ている人は多かったですね。中には僕よりニキビが酷かった後輩がいました。。彼は背中や胸の間もニキビで真っ赤になっていましたね。。

背中や胸の間も皮脂腺が多く、思春期ニキビが出来やすい部位と言われています。

favicon 思春期ニキビは大人になれば自然と治る?

他のサイトやブログさんでは、思春期ニキビは自然と治ると書いてありますが、、そんなことはありません!!

ニキビ太郎は高校を卒業してからもずっとニキビで悩み続けてきました。。(涙)

なので、思春期(成長期)を乗り越えれば、自然と治る人もいれば、治らない人もいるということになります。

大人になったら治るから大丈夫かな。と楽観視していたら、本当にニキビ太郎のように、肌に酷い凹凸のニキビ跡やシミ(色素沈着が残ったりしてしまいます。なので、しっかりと思春期のうちから正しい治し方で対策をしておく必要があります。

思春期に出来たニキビは、思春期で消し去り、他の人と一緒に笑顔で青春を送る方が絶対に良いです。

ニキビ太郎は、思春期ニキビのせいで青春時代というのが無かったので、本当に後悔しています。。

絶対に青春時代は、気の合う友人達と一緒に笑って遊んだりするのが絶対にいいです。

正しい治し方について

思春期ニキビを、一日でも早く治す為に必要な正しい治し方への第一歩は「まずは皮膚科に行く事」になります。

こう書くと、「ニキビで皮膚科に行く事は恥ずかしい」とか「ニキビはそのうち治るよ」とか、「市販のニキビ治療薬で十分だよ!」といった言葉をよく耳にします。

ですが、ニキビ太郎が思春期ニキビで悩んだ時に1番後悔していることは「一度も皮膚科に行かなかったこと」です。

ニキビ太郎が皮膚科から処方してもらったお薬

僕は20代になってから初めて皮膚科に行って、そこで親身になって相談に乗ってくれた皮膚科の先生がいたから「死にたい」とまで思うようになったニキビを、ここまで克服することができました。

周りの友達や両親から「ニキビは青春のシンボルだから、そのうち治るよ」という言葉を信じて、じっと我慢していた結果、後に酷いニキビ跡を残すことになり、ニキビのせいで鬱病のような状態になってしまいました。

思春期ニキビは、酷くなりすぎると、絶対に自分だけの力では解決できなくなってしまいます。これはニキビ太郎も経験済みです。だからこそ、早く皮膚科に行って適切な処置を施してもらって、必要なお薬を処方してもらうべきなんです。

そうすることで、思春期ニキビの改善スピードは圧倒的に早くなるとニキビ太郎は思っています。

favicon ニキビのことをご両親に相談することができない人へ

実はニキビ太郎も学生時代は両親に自分から「ニキビのこと」を相談することができませんでした・・・

両親もニキビは皮膚科に行かなくても、そのうち治ると思っていたからですね。。

だけど、ニキビは肌の病気なんです。

例えば酷い風邪にかかって全然治らなかったら、内科を受診すると思うんです。それと同じようにニキビが酷く、全然治らなかった皮膚科を受診すべきなんだとニキビ太郎は強く思っています。

だから、勇気を振り絞って、ご両親へ「皮膚科に行きたい」という旨を是非伝えてほしいと思います。

ニキビ太郎自身も、あの時皮膚科に行かせてもらえたら人生がまた違っていたと思います。あのとき勇気を振り絞っていたら、、と今でも後悔することがあります。

もし金銭面が問題なら、自分でバイトをすることも必要かもしれません。ニキビ太郎もお小遣いの範囲で使ってみたい化粧水や洗顔料が買えずに、学校で禁止されていたバイトをコッソリして必死に稼いで「新しいニキビケア商品を買っていました」・・・

今思えば、その費用と労力を皮膚科に行って使えばよかったのですが、、当時の僕は本当に間違っていました(汗)

だからこそ、他の人には同じ過ちをしてほしくないんです。ニキビは肌の深刻な病気です。たった一個のニキビでも、インフルエンザにかかったくらい大袈裟にしていいと思っています。

どうか、一人でも多くの思春期ニキビで悩む人がいなくなるこを切に願っています。

favicon スキンケアについて

ニキビケア商品一覧

思春期ニキビの原因は、確かにその世代特有の皮脂の過剰分泌が大きく影響していると思いますが、だからといって皮脂を全て落とすようなニキビケア用の洗浄力の強い洗顔料でゴシゴシと洗ってしまうことは絶対にNGです。

肌は皮脂が一定量あることが理想です。皮脂があるから肌のバリア機能が守られているからですね。ここでポイントなのは、「一定量」だということです。その量は個人差があるのでこの程度と説明することができませんが、目安としては、

洗顔をした後に、顔がツッパったり、カサカサと乾燥しない程度に洗えることが理想です。

もしも洗顔をした後に、直ぐに乾燥するとか、逆に皮脂が大量に出てすぐにテカテカになるようなら、過剰な洗顔をしていると言えると思います。

また、洗顔後にニキビケア商品に多いアルコールなどの殺菌成分を含んだ化粧水(プロアクティブやオードムーゲなど)で保湿するのも思春期ニキビにとって逆効果となるので大変注意が必要です。

そこで、ニキビ太郎が酷かったニキビやニキビ跡を良くする為に実践したスキンケアの方法を、以下のリンク先の記事にまとめています。是非参考にしてみてください!

ニキビ跡治療プロセス画像

→僕が短期間でニキビを劇的に改善したスキンケアは、こちらをクリック!!!

favicon 食生活

スナック菓子イメージ画像

成長期になると、それまでの2倍3倍の量を食べるようになることもあると思います。ニキビ太郎も背が伸びるのは遅かったですが、食べる量は小学6年生の頃から他の人よりもグンを抜いてたくさん食べていました。

ですが、その食生活もニキビを作る大きな原因になってしまっていることがあります。

例えば、ニキビ太郎が通っていた高校の近くの駅前には、マクドナルドやミスタードーナツ、ケンタッキーといったジャンクフードと呼ばれる食べ物を販売しているお店があって、よく学校帰りに買って食べたりしていました。

また、コンビニでおにぎりやパンを買って食べていました。

中学生の頃は、学校の近くの駄菓子屋さんに寄り道して5円チョコやスナック菓子などを買って空腹を満たしていました。

ですが、これらの食品には、トランス脂肪酸と呼ばれる体によくない脂質や大量の糖質などが大量に含まれていて、それを分解するために、本来であれば肌を綺麗にするために必要な栄養素(ビタミン)などを消費するようにしてしまうんですね。。

その結果皮脂が大量に分泌されたりして、さらに思春期ニキビが悪化してしまうんですね。。

なので、出来ればこれらの加工食品を食べるのではなくて、家で食べれる健康的な食事を多く食べるといったことが大事になります。

といっても、学生時代にはしょっちゅうお腹が空きますよね?また、チョコレートを1かけら、2かけら、ポテチを1枚2枚と少し口にするなら、大丈夫だと思います。何事も食べ過ぎない事が非常に大事になります。

以下にニキビ太郎が、酷いニキビやニキビ跡を良くする為に実践した食生活について、以下のリンク先の記事にまとめましたので、是非参考にしてみてください!

ニキビ跡治療プロセス画像

→僕がニキビを劇的に改善した食生活はこちらをクリック!!!

思春期ニキビで注意したいこと

favicon ニキビを触らないこと

ニキビを触るイメージ

ニキビ太郎も初めてニキビが出来た時は、ついつい気になってしょっちゅう触っていました。今ニキビができたら絶対に触りませんが、初めて出来た時は気になって気になって仕方なかったです。

授業中に気づいたら無意識のうちに触ったりしていたので、ニキビを触ることがクセになってしまっている人も多いかもしれませんね。。(汗)

手には汚れや菌がついている場合が多いので、絶対に手や指先で触らないようにしましょう。

また触らなくても、髪の毛で隠すことは絶対に辞めた方が良いです。これはニキビ太郎の妹の話なのですが、おでこに出来たニキビを前髪で隠すように過ごしていました。

確かに髪の毛で隠すと、普段は人に見られないのでいいのですが、髪の毛には汚れや汗が付着しやすく、さらに髪の毛が肌に当たったときの刺激でニキビが炎症してしまう可能性もあるので、この行為は避けた方がいいです。。

ニキビ太郎の妹は、髪の毛でニキビを隠し続けた結果、今でもおでこに少し凹凸が残っているので、前髪をあげた髪型にすることができないと言っていました。。

favicon 間違った治し方を続けてしまうこと

目薬と綿棒イメージ

ニキビ太郎も、過去にはずいぶんと間違った口コミやインターネットサイトの情報にに振り回されてきました。

例えば、思春期ニキビには氷を肌に当てると良いとかですね。実際に、何日も冷たい氷を肌に何分も当てていました。ですが、思春期ニキビが良くなることは無かったです、、(泣)

当時は、氷で毛穴を引き締めると肌が強くなると聞いて鵜呑みにしていたのですが、今思うと、毛穴を引き締めると逆に毛穴に皮脂が詰まりやすくなり、逆にニキビや吹き出物が出来やすくなるよなーと考えたり、

何分も冷たい刺激を与えると、その刺激原因で肌荒れを起こしてしまう可能性もあったと思っています(汗)

他にも、ニキビに目薬を付けるとか、蒸しタオルで毛穴をしっかりと開いてから洗顔をするとかですね。。

これらをする理由を聞くと、一見良さそうに聞こえるのですが、よく考えると、過剰に肌の皮脂を洗い落としたりする原因となったり、全く意味がない行為だというに気づくまで大分時間がかかりました。(汗)

また、ニキビ太郎は両親からずっと洗顔をしなさいと言い続けられてきました。確かに、皮脂の分泌が多くなっている思春期には、ある程度の洗顔も必要かもしれません。ですが、遣り過ぎると逆効果になります。

ニキビ太郎の両親は一度もニキビで悩んだことがなく、自分たちの中の常識(価値観)をニキビ太郎に押しつけいたことに、後になって気づきました。

もちろん、ニキビ太郎のことを思って言ってくれていたことなんですが、両親は正しい知識をつけないまま、ある意味無責任に自分たちの考えを押し付けていたことに近いと思います。

ちょっと長くなりましたが、何が言いたいのかというと、

「人から聞く情報を完全に鵜呑みにしちゃいけない」ということを伝えたいです。

そのためには自分に知識がないと、その情報が正しのか、正しくないのか?信じていいのか?信じたらちょっとまずいなと判断できるのかは、自分の知識をベースにしないとできないことだとニキビ太郎は思っています。

ニキビに関する間違った情報を鵜呑みにしたら、後に酷いニキビ跡を残して、ニキビ太郎のように「ニキビのせいで本気で死にたい」と自殺まで考えるようになってしまいます。

favicon メイクで隠さない事

メイクイメージ画像

これは特に女の子の場合ですが、中学生になって顔にニキビが出来ると、それをどうしても隠したくなって、メイクをする人もいると思います。。

ですが、そのメイクがニキビを悪化させることがあります。これもニキビ太郎の妹の話なのですが、髪の毛で隠せない頬のニキビを100均で買ってきたファンデーションで隠していたんですね。。

僕や他の家族が言っても全く聞き耳をもたず・・・次第に悪化していきました。。。ただでさえカバー力の強いファンデーションは油分が多く、肌への刺激が多いのに、100均のファンデーションとなるとさらにどんな原材料で作ってあるかわからないですよね。。

昔、安いファンデーションなどの化粧品には、アスファルトと一緒の油を使っていると聞いたことがあります。(真相は明らかではないです)

もしもそうだとしたら、めちゃくちゃ肌に悪そうな油を塗っているのと同じなので、それでニキビなどの肌荒れが悪化してもおかしくないことになります・・・(汗)

なので、化粧品を買って隠す労力と費用を、皮膚科に行って専門の治療を受けた方が絶対に良いとニキビ太郎は思っています。

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

→注目!ニキビの種類を画像別で紹介!大きく分けて5つに+αに分類されます。

コメントを残す

このページの先頭へ