【保存版】ニキビの予防効果があるビタミンやミネラルを紹介します!

[最終更新日]2016/07/12

ニキビ跡プロセス画像

→僕がニキビを劇的に予防できた食生活はこちらをクリック!!!

  • POINT!
ニキビや吹き出物といった肌荒れの予防には、ビタミンやミネラルの存在が非常に重要となります。なので今回は、どの種類のビタミンやミネラルが、肌にどのような効果を与えるのかを詳しく見ていきましょう!!

ビタミンやミネラルはニキビに有効ですイメージ

ビタミンは肌の健康には欠かせない栄養素で、代謝をよくしたりする補酵素でもあります。

このビタミンを上手に体内に取り入れて体の内側から綺麗にすることでニキビのない綺麗な肌を目指していくことが可能になります!!

ビタミンAはニキビに効果があるのか?

ビタミンAイメージ画像

ビタミンAは高い抗酸化作用があり、肌の老化を予防してくれる効果が期待できます。

なので、肌細胞が活性化し、肌のターンオーバーサイクルも向上するのでニキビや吹き出物といった肌荒れ予防にも大変効果のある栄養素です。

favicon ビタミンAの効果や生理作用まとめ

・皮膚や鼻,喉の粘膜を健康にしてくれ、免疫力を高めてくれる
・肌を潤してくれる
・骨を丈夫にしてくれる
・視力低下を防ぐ効果が期待できる etc

favicon 一日どれくらいの量を摂ればいいと?

成人男性 : 850(μg) 上限値2,700(μg)

成人女性 : 650(μg) 上限値2,700(μg)

※引用:内閣府食品安全委員会(2013)「ビタミンAの過剰摂取による影響(http://www.fsc.go.jp/sonota/factsheet-vitamin-a.pdf,2015/05/09)。

favicon 過剰症になると・・・

ビタミンAを摂りすぎると、頭痛や吐き気、皮膚や粘膜が剥がれる、筋肉痛、胎児の奇形リスクなどがあると言われています。

favicon 欠乏症になると・・・

ニキビや吹き出物といった肌荒れだけでなく、肌の角化異常。視力低下、ドライアイ、免疫機能の低下、肌の乾燥などが挙げられます。

favicon ビタミンAを多く含む食べ物代表例

・うなぎ
レバー
・チーズ
・たまご
・のり

↓βカロテン↓
・にんじん
・かぼちゃ
ブロッコリー
トマト
ピーマン
ほうれん草
・春菊

等が挙げられます。

→注意!ビタミンAが不足すると吹き出物や肌荒れの原因になります。

ビタミンB1はニキビに効果があるのか?

ビタミンB1イメージ画像

ビタミンB1は、脳や神経の伝導に寄与していたり、炭水化物や砂糖などの糖質の代謝に欠かせない水溶性ビタミンです。別名チアミンと呼ばれることもあります。代謝を助けてくれる補酵素としての効果があるので、ニキビや吹き出物の予防にも関わる重要なビタミンです。

favicon ビタミンB1の効果や生理作用まとめ

・糖質の代謝に作用する
・脳や神経の伝導を良くする
・精神を安定させる

favicon 一日どれくらいの量を摂ればいいと?

成人男性 : 1.4mg   上限値無し

成人女性 : 1.1mg   上限値無し

favicon 過剰症になると・・・

水溶性ビタミンなので体内に蓄えることができず、人の排泄作用で体外へと排出されるので、過剰摂取の心配はあまりしないで大丈夫です。ただし、サプリメントで大量に摂るのは避ける必要があります。

favicon 欠乏症になると・・・

便秘やむくみ、記憶力の低下や肝臓や腎臓の働きが鈍る、またイライラなどが出やすく、集中力も落ちていくため、精神的に不安定になることもあるそうです。特にアルコールを大量に摂る人がこれらの症状がでるそうです。

favicon ビタミンB1を多く含む食べ物代表例

豆腐や納豆など大豆製品に多く含まれており、他にもレバーやトマト・キャベツ、パンやしじみやあさり等が挙げられます。

→注目!ビタミンB1はニキビの予防に必要な栄養素です!

ビタミンB2はニキビに効果があるのか?

ビタミンB2イメージ画像

ビタミンB2は、タンパク質や脂質、炭水化物の代謝に欠かすことのできないビタミンです。別名リボフラビンとも呼ばれていて、水溶性ビタミンの1つです。皮膚科のお医者さんがニキビで悩む患者さんに処方するのもこのビタミンB2の製剤が多いです。


favicon ビタミンB2の効果や生理作用まとめ

・細胞が酸素を取り込み、炭酸ガスを吐き出す作用
・タンパク質、脂質などの代謝に作用
・過酸化物質を分解する作用

favicon 一日どれくらいの量を摂ればいいと?

成人男性 : 1.6mg   上限値無し

成人女性 : 1.2mg   上限値無し

favicon 過剰症になると・・・

普段の食生活で過剰摂取の心配は必要ありません。しかし、手軽に飲めるサプリメントを多く飲むのは避けましょう!
また、水溶性ビタミンなので体内に蓄積させることができないので、激しい運動をした後などは積極的に摂らなければならないビタミンです。

favicon 欠乏症になると・・・

口内炎や角膜炎、視力障害や貧血、そしてニキビなどの肌荒れの原因。さらには、発育障害や脂漏性皮膚炎などの病気になると言われています。

favicon ビタミンB2を多く含む食べ物代表例

代表的な食品を挙げると、レバーやうなぎ、いなご・チーズ、納豆やヨーグルトなどです。

→注目!ビタミンB2は吹き出物などの肌荒れ予防に効果があります。

ビタミンB6のニキビへ与える効果とは!?

ビタミンB6イメージ画像

ビタミンB6は別名ピリドキシンとも呼ばれていて、水溶性ビタミンの1つです。ビタミンB6が体内で不足するとニキビなどの肌荒れを引き起こしたり、皮膚炎などの病気をも引き起こしてしまう可能性があります。特に肉などのタンパク質を多く摂取すると、それに比例してビタミンB6も必要となることは頭の片隅に入れておきたいです。

favicon ビタミンB6の効果や生理作用まとめ

・たんぱく質・脂質の代謝を助ける働き
・インスリンを作る作用
・造血機能に作用
・皮膚炎を予防する作用
・新陳代謝の促進などの生理作用
・動脈硬化を予防する作用
・成長を促進する作用

favicon 一日どれくらいの量を摂ればいいと?

成人男性 : 1.4mg   上限値 55mg

成人女性 : 1.1mg   上限値 45mg

favicon 過剰症になると・・・

普通の食生活をしていれば、上限値の数値を超えることはほとんどないので心配の必要はないですが、サプリメントなどで一日200〜500もの数値を摂取しつづけると、肝臓結石や感覚神経がおかしくなり、手足にしびれができることもあるので注意が必要です。

favicon 欠乏症になると・・・

ビタミンB6は体内の腸内細菌でも合成されるため、普通の食事をしている人は欠乏症になることはめったにないです。

ですが欠乏症になると、皮膚炎や成長障害、脂漏性皮膚炎の原因になると言われています。他にも造血機能に障害が出たり、胃炎や咽頭炎などの症状が出ると言われています。

favicon ビタミンB6を多く含む食べ物代表例

穀物や肉・魚、大豆やとうもろこし、レバーに鮭やさば・かつお・いわし。バナナや卵、大豆類などが挙げられます。

→必見!ビタミンB6は吹き出物や肌荒れの予防効果があります。

パントテン酸はニキビに効果があるのか?

パントテン酸、ビタミンB5イメージ

パントテン酸とは、別名ビタミンB5(水溶性ビタミン)とも呼ばれビタミンB群の1種類です。

パントテン酸を含むビタミンB群は、基本的に肌の新陳代謝(=ターンオーバー機能)に大きく貢献する栄養成分で、肌細胞の生成には欠かす事のできないものです。

また、ビタミンB群には肌の保湿機能を決定する作用があり、これらが不足すると乾燥肌といった肌トラブルを引き起こしてしまうと言われています。

favicon パントテン酸の効果や生理作用まとめ

・ストレスを緩和してくれる作用
・ビタミンCを助ける作用
・ターンオーバー機能を向上させる機能
・糖質、脂質、タンパク質の代謝に貢献

favicon 過剰症になると・・・

パントテン酸は基本的に水に溶けやすい性質を持っているので、たくさん摂り過ぎた場合でも主に尿として排泄されると言われています。

なので、そこまで気にすることはないとニキビ太郎も考えています。

※正し、サプリメント等で明らかに過剰摂取している場合は、何かしらの副作用のものが出る可能性はあります。

favicon 欠乏症になると・・・

お酒はイメージ

パントテン酸は多くの食品に含まれているので、現代の日本人の食生活でパントテン酸が欠乏することは稀だと言われています。また、腸内細菌も合成することができると言われています。

ただし、普段からカフェインを含むコーヒーやアルコール飲料を多く飲む人は、それらを分解・消化するために、大量のパントテン酸を消費するので、パントテン酸不足に陥ることがあると言われています。

また、調理の仕方にも工夫が必要と言われています。パントテン酸は水に溶けやすく、また熱や酸、アルカリにも弱いので、茹でるといったちょうり方法では、その多くが流れ出てしまうと言われています。

そのため、生で食べれるものは生で食べたり、茹で汁ごと使用する調理方法に変えたりする工夫が非常に重要になると考えいます!

favicon パントテン酸を多く含む食べ物代表例

・うなぎ
・いくら
・たらこ
・レバー
・鶏肉
・ひらたけ
・エリンギ
・なめこ
アボカド
・モロヘイヤ
・カリフラワー
納豆

などが挙げられます。

→注目!パントテン酸はニキビの予防効果があるのかを調査してみました!

ナイアシン(ニコチン酸)はニキビに有効なのか!?

ナイアシンアミド、ビタミンB3イメージ

ナイアシンとはあまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、水溶性ビタミンの1種類で、糖質や脂質の代謝に作用する重要な役目をもっている栄養素です。ナイアシンは3番目に発見されたビタミンなので、ビタミンB3と最初は呼ばれていましたが、紛らわしいのでナイアシンと呼ぶようになった歴史があるそうです。

また、別名で「ニコチン酸」とも呼ばれることがあります。(よく、タバコのニコチンと同じなの!?という意見を耳にしますが、タバコのニコチンと今回のニコチン酸は全くの別物です。ただ構造が似ているのでこう呼ばれているそうです。)

favicon ナイアシンの効果や生理作用まとめ

・血行を促進する
・糖質や脂質の代謝に作用する
・二日酔いを防ぐ作用
・皮膚や粘膜を健康に保つ機能

favicon 一日どれくらいの量を摂ればいいと?

成人男性 : 15mg   上限値 300mg

成人女性 : 11mg   上限値 250mg

favicon 過剰症になると・・・

ナイアシンは水溶性ビタミンなので、排泄機能によって尿と一緒に体外へ排出されます。そのため、普段の食生活で生活している人がナイアシンの過剰症になることはめったにありません。ですが、サプリメントなどで1日の上限値を超える数値の量を摂取しつづけると、皮膚の痒みやヒリヒリ感、酷い場合だと肝機能の低下などの症状がでることがあります。

favicon 欠乏症になると・・・

ナイアシンが不足すると、口角炎や食欲不振、また皮膚や神経系に悪影響がでてしまいます。また症状が悪化すると、胃腸障害や下痢、また鬱病や認知症などの恐ろしい病気の原因にもなりえます。

普段からバランスの良い食生活を送っている人が、ナイアシンの欠乏症になる心配はありませんが、アルコールを大量に摂る人は気をつけておかなければなりません。アルコールの摂取量に比例してナイアシンも必要となることを覚えておきましょう!

favicon ナイアシンを多く含む食べ物代表例

・かつお・さば・まぐろ、ぶり。レバーや鶏肉、豆類や緑黄色野菜にも含まれています。

→注目!ナイアシンアミドはニキビに効果的な成分なのかを検証してみました。

ビオチンはニキビに効果的な栄養素のか!?

favicon ビオチンの効果や生理作用まとめ

ビオチン・ビタミンB7・ビタミンHイメージ

ビオチンは水溶性ビタミンの1つで、主に糖質や脂質・タンパク質の代謝を助ける役割を担ってくれている栄養素です。過去にはビタミンB7と呼ばれていたこともあります。

ビオチンは腸内細菌によって体内でも合成されるので、普通の食生活を送っている人が欠乏症になるということは心配しなくても良さそうです。

ですが、タバコやお酒を飲む人はビオチンの量が著しく減少している可能性があるので注意が必要です。

favicon 一日どれくらいの量を摂ればいいと?

成人男性 : 50μg(マイクログラム)   上限値 なし

成人女性 : 50μg(マイクログラム)   上限値 なし

favicon 過剰症になると・・・

水溶性ビタミンで尿から排泄される栄養素なので、ビオチンを過剰に摂取する心配はほとんどないと言われています。ですが、これもサプリメントなどで大量に摂取してしまうと、一部の腸内細菌の数が増えて、腸内のバランスが崩れる恐れがあります。その結果下痢などの引き起こす可能性があるというわけです。

favicon 欠乏症になると・・・

アトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎、筋力の低下、吐き気や運動失調、疲労感や脱毛や白髪の原因などの症状がでるようです。

favicon ビオチンを多く含む食べ物代表例

レバーや卵、大豆や納豆、ヨーグルト、ほうれん草やグレープフルーツなどに多く含まれています。

→注目!ビオチンがニキビの予防に効果的です!

ビタミンCはニキビに有効なのか!?

ビタミンCイメージ画像4

ビタミンCは、ニキビのない綺麗な肌には欠かすことの出来ない存在です。免疫機能の向上や、色素沈着を予防するのでニキビ跡の治療にも必要となってくる栄養素です。



favicon ビタミンCの効果や生理作用まとめ

・抗酸化力が高い
・老化現象を予防する
・コラーゲン・ステロイド、アミノ酸の合成
・タンパク質の代謝
・ストレスの緩和
・ホルモンの調整作用
・炎症による色素沈着を予防する作用

など

favicon 一日どれくらいの量を摂ればいいと?

成人男性 : 100mg   上限値 なし

成人女性 : 100mg   上限値 なし

favicon 過剰症になると・・・

ビタミンCは体内吸収率が約90%もあり、体内へ吸収されやすいと言われています。ですが、水溶性ビタミンのため、ビタミンCを摂りすぎたからといって過剰症の心配をする必要はほとんどありません。

ですが、サプリメントなどで摂取しすぎた場合に下痢や嘔吐といった症状がでるというデータがあります。

favicon 欠乏症になると・・・

ビタミンCが不足すると、免疫機能の低下や疲労感が出やすくなり、風邪などを引き起こしやすくなります。また肌のハリが無くなることも挙げられます。

骨粗しょう症や食欲不振、清涼不良や胃腸障害、皮下出血、糖尿病や貧血なども引き起こしやすくなるのでビタミンCは積極的に摂っていきたいです。

favicon ビタミンCを多く含む食べ物代表例

緑黄色野菜、キャベツやブロッコリー、みかんやいちご、トマトにレモン。モロヘイヤやピーマン。それにヨーグルトにも豊富に含まれています!

→必見!ビタミンCが吹き出物や肌荒れに効果的です!

ビタミンEはニキビに効果があるのか?

ビタミンEイメージ画像

ビタミンEは、酸化によってできた体のサビ(過酸化脂質)を溶かす働きがあります。

他にも、男性ホルモンの分泌を促したり、血液のドロドロを防ぎ、血行促進の効果も期待できます。また酸素の利用率を高める性質もあると言われています。

favicon ビタミンEの効果や生理作用まとめ

・代謝をよくする
・老化を防ぐ
・成人病の予防
・動脈硬化の予防
・冷え性の解消
・乾燥の解消 etc

favicon 一日どれくらいの量を摂ればいいと?

成人男性で1日・・・10mg 、上限値700mg

成人女性で1日・・・8mg 、上限値600mg

※厚生労働省 日本人の食事摂取基準より

favicon 過剰症になると・・・

ビタミンEには男性ホルモンの分泌を促す効果があると言われています。なので、この男性ホルモンはニキビの原因となりうる、「皮脂の分泌」を促す働きがあることに注意しなければなりません。

皮脂の過剰分泌は、毛穴を詰まらせる大きな要因ともなるため、特にニキビで悩んでいる人にとっては悩ましい問題となります。

サプリメントには、このビタミンEが大量に含まれている可能性があり、注意して飲まないと、知らないうちに顔や体に大量にニキビができてしまったということになりかねないからですね(汗)

もちろん、普通の食事で摂るビタミンEの量なら全然問題ないとニキビ太郎は思っています。

ですが、これもビタミンEを大量に含む食品だけを食べ過ぎたりすると男性ホルモンの過剰分泌になりうるので要注意です!

favicon 欠乏症になると・・・

・歩行機能が衰える
・不妊や流産
・体のむくみ
・動脈硬化
・心臓発作
・息切れ

が起こると言われています。

favicon ビタミンEを多く含む食べ物代表例

・豚レバー
・牛レバー
・魚肉ソーセージ
・玄米
・胚芽米
・アボガド
・大豆
・落花生
・さんま
・もやし
・うなぎ
ピーナッツ
・大豆油
・ごま油
・オリーブオイル

等が挙げられます。

→驚き!ビタミンEの過剰摂取が吹き出物や肌荒れを悪化させる!?

カルシウム・マグネシウムはニキビに有効なのか!?

ミネラルイメージ画像

僕たちの体には、カルシウムやマグネシウム、亜鉛、鉄といったミネラルがないと生命活動をしていけなくなってしまいます。

ミネラルは、体の調子を整えたり、新しい細胞を作るのに欠かせない栄養素だからですね!

人間に必要な栄養素は、主に炭水化物、たんぱく質、脂質の三大栄養素にビタミン、ミネラルを加えた5大栄養素だといわれています。

なので、ミネラル(カルシウムやマグネシウム、亜鉛、鉄など)はそれだけ超大事な栄養素だというわけです。

ミネラルが不足すると、肌の新陳代謝(ターンオーバー機能)が正常に働かなくなり、肌の角質層に古い角質や垢が蓄積し、ニキビや吹き出物といった肌荒れの原因になります。さらにはストレスが溜まりやすくなったり、体内のホルモンバランスや自律神経の乱れにもつながってしまいます。

→注意!カルシウム・マグネシウム不足は吹き出物や肌荒れの原因になります。

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

→必見!青汁は吹き出物や肌荒れの予防効果が期待できます!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ