【検証】Dr.AIアクネスラボ薬用シリーズでニキビ肌を予防できるのかを実際に試してみました!!

[最終更新日]2016/07/13

ニキビ跡プロセス画像

→僕が短期間でニキビを劇的に予防できたスキンケアは、こちらをクリック!!!

  • POINT!
大塚製薬株式会社さんの株式会社ネイチャーラボさんのDr.AI AcnesLabo(アクネスラボ)シリーズがニキビや吹き出物といった肌荒れに効果あるという情報を、他のニキビ関連の口コミサイトやブログさん等で見聞きしたので、実際にニキビ太郎も購入して使用してみました!

Dr.AIアクネスラボ1

使用してみた結果・・・ウォッシングフォームは、柑橘系の良い匂いだとニキビ太郎は感じました。気になる使い心地ですが、まず手のひらに2プッシュしたら、泡が出てくるのですが、水気が多い感じの泡で、泡の粒が感じられました。

そして、顔に泡をのせていくのですが、非常に優しい泡なのですが、洗い落とす時に中々洗顔料が落ちないんですね。。。(汗)

なので、他のニキビケア商品の洗顔料よりも多くすすぎの回数が必要になりました(汗)必要以上にすすいだ感じがし、肌に最低限必要な保湿成分や皮脂も洗い落としてしまいましたね。。。肌も少し赤みを帯びてしまいました。下の写真は、ウォッシングフォーム(洗顔)直後のニキビ太郎の肌の様子を写真に撮ったものです。

Dr.AIアクネスラボ17

つぎに、ローションですがこれもプッシュして中身を取り出す方式で、手のひらに化粧水を出しました。ですが、この出した時にめちゃくちゃ勢いが強いんです(汗)

最初使う時はやはりポンプで汲み取るので、プッシュしても出てこないのですが、5プッシュくらいですかね?普通はシュッシュって感じだと思うのですが、Dr.AIに関してはジャージャーとめちゃくちゃ勢いよく出てきました。

少し間違うと思いきっててから化粧水がこぼれるんじゃないか?というレベルでしたね、、、そして、出した直後は非常に良い匂い(柑橘系)がするのですが、手のひら全体に馴染ませた瞬間はかなり薬品臭くなってしまいました。。。(汗)

使用感もスースー感やヒリヒリ感こそなかったですが、アルコール成分が肌に刺激となり、ニキビ太郎の肌は赤みがかってしまいましたね。。。(汗)

とにかく肌に塗布しても薬品臭さが残るので、特に普段から乾燥や敏感肌の人は使用前に要検討する必要があると思っています。。。

Dr.AIアクネスラボ薬用ニキビケアシリーズを使用するなら、皮膚科に行って皮膚科のニキビ薬を使用した方が費用対効果は高いとニキビ太郎は感じました。。。

Amazonさんでのレビューで高評価が多かっただけに、少し悲しい気持ちになりました(汗)

ただし、これはあくまでもニキビ太郎の個人的な意見で、Dr.AIアクネスラボ薬用ニキビケアシリーズを使って肌状態が良くなった人はいるのとおもうので、あくまでもニキビ太郎のニキビ肌には合わなかったということです(><) ※この記事下部では、Dr.AIアクネスラボ薬用ニキビケアシリーズの成分などを写真付きで細かくみているので、良かったら参考にしてみてください!

価格 送料 目安 返金保証
以下に記載 一ヶ月 なし

価格は、

・ウォッシングフォーム→1,512円
・ローション(大人ニキビ用)→1,728円

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

 
  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

ニキビ太郎による写真解説コーナー

Dr.AIアクネスラボ1

今回もニキビ太郎の家の近くにあるウェルシアという薬局で、Dr.AIアクネスラボ薬用シリーズを購入してきました!

店頭販売されていたのは、薬用ニキビケアウォッシングフォームと薬用ニキビケアローションの2種類でした!両方合わせて、合計金額は3,240円でした!

Dr.AIアクネスラボ2

最初にウォッシングフォーム(洗顔料)を見てきますね!

水色を基調としたパッケージで、「Dr.AI」の文字がカッコイイフォントですよね!また、個人的には昭和の雰囲気を感じてレトロなパッケージだなとの印象も持っています。

下の方には、AIZAWA method for skin careと記載されているので、調べてみると、相澤皮膚科クリニックとのコラボレーション商品だったんですね!

Dr.AIアクネスラボ3

パッケージのサイドには、効能・効果が記載してあり、バッチリ”ニキビ予防”と書かれています。

また、使い方としては、ポンプを1〜2プッシュしてと書いてありますね。

Dr.AIアクネスラボ4

パッケージの裏を見て行きます。香料や着色料は不使用とのことですね。成分も書いてあるので、以下に全成分を書き出してみます。

イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸ジカリウム、ヒドロキシエチルセルロース、1.3-ブチレングリコール、パラオキシ安息香酸エステル、1.2-ペンタンジオール、クエン酸、N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸トリエタノールアミン液、N-ヤシ油脂肪酸アシルグリシンカリウム液、ニコチン酸アミド、オトギリソウエキス、ゴボウエキス、サボンソウエキス、セージエキス、トウキンセンカエキス、ホップエキス、レモンエキス、ユズセラミド、カモミラエキス(1)、無水エタノール、ヒオウギ抽出液、ドクダミエキス、ハチミツ、オレンジ油、モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン、水酸化カリウム

上記成分が配合されているようですね。

こう見たら、かなり添加物が配合されていますね。。。(汗)

Dr.AIアクネスラボ5

パッケージ裏の下の方には、正式な販売名である

「AL薬用ウォッシングフォーム」

だったり、製造販売元である「株式会社アクネスラボ」、総販売元である「株式会社ネイチャーラボ」さんとの記載がありますね。

Dr.AIアクネスラボ6

パッケージから商品を取り出してみました!

パッケージよりも濃い水色の容器ですね。よりインパクトのあるデザインだと感じています。

Dr.AIアクネスラボ7

このウォッシングフォームはプッシュ式で、取り出し口はこのようになっています!

Dr.AIアクネスラボ7

手のひらにプッシュしてみました!最初なので、何回かプッシュした後に出てきました。上の写真は出てきて2プッシュ後の写真です。柑橘系の良い匂いがします。

使用方法としては、ポンプ1〜2プッシュで顔全体につつみこむようにして使用するようですが、、、ちょっと量が足りないような気がするのはニキビ太郎だけでしょうか?(汗)

Dr.AIアクネスラボ9

早速、洗面台にある鏡を見ながら泡をニキビ太郎の肌に塗布してみました。

予想通り、泡が足りなかったですね。。。もうワンプッシュ追加してようやく顔全体に塗布できたという感じです。

つつみこむように洗うとのことで、かなり神経を使って洗顔をしましたが、結構泡がツルツルしてくれる感じがしますね。例えるなら、トロロ(長芋)を顔に付けてなじませるようなイメージです・・・ちょっと伝わりにくかったらごめんなさい。

Dr.AIアクネスラボ10

上の写真は洗顔直後のニキビ太郎の肌を写真に撮った時の様子です。肌が多少赤みを帯びてしまいました。。。ですが、ヒリヒリやスースーといった感じはありませんでしたね。

ただ、既に書いたように、トロロ(長芋)を肌に馴染ませたような感じなので、普段よりも多くすすがないと泡が綺麗に洗い落ちませんでしたね。。。

なので、その点は肌のダメージ(乾燥)になるかな?と感じましたね。

Dr.AIアクネスラボ11

次に、薬用ニキビケアローション(大人ニキビ用)を使用していきますね!

Dr.AIアクネスラボ12

こちらもパッケージのサイドに効能や効果が記載してあり、

ニキビ予防、皮脂のバランスを整える、肌荒れ予防と記載してありました。

使用方法としては、こちらも手のひらに2プッシュ分との記載なので、プッシュ式だということがわかりますね。

Dr.AIアクネスラボ13

薬用ローション(大人ニキビ用)のパッケージの裏をみていきますね!

合成ポリマー、タール系色素、合成香料、鉱物油、オイル・シリコンは不使用と記載されています!また、成分が書いてあるので、こちらも以下に書き出してみますね。

ヨクイニンエキス、カンゾウ抽出末、ドクダミエキス、ヒオウギ抽出液、ラクトフェリン液、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、ユキノシタエキス、ダイズエキス、レモングラス抽出液、アロエエキス(2)、酵母エキス(1)、海藻エキス(4)、納豆エキス、ポリグルタミン酸塩、水素添加大豆リン脂質、フィトステロール、アラントイン、1.3-ブチレングリコール、精製水、エタノール、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、クエン酸、クエン酸ナトリウム、パラオキシ安息香酸エステル、香料

上記のようになっています!納豆エキスも入っているんですね。。。

Dr.AIアクネスラボ14

箱から商品を取り出してみました!こちらも濃い水色を基調とした容器ですね。

Dr.AIアクネスラボ15

見た目からしてミスト系のような感じがしていたのですが・・・

Dr.AIアクネスラボ16

化粧水を手のひらに出てきました。記事の冒頭でも書いたように、何回かプッシュした後に、ブシュブシュっという感じで勢いよく出てきました。。。(汗)

ニキビ太郎はミスト系な感じだろうと思っていたのですが、本当に勢いが良すぎるくらいなので、取り出す時は注意が必要ですね。

また、取り出した直後は柑橘系の臭いがするのですが、手のひらに広げた瞬間かなり薬品くさくなるので、苦手な人は多いとニキビ太郎は感じました。

Dr.AIアクネスラボ17

薬用ローション(大人ニキビ用)を塗布した直後のニキビ太郎の肌の様子になります。

配合されている成分に肌が反応して赤くなってしまいました。。。(汗)

スースー感、ヒリヒリ感は感じなかったですが、臭いがダメでした。。。また、多少ペトペトするのも肌に違和感としてありましたね。。。

Amazonさんで高評価だっただけに、少し残念な結果だと感じました。

→注目!1日でも早く赤ニキビを予防する方法を原因から詳しくみていきます!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ