驚き!鉄分不足がニキビの原因になっている可能性!?その真相に迫っていきます!

[最終更新日]2016/07/15

ニキビ跡プロセス画像

→僕がニキビを劇的に予防できた食生活はこちらをクリック!!!

  • POINT!
両頬に赤ニキビやあったり、顎といったフェイスライン(Uゾーン)に吹き出物が突然出来たり・・・実はそれ、体内に鉄分が不足していることが原因かもしれません。

鉄分不足がニキビの原因に!?イメージ

鉄は必須ミネラルに分類され、僕たちの体の血液内にある赤血球にあるヘモグロビンの主成分で、その赤血球が肌細胞に必要や酸素をを運ぶ役割を担っています。

なので、鉄分不足が肌細胞の細胞分裂に必要な酸素の不足にもつながり、結果として肌の新陳代謝(ターンオーバー)機能を低下させる恐れがあります。

肌のターンオーバーが乱れると、毛穴が詰まりやすくなり、ニキビや吹き出物といった肌荒れにつながる可能性がグンと高まってしまうんですね。

この他にも鉄分不足による貧血いった症状も引き起こしやすくなるとされています。以下で詳しくみていきますね!

肌のターンオーバー機能が低下する

記事の冒頭でも触れましたが、鉄分が不足すると肌の新陳代謝(ターンオーバー)機能が低下することが考えられます。

favicon 鉄分はヘモグロビンの主成分

鉄(fe)イメージキャラクター

人の血液に含まれる赤血球にあるヘモグロビンという酸素を運ぶものがあるのですが、そのヘモグロビンを構成している中心的存在は「鉄」なんですね。

ヘモグロビンは人が肺に取り込んだ酸素を上手くキャッチして、血液と一緒に体全身を巡ります。

こうやってヘモグロビンが全身にある細胞達の隅々まで酸素が届くように働いてくれています。

なので、もしも体内に鉄が不足すると、それがヘモグロビンの減少にもつながり、結果として体が酸欠状態に陥る可能性が出てきます。

そうなると、肌の細胞分裂(ターンオーバー)にも悪影響が出たり、貧血を引き起こしやすくなってしまいます。

favicon 肌の新陳代謝は酸素が必要不可欠

新しい肌細胞が構築されるためには、肌の皮下組織(肌の組織の下部分)に酸素や栄養素が必要となるんですね。

ターンオーバー仕組みイメージ

通常だと真皮組織(皮下組織)で作られた赤ちゃん肌細胞が日ごとに徐々に少しずつ成長しながら肌細胞の表皮の方(最終的には角質層)にまで運ばれ、最後は垢として剥がれていくのですが(これがターンオーバーですね)、鉄分不足によって酸素の供給量が少なくなると、肌の新陳代謝が満足に行われなくなってしまいます。

そうなるとどうなるでしょうか?

古くなった肌細胞は、いつまでたっても角質層に古い角質(垢)となって蓄積していきます。

これが肌のくすみにつながったり、古い角質(肌細胞)が毛穴を詰まらせる原因となり、結果としてニキビや吹き出物といった肌荒れを発生させてしまうことにつながってしまうんですね。

favicon シワの原因にもなる可能性大

乾燥イメージ画像

ニキビやくすみといった肌トラブル以外にも、鉄分不足は肌のシワやたるみの原因になる可能性があります。

その理由は、肌のハリというハリを決めるのは、肌の真皮組織の中にあるコラーゲンやヒアルロン酸といったものなのですが、それらを維持する為にも酸素は必ず必要となるからです。

なので、鉄分不足になって肌細胞自体に酸素が行き渡り難くなると、肌の保水力も低下するので、結果として、シワやたるみを増やす原因になる可能性が高まってしまうというわけなんですね。。。

また、鉄分不足によって肌の保水力が低下すると、肌の乾燥が引き起こされ、肌の痒みといった症状も出てくることが予想されます。
→注意!乾燥肌も吹き出物や肌荒れの大きな原因になります!

さらに詳しく見て行くと、

まさに鉄分不足は肌の老化現象だけでなく、様々な肌トラブルを引き起こしてしまう恐れがあるということになるんです。

貧血を引き起こす可能性大

カップヌードルイメージ画像

鉄分が不足すると、貧血を引き起こしやすくなると言われています。

貧血は、血液に含まれるヘモグロビンの量が規定量よりも減ってしまうことによって、体内における酸素の供給が満足に行えていない際に起こる、めまいや頭痛、動悸や息切れ、食欲不振や疲れが溜まりやすいといった症状です。

実はニキビ太郎もニキビが酷い頃はカップ麺や冷凍食品といった加工食品ばかりを食べていたので、完全に鉄分不足に
陥っていました。

→注意!過食や偏食は吹き出物や肌荒れの原因です。

なので、その頃はちょっとかがんで立ち上がる時に強烈にクラクラと貧血を引き起こしていました。本当に目の前が暗くなっていくんですよね。。。しゃがんで立ち上がる度にそれなので、本当に辛かったのを記憶しています。

ニキビ太郎のように酷い貧血にならないためにも、日頃から鉄分を意識して上手く摂取していく必要があると考えています。

鉄分不足は、ニキビといった肌トラブルや貧血だけでなく、免疫機能の低下や運動機能、認知機能、集中力の低下といったことにもつながるので、鉄分そのものについて以下で詳しく見て行きますね!

体内には2種類の鉄分が存在している!?

赤み肉イメージ画像

先述しましたが、鉄分は必須ミネラルの1つに数えられ、主に赤血球内のヘモグロビンを構成している成分です。赤血球は血液と一緒に全身にある細胞達に新しい酸素を届ける役割を担ってくれています。

そんな赤血球(ヘモグロビン)を構成する大切な鉄分は、僕たちの体内では2種類に分類することができるんですね。

1つは、今紹介した酸素を体内の隅々に届けてくれる役割を担ってくれる「機能鉄」と呼ばれる種類。

もう1つは、機能鉄が不足したケースに備えて備蓄する「貯蔵鉄」と呼ばれる種類です。

・機能鉄
・貯蔵鉄

上記の2種類の鉄が僕たちの体内に存在していると言われています。

人の体内には約4gの鉄が存在て入るといわれています。その内の約7割が機能鉄の役割を担ってくれており、残りの3割が肝臓や脾臓(ひぞう)といった臓器に貯蓄されます。

機能鉄が不足すると、臓器に貯蓄された貯蔵鉄が血液中に放出されてカバーするようです。

体内に吸収される際にも2つに分けれる

レバーイメージ

ちょっとややこしいのですが、鉄を食事から体内に吸収する際にも鉄を2種類に分類することができるんですね。(既に体内にある鉄は機能鉄と貯蔵鉄で、今回は、体外から取り入れる際に分類するものを紹介します。)

鉄分を多く含む食材として有名なのが、鶏レバーや豚レバー、貝類や赤みの肉といったものだと思います。このように、動物性食品に含まれる鉄分は、ヘム鉄(有機鉄)とされています。

ヘム鉄は、ポリフィリンと呼ばれる有機物質と結合しているので、体内に取り込んでも無害で、小腸からの吸収率が高いとされています。

一方で、ひじきやほうれん草、大豆製品やプルーンといった植物性食品に含まれる鉄分は、非へム鉄(無機鉄)と言われています。

この非ヘム鉄は、単体だとヘム鉄と比較した時に、体内への吸収率は非常に低いとされています。

非ヘム鉄単体ではなく、ビタミンCやラクトフェリンを一緒に摂取することで、吸収率を高められると言われています。なので、これらの栄養素と一緒に摂取することも非常に重要になってきそうですね!

コーヒーやお茶に含まれるタンニンは非ヘム鉄の吸収を妨げる。

玄米などに含まれるフィチン酸は、ヘム鉄と非ヘム鉄の両方の吸収を妨げます。

他にも卵黄に含まれるホスピチン、食品添加物のリン酸塩ほうれん草に含まれるシュウ酸なども体内で鉄と結合して鉄分の吸収を妨げる効果があると言われているので、注意が必要です。

さらにいうと、運動をした際に発汗しても鉄分は放出されるので、体を動かす時は普段よりも多く鉄分を意識する必要があるとニキビ太郎は考えます。

特にスポーツにチカラを入れている人は、体内の鉄分量が減少するとパフォーマンスがガタガタになるので、注意が必要です。

理想的な鉄、一日の摂取量(目安)

成人男性 一日 7.5mg
成人女性 一日 10.5mg

※男女ともに、10代の頃は上記数値よりも高い量が理想目安量とされています。

特に思春期(成長期)の頃は

思春期男子 一日 11.5mg
思春期女子 一日 14.0mg

が理想的だと言われています。

また、鉄分の耐容上限量もあり、

成人男性 一日 50.0mg
成人女性 一日 40.0mg

となっています。

favicon 鉄を過剰に摂取してしまうと・・・

サプリメントイメージ画像2

鉄分は食事からでも比較的吸収率が低い栄養素なので、普通に食事する分にはまず過剰に摂取することは考えにくいと言われています。

ですが、サプリメントや病院から処方されたお薬を長期間服用し続けると、嘔吐や便秘、胃腸障害や不整脈、心筋障害、亜鉛の吸収阻害といった症状が現れやすくなるとされています。

また、鉄分の過剰摂取は肝臓に機能障害が現れる可能性が高まるので注意が必要です。

肝臓の機能障害によって、鉄沈着や肝硬変、肝ガンといった恐ろしい病気につながることもありえます。。。

普段何気なく鉄分のサプリメントを飲んでいる人は今一度その摂取量に注意する必要がありそうです。

鉄分を多く含む食品

鉄分は、

レバーイメージ

レバー
・赤みの肉
ほうれん草
・菜の花
・小松菜
・パセリ
・カツオ
・にぼし

ひじき(カルシウム)イメージ画像

・アサリ
・シジミ
・ひじき
・乾燥あおのり
・ハマグリ
・大豆
納豆

納豆イメージ画像2

・インゲン豆
卵黄
・油揚げ




上記の様な食材に多く含まれているとされています!

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

→必見!青汁は吹き出物や肌荒れの予防効果が期待できます!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ