驚愕!ビタミンB12がニキビの原因になっていた?その真相に迫っていきます!

[最終更新日]2016/07/15

ニキビ跡プロセス画像

→僕がニキビを劇的に予防できた食生活はこちらをクリック!!!

ビタミンB12がニキビの予防に!?イメージ

ビタミンB12の効果と言えば、貧血を予防したり、神経機能を正常化するだけでなく、肌細胞の新陳代謝(ターンオーバー)に関係する睡眠を促進する効果もあると言われているので、欠乏状態は避けたい栄養素です。

ですが、調べていくとビタミンB12は摂りすぎると逆にニキビや吹き出物といった肌荒れの原因になる可能性も高いという研究があることもわかりました!

なので、今回はその辺りにも注目して以下にまとめたので良かったら参考にしてみてください!

プロフィールについて

ビタミンB12イメージ

ビタミンB12は水溶性ビタミンの中の1つで、コバルトというミネラル(赤い色素)も含むビタミンの総称で、コバラミンや赤いビタミンと呼称されることもあるようです。

そんなビタミンB12は、記事の冒頭にも書いたように、貧血を予防してくれたり、神経機能を正しく機能させる作用があると言われています。

また、細胞の中にあるDNAやタンパク質の合成の際に補酵素としての活躍を見せてくれたり、睡眠を促す作用があるので、僕たち人が生きていく中で重要な働きをもたらしてくれるんですね。

→【寝れない】ニキビのことで頭がいっぱいになって眠れないのは何ら不思議なことじゃないです!

favicon 肝臓に数年分保管されている!?

納豆イメージ画像2

ビタミンB12は水溶性ビタミンですが、実は体内にある肝臓に数年分のビタミンB12が保管されていると言われています。

基本的には動物性の食品のみに含まれているのですが、例外としては発酵食品の納豆、そして”もやし”にも含有されています。

そして、人の腸内細菌も合成して作ってくれるビタミンであるとも言われています。

favicon 赤血球を構成する役割がある

ビタミンB12は、細胞分裂する時に必要な補酵素としての役割はもちろん、体の全身に酸素を運ぶための赤血球を作りだす働きもあります。

赤血球の寿命は基本的に約4ヶ月程度だと言われているため、骨髄では頻繁に新しい赤血球が構築されているんですね。

その際に体内では、葉酸という栄養素とビタミンB12が協力し合って赤血球を構成しているとされています。

貧血の際に用いられる!?

鉄(fe)イメージキャラクター

貧血の原因と言えば、体内に鉄分が不足することで発生する症状だと思っていましたが、実はその鉄分を十分に補給したとしても貧血が良くならないケースがあるようなんですね。

そんな時に大事になってくるのがビタミンB12だとされています。

ビタミンB12を摂取することで鉄を補給しても良くならない悪性貧血の症状を改善する作用があることが1948年にアメリカの研究者によって発見されたそうです。

なので、今では鉄を摂っても良くならない悪性貧血の問題は比較的容易に解決できるようになったと言われています。

一方で、ビタミンB12が不足するとこの悪性貧血が発生する確率が高まる可能性があると考えます。

一日の目安摂取量は?

牡蠣(ビタミンB12)イメージ画像

成人男性 : 2.4mg

成人女性 : 2.4mg

ビタミンB12は水溶性ビタミンですが、腸内細菌の働きによって体内でも合成されるビタミンです。

また肝臓に蓄積させることができるビタミンなので、普通にバランスのよい食事を継続的に摂っている人は不足することはあまりないとされています。

どんな食品に多く含まれているのでしょうか?

さんまイメージ

ビタミンB12は、

・かつお
サンマ
・いくら
・のり
・しじみ
・あさり

レバーイメージ

・牡蠣
・するめ
レバー
チーズ
牛乳
・納豆
・もやし

といった食品に含まれていると言われています!基本的には動物性食品ですね。

ニキビの原因になっていた!?

ニキビや吹き出物といった肌荒れとビタミンB12の関係性について調べていると、なんと

「ビタミンB12がニキビの原因になっている」

という文章を研究データを引用して説明してあるサイトやブログさんがたくさんありました。元データはこれになります↓

Abstract

Various diseases have been linked to the human microbiota, but the underlying molecular mechanisms of the microbiota in disease pathogenesis are often poorly understood. Using acne as a disease model, we aimed to understand the molecular response of the skin microbiota to host metabolite signaling in disease pathogenesis. Metatranscriptomic analysis revealed that the transcriptional profiles of the skin microbiota separated acne patients from healthy individuals. The vitamin B12 biosynthesis pathway in the skin bacterium Propionibacterium acnes was significantly down-regulated in acne patients. We hypothesized that host vitamin B12 modulates the activities of the skin microbiota and contributes to acne pathogenesis. To test this hypothesis, we analyzed the skin microbiota in healthy subjects supplemented with vitamin B12. We found that the supplementation repressed the expression of vitamin B12 biosynthesis genes in P. acnes and altered the transcriptome of the skin microbiota. One of the 10 subjects studied developed acne 1 week after vitamin B12 supplementation. To further understand the molecular mechanism, we revealed that vitamin B12 supplementation in P. acnes cultures promoted the production of porphyrins, which have been shown to induce inflammation in acne. Our findings suggest a new bacterial pathogenesis pathway in acne and provide one molecular explanation for the long-standing clinical observation that vitamin B12 supplementation leads to acne development in a subset of individuals. Our study discovered that vitamin B12, an essential nutrient in humans, modulates the transcriptional activities of skin bacteria, and provided evidence that metabolite-mediated interactions between the host and the skin microbiota play essential roles in disease development.

引用:( http://stm.sciencemag.org/content/7/293/293ra103 , 2016/06/14)。

アクネ菌イメージ

これは要約文なのですが、これをニキビ太郎流に簡単に日本語訳すると、

「とある研究者が、肌の研究参加してくれた人たちの肌から常在菌(アクネ菌)を採取し、それらを遺伝子解析しました。

その結果、肌トラブルを抱えている人ほど、肌にいる常在菌(アクネ菌)のビタミンB12の代謝能力が極端に低いということが明らかになりました。

ビタミンB12の代謝が悪いと、ポルフィリンという炎症物質を発生させやすく、それがニキビや吹き出物といった肌荒れの炎症にもつながっていると結論づけました。

さらに、研究者は参加者の人達に、ビタミンB12のサプリメントを摂取してもらい研究を続けた結果、サプリメントを飲んだ全参加者の肌の常在菌(アクネ菌)の遺伝子に変化が起こりました。

これは肌トラブルを抱えている人だけでなく、いたって健康な肌の人の常在菌(アクネ菌)でも発生していました。

つまり、体内に摂ったビタミンB12が常在菌(アクネ菌)の遺伝子を変化させ、それにより代謝能力に異変を起こさせていることが明らかになったということですね。

代謝能力に異変というのは、肌にポリフィリンの分泌が増加し、炎症ニキビや吹き出物といった症状を引き起こす原因になるということですね。

favicon ビタミンB12は摂取するなということなのか?

食事見直すイメージ画像

ビタミンB12を摂ると肌の常在菌(アクネ菌)の遺伝子が変化し、それがニキビの原因になっているのであれば、もうビタミンB12は摂取すべきではないということなのでしょうか?

ニキビ太郎は次のように考えます。

ビタミンB12を含む食品は、主に肉や牛乳といった動物性の食品です。そして、その動物性食品はタンパク質を多く含む食材でもあるので、肌細胞を作り出す材料にもなります。

なので、基本的には動物性食品は普段通りに食べ、サプリメントなどで過剰にビタミンB12を摂取するのを控えることが大事だとニキビ太郎は考えます。

そして、現段階ではまだどれくらいの量を摂取すると肌に悪影響を与えるのかがハッキリと明らかになっていないので、こういった研究もあるということは頭の片隅に入れておく必要はありそうです。

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

→必見!青汁はニキビの予防効果が期待できます!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ