【検証】赤のとち姫がニキビ予防に効果あるのかを実際に試してみました!

[最終更新日]2016/07/13

ニキビ跡プロセス画像

→僕が短期間でニキビを劇的に予防できたスキンケアは、こちらをクリック!!!

赤のとち姫9

赤のとち姫が、ニキビや吹き出物といった肌荒れの予防に効果があるという口コミを、他のニキビ関連のサイトやブログさんで見かけたので、早速ニキビ太郎も実際に使ってその使用感をチェックしてみました!!

その結果・・・・実際に使用している最中は、赤のとち姫で泡立てた泡は、ものすごく水を多く含んでいる感じがして、また肌にのせた時は泡1つ1つを感じるような感触がしました!

↓下の写真が、実際に肌の上に赤のとち姫で泡立てた泡をのせた時の肌の様子です。

赤のとち姫の泡を肌にのせた様子

なので、これはもしやかなり肌に良いかも!?と期待していたのですが・・・・洗顔を洗い終わると、、、まさかなヒリヒリ感を伴う肌の突っ張りに襲われました。。。(汗)

ニキビ太郎の場合、肌のバリア機能が破壊された感じがしましたね。。。これは肌に必要な皮脂や保湿成分を洗い落としてしまうことによって発生する肌の乾燥だとニキビ太郎は実感しています。

泡立てて肌に泡を付ける瞬間までは、ものすごく好感度よかったのですが、、、肝心の洗い終わった後の肌の様子が少し赤みを帯びて、肌がヒリヒリと乾燥するようになったので、ものすごく悲しい気持ちで一杯になりました。。。(涙)

赤のとち姫使用直後の肌の様子

そして何より、臭いが独特でちょっと苦手でした。。。この独特の臭いを同表現したらいいのかわからないのですが、ニキビ太郎はものすごく苦手な臭いとして感じましたね。

赤のとち姫16

パッケージを開封した時から臭いが部屋にたちこめ、洗顔して数時間経って洗面所にいった時の衝撃といったら・・・・ハンパなく不快感を覚えてしまうほどでした。。。(汗)(洗顔後に洗面所に開封したままの赤のとち姫洗顔石鹸を置いていたら大変なことになりました(泣)

なので、特に普段から乾燥や敏感肌で悩んでいて、かつニキビや吹き出物といった肌荒れに悩む人は、この赤のとち姫洗顔石鹸を使用する前には十分に検討する必要があるのかな?と感じました(メーカーさん、ごめんなさい)

ただし、これはあくまでもニキビ太郎の個人的な意見で、赤のとち姫洗顔石鹸を使って肌状態が良くなった人はいるのとおもうので、あくまでもニキビ太郎のニキビ肌には合わなかったということです(><) ※この記事下部では、赤のとち姫洗顔石鹸の成分などを写真付きで細かくみているので、良かったら参考にしてみてください!

価格 送料 目安 返金保証
1,490円(税込) 一ヶ月 なし

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

 
  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

ニキビ太郎による写真解説コーナー

赤のとち姫1

インターネットで注文して4日後に商品が到着しました!クロネコヤマトさんが配達してくれましたよ!

赤のとち姫2

箱の作りが少しというかかなり大丈夫か?という感じです。横はガムテープ補強されています。

赤のとち姫3

箱を開封すると、そこには「この度は数ある商品の中から、赤のとち姫石けんをお買い上げいただき、誠にありがとうございます。毎日のお手入れが楽しみになる、鏡を見るのがワクワクするそんな石けんを真心込めてつくりました!赤のとち姫でお姫様になりましょう!」

と寿城ビューティ&ヘルスケアスタッフ一同さんのお言葉がプリントされたものが入っていたのですが・・・

僕ニキビ太郎もお姫様になれるのでしょうか・・・?そんなどうでもいい疑問を思ってしまった今日この頃です。。

赤のとち姫4

代金明細表には、謎のキャラクターもいました!

赤のとち姫5

箱に同梱されているものを全て取り出すとこんな感じです!

赤のとち姫6

栃の実に含まれる美容成分「プロアントシアニジン」の凄さについて詳しく記載してあります!

赤のとち姫7

石けんと全く関係ないのですが、カタログの裏にあったショコラフォンデュがものすごく美味しそうでした。

赤のとち姫8

いよいよ商品なのですが、箱がプチプチでしっかり梱包されています。

赤のとち姫9

プチプチを取ると、鶴のイラストが描かれたパッケージが出てきました。何だか若者よりもかなり年配の方向けのデザインのような気がしてます。

赤のとち姫10

ここで、全成分を書き出してみますね!

カリ含有石鹸素地、水、クロレラエキス、水添レチノール、リンゴ果実培養細胞エキス、クズ根エキス、プラセンタエキス、ザクロ果皮エキス、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、トチノキ種子エキス、ビオチン、葉酸、シアノコバラミン、ナイアシンアミド、パントテン酸、ピリドキシン、リボフラビン、チアミン / 酵母ポリペプチド、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、レスベラトロール、ブドウ葉/ 皮 / 種子エキス、シロキクラゲ多糖体、セラミド3、トコトリエノール、ヤシ油、アスタキサンチン、BG、キサンタンガム、グリセリン、レシチン、トコフェロール、コメヌカ油、香料

上記のようになっています!この商品もやはり添加物がモリモリ入っていますね。。。

この香料は本当に必要ないとニキビ太郎は強く思っています。

赤のとち姫11

パッケージの裏の全体写真になります。販売会社さんは、お菓子の壽城さんです。

赤のとち姫12

お菓子も販売している会社ということだけあって、パッケージの仕方がなんだかお菓子っぽいと感じたのはニキビ太郎だけではないと思います!

赤のとち姫13

袋を開封すると、赤い固形石鹸が出てきました!

めっちゃ臭いが強烈です。(汗)

赤のとち姫14

側面を見てみると、なんだかスイカの断片と似ている箇所もありました。

赤のとち姫15

そしていよいよ泡立てネットで泡立てていきます。

赤のとち姫16

泡自体はものすごく水気が多い感じがして、泡立ちも良かったです!ただ臭いが・・・(汗)

赤のとち姫の泡を肌にのせた様子

泡を肌につけた直後の写真になります。粒が細かいので、肌につけた瞬間から泡1つひとつが弾ける感じがしました。

これはかなり良いと感じたのですが・・・

赤のとち姫使用直後の肌の様子

洗顔直後は肌が少し赤みを帯、ヒリヒリ感を伴う肌の乾燥を引き起こしました。。。(汗)泡は上質な感じだっただけに非常に残念な結果と感じました。。。

→注目!1日でも早く赤ニキビを予防する方法を原因から詳しくみていきます!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ