【検証】PerfectWhip洗顔フォームがニキビ肌の予防に効果があるのか実際に使用して調べてみました!

[最終更新日]2016/07/13

ニキビ跡プロセス画像

→僕が短期間でニキビを劇的に予防できたスキンケアは、こちらをクリック!!!

パーフェクトホイップ1

  • POINT!
株式会社資生堂(shiseido)さんのパーフェクトホイップ洗顔フォーム(洗顔専科)が、ニキビや吹き出物といった肌荒れに効果あるという情報を、他のニキビ関連の口コミサイトやブログさん等で見聞きしたので、実際にニキビ太郎も購入して使用してみました!

その結果・・・ニキビ太郎のニキビ肌は洗顔直後から真っ赤になってしまい、最低限必要な皮脂や保湿成分までもが洗い落ちてしまった感じがしています。。。(汗)

パーフェクトホイップ9

なので、肌がツッパるという感じが強いですし、そのまま放置していると肌が酷く乾燥していってしまうという危機感を感じ、慌てて皮膚科の保湿薬であるヒルドイドローションを肌に塗布しました。

それくらいパーフェクトホイップ洗顔フォームは脱脂力が強い洗顔フォームとなっています。

商品の名前の通り、洗顔時の濃密な泡が最大の特徴なのですが、逆にそれが強い脱脂力の原因となっているのでは?とニキビ太郎は思いました。

確かに泡立て時はノンストレスで濃密泡がモコモコと作れるので楽しく、また強烈な香料によって匂いは良いのですが、それだけ肌へのリスクも大きくなってしまうとも感じましたね。

泡は本当に濃密すぎて、他の洗顔フォームや洗顔石けんよりもハードな感じです。どろあわわといった洗顔商品よりも泡の硬さは上だと感じています。

わかりやすく表現するなら、ケーキの生クリームの固いやつだと表現すればいいでしょうか?ニキビ太郎が今まで使用してきた中で持っても泡自体は固かったと思います。

その泡のクッションで毛穴の汚れをとってくれるらしいのですが・・・・ニキビ太郎にはその特徴が完全に逆効果となってしまいました。。。

特に普段から乾燥や敏感肌かつ、ニキビや吹き出物といった肌トラブルで悩んでいる人は、パーフェクトホイップ洗顔フォーム(洗顔専科)を使用する前に要検討する必要があると感じています。

とニキビ太郎はお伝えしたいです。。。(メーカーさん、ごめんなさい。)

ただし、これはあくまでもニキビ太郎の個人的な意見で、パーフェクトホイップ洗顔フォーム(洗顔専科)を使って肌状態が良くなった人はいるのとおもうので、あくまでもニキビ太郎のニキビ肌には合わなかったということです(><) ※この記事下部では、パーフェクトホイップ洗顔フォーム(洗顔専科)の成分などを写真付きで細かくみているので、良かったら参考にしてみてください!

価格 送料 目安 返金保証
429円(税込) 一ヶ月 なし

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

 
  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

ニキビ太郎による写真解説コーナー

パーフェクトホイップ1

今回は、ニキビ太郎の家の近くにあるwelciaというドラックストアで購入してきました!テレビコマーシャルでも有名なので見た事あるという人も多いんじゃないのかな?と感じています。

水色のパッケージで、濃密な泡のクッションが最大の特徴のようですね。

また、資生堂のスキンケア技術を結集していると上の方に書いてあります!

パーフェクトホイップ2

パッケージの裏を見ていきます!

このパーフェクトホイップ洗顔フォーム(洗顔専科)がどれだけ濃密な泡なのかをイラストで解説してあるのですが・・・・図を見ると全然違って結構驚きます。実際に泡を作って感じたのですが、本当に泡の濃密度とハードさは、他の洗顔フォームとは一線を画しているとニキビ太郎は感じています。

正式名称は、洗顔専科 パーフェクトホイップc というみたいですね!

パーフェクトホイップ3

ここで、パーフェクトホイップ洗顔フォーム(洗顔専科)に含まれている全成分を見て行きたいと思います!

水、ステアリン酸カリウム、ポリエチレングリコール、ミリスチン酸カリウム、グリセリン、ラウリン酸カリウム、DPG、ステアリン酸、BG、ステアリン酸グリセリル(SE)、ミリスチン酸、ラウリン酸、ポリクオタニウム-7、ミツロウ、ラウロイルグルタミン酸(ジフィトステリル/オクチルドデシル)、エデト酸塩、香料

結構添加物がモリモリ配合されていますね。。。(汗)

ニキビ太郎は1番香料が気になりました。

というのも、かなり良い匂いがするんですね。これまでたくさんの洗顔フォームを使用してきたニキビ太郎がいうので、それはかなり良い匂いです。

ですが、逆にいうと香料が強すぎるので、これが肌へのダメージになってしまっていないかが1番気がかりでした。

いい匂いなのはいいのですが、それよりも肌に優しいものを優先してほしいというのがニキビ太郎の本音です。。。

パーフェクトホイップ4

キャップを開封した直後の写真です。この時点でかなり良い匂いがします。

そして、中の洗顔フォームが勢いよく出る可能性が高いので注意が必要だとも感じました。

パーフェクトホイップ5

手のひらに中身を取り出してみました。クリーム状になっていて、この時点で少し固めのクリームだと感じました。(ただし、この検証を行っている季節は冬なので、それも大きく関係しているのかな?と思いました。)

パーフェクトホイップ6

これを、ニキビ太郎の家にある泡立てネットで泡立てていきます!

パーフェクトホイップ7

水と馴染ませ、泡立てネットの上でクルクルと泡立てましたが、、、結構びっくりする速度でモコモコと泡立ち、他の洗顔フォームや洗顔石けんと比較しても泡の量が多く、泡自体もかなり濃密でハードです。

パーフェクトホイップ8

ニキビ太郎の肌に作った泡をのせた時の様子を写真に撮った様子です。

非常に濃密だというのがお分かりいただけるでしょうか?

本当に濃密すぎて、固いので、脱脂力はめちゃくちゃ強いです。

パーフェクトホイップ9

この記事の冒頭でも書きましたが、ニキビが少しでもある所は既に肌が弱っている箇所なので、洗顔直後は上の写真のように真っ赤になってしまいました・・・(汗)

洗顔直後からかなり突っ張り、しばらく経つと肌が乾燥するようになってしまいます(汗)

ニキビ肌の人が、PerfectWhip洗顔フォームを使用する前に要検討する必要があるとニキビ太郎は感じています。。。

→注目!1日でも早く赤ニキビを予防する方法を原因から詳しくみていきます!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ