検証!NOV(ノブ)はニキビの予防効果があるのでしょうか?

[最終更新日]2016/07/13

ニキビ跡プロセス画像

→僕が短期間でニキビを劇的に予防できたスキンケアは、こちらをクリック!!!

NOV(ノブ)6

 NOV(ノブ)は、薬局屋さんで見かけたこともあったニキビケア商品だったので、めっっちゃ期待していたのですが、結果から言うと、ニキビ太郎の肌には合いませんでした。。。。使用後すぐに肌に赤みが出て、その後はしばらくヒリヒリ感と痒みがあったので、一回目で使用を中止しました。(><)

 NOV(ノブ)は、臨床皮膚医学に基づく化粧品として1985年に誕生しているようです。現在2014年ですので、かれこれ約30年近い歴史を持っているようです!

 その間に多くの皮膚科医の指導を受けながら、幾度も試験をして、厳選された原料を使っている。また、最新の臨床皮膚科学に基づいた製品が、NOV(ノブ)です。

 だけど・・・・ニキビ太郎の肌には逆効果で、使用後に出た赤みやヒリヒリ感を考えると、うーん。ちょっぴり後悔しました。

Nov12

 上の写真は、NOV(ノブ)を使用した直後の写真になります。。。(涙)

 きっと、NOV(ノブ)が肌に合う人もいるんでしょうが、ニキビ太郎が「ニキビで悩んでいる人に勧めますか?」と聞かれたら、「No」と答えるかもしれないです。。

 ニキビ予防効果への期待が大きかった分、ニキビが悪化してしまった時の気持ちの落ち込みはハンパなかったです。

 ただ、さっぱり感を与えてくれるニキビケア商品を探しているという人にはぴったりの商品だと感じました!

※この記事下部では、NOV(ノブ)の成分などを写真付きで細かくみているので、良かったら参考にしてみてください!

↓トライアルセット

価格 送料 目安 返金保証
1,620円(税込) 無料 1週間 無し

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

 
  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

NOV(ノブ)の特徴を箇条書きしてみますね!

favicon 届くまでのスピード感がダントツ早い!

これ、めちゃくちゃ驚いたんですが、NOV(ノブ)は商品が届くまでの時間がとにかく短いです!!注文した翌日には届きましたΣ(・oノ)ノ ”届くまでの早さ”なら、NOV(ノブ)が圧倒的No.1ですね。

NOV(ノブ)を写真付きで解説していくコーナー

インターネットで注文した翌日には、クロネコヤマトさんから届きました!!スピード感ハンパないですね!「もう届いたと!?!?早っ!!!(゜ロ゜)」ってなること間違いなしです。

NOV(ノブ)1

届いた外装のダンボールに比べて、実際の商品の箱はとってもコンパクトです。そのため、梱包のためのクッション材が大量に入っています。(ダンボールを小さくした方がいいと思うのですが・・・これはインパクトを与える作戦なのでしょうか・・・?)

NOV(ノブ)2

箱を開けると、そこには商品カタログや商品などで一杯です。

NOV(ノブ)3

↓実際に広げてみると、こんな感じです!ニキビ太郎が注文した時は薄い紫色のオリジナルランドリーポーチが一緒についてきました!!多分、使わないと思います。(゜ロ゜)

NOV(ノブ)4

入っていた商品を並べてみました。ウォッシングフォームが2個入っていました。1つはおまけでしょうか・・・?

NOV(ノブ)5

NOV(ノブ)を写真付きで解説していくコーナー

ではでは、早速実際に使っていこうと思います!!※事前に、顔と手をぬるま湯で軽く洗いましょう!

NOV(ノブ)6

まずは「ノブ ACアクティブ ウォッシングフォーム」を使っていきます!!これは、マイルドピーリング作用(古い角質や余分な皮脂を落とす)で潤いを保ちながらニキビが出来るのを防いでいくための洗顔料となります!

NOV(ノブ)7

洗顔料を実際にてのひらに取り出していきます。目安の量としては、「1~2cm」が適量とされています。↓こんな感じですね!これをニキビ太郎は泡立てネットで泡立てました!

NOV(ノブ)8

↓こんな感じになります!個人的にはそんなに泡が経たない商品に感じました!これを、まずTゾーンや鼻の上など皮脂の多い場所にのせます!そして、泡で顔全体を優しく包みこむようにやさしく洗っていきます!そして、泡が顔に残らないように十分にすすぎをしていきます!最後は綺麗なタオルで水気をとります。これでウォッシングフォームは終了です。

※このときの感想としては、かなりサッパリする!です。その後潤ってくるのかな?と思いきや、さっぱりしたまま・・・・むしろ突っ張ってきた・・・皮脂の取り過ぎなんじゃないだろうか・・・・ちょっと心配してた段階です。(ー△ー;)

NOV(ノブ)9

次に、化粧水である「ノブ ACアクティブ フェイスローション モイスト」を使用していきます!これは、肌に潤いを与えて、さらにはべたつきを押さえていくそうです!

NOV(ノブ)10

手のひらに、まず100円硬貨くらいを目安にして取り出します。それを乾燥が気になる場所へなじませます!その後、もう一度100円硬貨くらいを目安にした量を手に取り、顔になじませます!

※この時、かなりアルコールのような匂いがしました。おそらくアルコール成分でアクネ菌をやっつける作戦だと思うのですが、これは他の常在菌をもやっつけてしまい逆効果になる可能性大です。

しかもニキビ太郎の肌は、アルコールを含むものにめっぽう弱い・・・・付けた瞬間まずい。。と思いましたね。

NOV(ノブ)11

↓案の定、付けた瞬間からニキビ太郎の肌は赤くなり、ヒリヒリと痒みが出てきました。完全にアウトです。ニキビ太郎の肌にNOV(ノブ)は合いませんでした。ごめんなさい。

この瞬間から使用するのをやめました。

Nov12

本来なら最後に、乳液である「ノブ ACアクティブ モイスチャミルク」を付けていくのですが、ニキビ太郎はつけませんでした。この商品は、ニキビが気になる肌に「うるおい」を与えて、やわらかくなめらかにしていく効果だけでなく、美白有効成分であるビタミンC誘導も含んでいるそうです。適量は、一円玉硬貨くらいの大きさが目安だそうです。

NOV(ノブ)13

↓モイスチャミルクを取り出すとこんな感じでした!手でなじませると、少しべたつきを感じる商品だと感じました。ミルクの匂いとかはなかったです。

NOV(ノブ)14

→【検証】ビーグレン(b.glen)を実際に使った効果について。吹き出物や肌荒れはどうなると?

コメントを残す

このページの先頭へ