注目!ニキビに効果のあるサプリメント、医薬品ってどれ!?その真相に迫っていきます!

ニキビ跡プロセス画像

→僕がニキビを劇的に予防できた食生活はこちらをクリック!!!

サプリメントと医薬品イメージ

  • POINT!
今ある頑固なニキビや吹き出物といった肌荒れの悩みを解決するために、サプリメントという手段もあります。

サプリであれば、食前食後に水なんかで簡単に摂ることができるので、その手軽さから人気があります。

ですが、そのサプリメントの種類がほんとうに多すぎてどれを選んでいいか全くわからないですよね?

なので今回は、サプリメントにどんな効果が期待できるのか?また、ニキビ太郎がオススメするニキビ撃退のためのサプリメントについてまとめたので、良かったら参考にしてみてください!

ニキビのためのサプリメントが存在する

サプリメントと言えば一昔前まではあまり馴染みなかったですが、最近では本当に多くの人が摂っているものですよね?

・健康のために
・美容のために

ネイチャーメイドサプリメント6

今の日本では本当にたくさんの種類のサプリメントが存在しています。普段の食事では不足がちに栄養素を補うためにですね。

そして、ニキビや吹き出物といった肌荒れのために研究・開発されたサプリメントも多くあります。

実際にGoogleさんや、Yahooさんの検索窓に「ニキビ サプリメント 効果」なんて入力すると本当にたくさんのサイトが出てきて、オススメのサプリメントを紹介されていますよね。

なので、この記事に辿り着いた人も既にニキビのためのサプリメントを知っていたり、中には試したことがある人も多いかもしれないですね。

ですが、本当に自分が期待する効果が本当にあるかどうかは、また別問題になってきます。。。

その理由は、サプリメント自体がニキビや吹き出物といった肌荒れに、直接的に効果があるのものではないからですね。

やわたマルチビタミン11

あくまでも健康な肌にするために必要な栄養素を小さなカプセルや粒にして、普段の食事では摂れない栄養素を補助する役目(栄養補助食品)と定義付けされているからですね。

なので、まずは自分の肌にできているニキビや吹き出物といった肌荒れが、どういった原因で発生しているのか?をしっかり把握する必要があると思っています。

以下でニキビの原因についてまとめたので、まずは自分の肌にあるニキビがどの原因で発生しているのかを確認してみてください!

それらを踏まえた上で、正しいサプリメントの選び方と効果についても以下にまとめたので、良かったら参考にしてみてください!

皮脂が原因であるケースには・・・

ニキビが出来る大きな原因は、毛穴に皮脂が詰まることです。

微小面皰(ニキビになりかけの毛穴)イメージ

毛穴に皮脂が詰まるということは、毛穴が塞がってしまって皮脂が排出できない状況であるか、

もしくは皮脂が過剰分泌されて、毛穴の排出口のキャパシティ(大きさ)では全て排出できずに、毛穴の中に詰まってしまうことが考えられます。

毛穴を塞ぐ塊(角栓)ができると、毛穴が完全に塞がって皮脂が出る事ができないんですね。

→注目!毛穴の詰まりがニキビの原因になっている!?その真相に迫ります!

そうなってしまった場合は、皮膚科で面皰圧出やレーザー治療を始めとして、日頃のスキンケアの仕方を根本的に見直す必要もあると思います。

皮脂が過剰に分泌されるのが原因であれば、例えば男性ホルモンの過剰分泌と密接な関係があるのかもしれないです。

人は強いストレスにさらされると、体内ではそれに対抗しようと抗ストレスホルモン(男性ホルモン)が分泌されるようになるんですね。

このおかげでストレスに負けない体になるのですが、その代償として男性ホルモンが過剰に分泌されると皮脂が普段よりも多く出るようになったり、皮膚の角質層が硬くなったりしてしまいます。

そうなると、毛穴に皮脂が詰まりやすくなり、結果としてニキビも出来やすい状況になるんですね。

この現象は男性はもちろんですが、実は強いストレスを抱えている女性にも同じことが言えます。

また女性では、男性ホルモン(抗ストレスホルモン)以外にも、女性ホルモンの1つである黄体ホルモン(プロゲステロン)にも男性ホルモンと似たような働きがあるので要注意です。

皮脂イメージ画像

女性ホルモンのうち、卵胞ホルモン(エストロゲン)は美容ホルモンと言われるくらい肌の美しさを維持するために活躍してくれるのですが、一方の黄体ホルモンを美容の観点から見ると、逆に皮脂が増えたり角質層が硬くなったりすることが明らかになっています。

なので、女性の方は生理前になると黄体ホルモンが優位になり、肌が荒れやすくなる人が多いんですね。

皮脂が過剰に分泌されるようになると、ニキビの原因菌であるアクネ菌の増殖にもつながるので、炎症が強い赤ニキビや黄ニキビが繰り返しできてしまうことにもつながってしまうので、そうならないための対策(ニキビケア)が大事になってきます。

→注意!皮脂の過剰分泌は吹き出物や肌荒れの原因になります。

他にも、体内の自律神経の乱れによる睡眠不足などによっても肌の新陳代謝が乱れやすくなり、肌荒れの原因になるので、複合的に普段の生活習慣が乱れていないかどうかを確認することも大事になるとニキビ太郎は考えます。

過剰なスキンケアが原因

洗顔イメージ

日頃の生活習慣以外にも、普段のスキンケアが間違っていることが原因でニキビが発生している可能性があります。

例えば過剰な洗顔が挙げられます。

実は以前のニキビ太郎もそうだったのですが、ニキビの原因は顔に残っている皮脂や汚れにあると思い込んでいて、一日に4回以上も洗浄力の強い洗顔料でゴシゴシと時間をかけてあらっていました。

ですが、これが肌に大きな負担をかけることにつながっていたんですね。。。(汗)

皮脂を洗顔によって洗い落としすぎると、脳は逆に皮脂が不足していると判断して以前よりも皮脂を過剰分泌するようになります。

そうなると、先ほども書きましたように皮脂が毛穴の中に詰まってしまってニキビの原因になってしまいます。

なので、ニキビや吹き出物といった肌荒れを予防するためには、多くても朝と夜の2回の洗顔だけで十分だとニキビ太郎は実感しています。

favicon 殺菌作用のあるものもNG

アクネ菌イメージ

よく、ニキビケア用品にはアクネ菌を殺菌するために、アルコール成分(エタノール)が多く配合されている商品が多いとニキビ太郎は感じています。

確かにアクネ菌が異常に発生すると、赤ニキビ黄ニキビへと進行してしまう可能性が高くなります。

ですが、アクネ菌も普段は健康な肌を維持するためには必要な常在菌の1種なんですね。

皮膚のバリア機能を維持してくれたり、皮脂をエサとするので、多少の皮脂の過剰分泌であれば逆にアクネ菌がそれをカバーしてくれている場合もあります。

なので、むやみにアルコール成分などでアクネ菌を殺菌してしまうのは、逆にニキビの炎症を悪化させることにつながってしまいます。

酷いニキビをケアするためのスキンケアの方法は以下のリンク先記事にまとめているので、良かったら参考にしてみてください!

スキンケアについてボタン
→ニキビ太郎が実際にしているスキンケア方法の全手法

正しいサプリメントの見極め方!

favicon ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEなどの含有量を把握する

ニキビや吹き出物といった肌荒れを予防するためには、普段の食事で肌の健康に必要な栄養素をきちんと摂ることが1番大事になってきます。

ですが、仕事や学業などが忙しく中々規則正しい食事を摂る事が出来ないという人は、現代の日本人の特徴でもあると思っています。

なので、美容効果が期待できるビタミン類を含むサプリメントなどを食事以外から補助することも時として必要になってくるとニキビ太郎は感じています。

特にビタミンB2やビタミンB6、ビタミンCやビタミンEも大事になってきます。

ビタミンB2イメージ画像

ビタミンB2は食事から摂る糖質や脂質の代謝を助ける役割を持っているので、皮脂の過剰分泌を予防してくれる効果が期待できます。

ビタミンB6は、肌の新陳代謝(ターンオーバー)機能を正常化する作用があると言われており、ニキビや吹き出物といった肌荒れの予防には欠かせない栄養素です。

因みに、ビタミンB群は腸の働きを高める栄養素と言われているので、普段から便秘ぎみの人は要チェックなビタミンになります。

そして、ビタミンCは抗酸化作用の高いビタミンとして要注目です。

肌は紫外線を浴びると活性酸素が発生してしまい、それが肌の老化につながり、肌のターンオーバーの乱れの原因にもなってしまいます。

そこでビタミンCの登場ですね。ビタミンCを摂取することでその活性酸素を退治する効果が期待できます。

また、色素沈着タイプのニキビ跡やシミの原因となるメラニン色素の抑制にも働くので、肌の健康を維持していくために、ニキビ予防のためには必須のビタミンだとニキビ太郎は考えています。

ビタミンEもビタミンCとならんで高い抗酸化作用のあるビタミンです。

他にも血行促進作用などがあるので、肌細胞の代謝に必要な栄養素を隅々にまで届けやすくなると思います。また、冷え性を良くしたりする効果も期待できます。

上記で紹介したビタミン類を単品で摂取するとその効果があまり発揮されないといわれています。ですが、ビタミン類は複合的に摂取する事でより高い効果を発揮することが研究で明らかになっています。

なので、ビタミンB2単品!ビタミンC単品!で摂取するより、マルチビタミン系のサプリメントで摂取することがより高い効果を得られる可能性が高いとニキビ太郎は実感しています。

ですが、マルチビタミン系のサプリメントであれば何でもいいという訳でもないので、サプリメントを購入する前には配合されている成分を十分にチェックする必要があると感じています。

因みに、ストレスを強く感じる人は、ビタミンB群やビタミンC、ミネラル系ではマグネシウムや亜鉛といった栄養素を補給すると良いと言われています。

→注目!ストレスはニキビの原因になる!?今回はその真相にせまっていきます!

1日に必要なビタミン量について

ここで、ビタミン類それぞれが1日にどれだけ必要なのかをまとめてみますね!

favicon ビタミンB2

成人男性:1.3mg
成人女性:1.0mg

※厚生労働省 日本人の食事摂取基準より引用

→注目!ビタミンB2はニキビの予防に効果がある!?その真相に迫ります!

favicon ビタミンB6

成人男性:1.4mg
成人女性:1.0mg

※厚生労働省 日本人の食事摂取基準より引用

→必見!ビタミンB6はニキビの予防効果があるのか?その真相に迫っていきます!

favicon ビタミンC

成人男性:100mg
成人女性:100mg

※厚生労働省 日本人の食事摂取基準より引用

→必見!ビタミンCがニキビに効果的な栄養素!?その真相に迫っていきます!

favicon ビタミンE

成人男性:9mg
成人女性:8mg

※厚生労働省 日本人の食事摂取基準より引用

→驚き!ビタミンEの過剰摂取がニキビを悪化させる?その真相に迫っていきます!

やわたマルチビタミン12

上記のようになっています。これらのビタミンを複合的にバランス良く摂ることでより高い効果を得る事ができます。

なので、普段の食事からしっかりと栄養バランスを考えて食事をしていれば、不足することはあまりないとは思うのですが、仕事や学業が忙しいと中々食事に気をつけてバランス良く食べることは難しいですよね。。。

また、普段からタバコお酒なんかを好む人、またはストレスを抱えることが多い人は、ビタミンCの消費量が多く、慢性的なビタミン不足に陥って肌トラブルだけでなく、健康そのものに深刻な悪影響を与えてしまっている可能性があるので、サプリメント等で積極的に摂取することも必要になってくるかもしれません。

特にビタミンCは水溶性ビタミンで、体外へ排出されやすいビタミンでもあるので尚更ですね。

※ビタミンAは過剰摂取すると逆に健康被害が出る可能性もあり、普段の食事で不足することも考えにくいので、サプリメント摂取よりも食事から摂る事を意識すると良いと考えます。

ニキビ細胞の増殖を抑制する作用のあるビタミンDは、男女共に一日に5μg摂取すると言われています。

favicon 天然素材由来の栄養素であるかどうか?

きらりのおめぐ実18

サプリメントを選ぶ上で大切なのは、どの栄養素が入っているのか?ということだけはなく、配合されている成分が人工的に合成されたものでないか厳しくチェックする必要もあると思っています。

天然の栄養成分の栄養素であれば、服用しても体への健康被害は少ない(現時点で完全にリスクがないことは明らかになっていないです)のですが、人工的に作られたものだと肝臓や腎臓といった臓器に悪影響を与えている不安があるとニキビ太郎は思っています。

特に価格が安いサプリメントは人工的に作られた成分であることが多く、体に良いと思って飲み始めた事が逆に体を蝕んでいる可能性があります。。

なので、天然成分なのか?人工的な成分なのか?がハッキリと分かるサプリメントを購入すべきだとニキビ太郎は考えます。

お金を出して購入するなら、栄養面でも安全でも安心できるものがいいですよね?天然素材から抽出したものであれば、不安は軽減されると思います。

favicon タイムリリース加工に注目

最近では、サプリメントの中でも特にタイムリリース加工されたものに注目が集まるようになっています。

タイムリリース加工というのは、胃の中でゆっくりと溶けて体内に長時間留まることができるように加工されたものを指します。

サプリメントは通常だと服用して1〜3時間後までしか体内に留まることができないのですが、タイムリリース加工されたサプリメントであれば、6〜8時間程体内に留まることができると言われています。

タイムリリース加工されたサプリメントはミクロのカプセルに有効な成分が入っていて、それが長時間かけてゆっくり溶けるので、それだけ栄養の吸収率に違いがでてくると言われています。

ただし、日本で販売されているサプリメントではまだこういった加工がされていないものの方が大半なので、もし見つけた場合は要チェックかもしれないです!

オリゴ糖や乳酸菌、食物繊維は摂れる?

栄養を効率良く吸収するためには、普段の食事から腸内環境を良くする為のメニューを考えることが大事になってくるとニキビ太郎は考えています。

その理由は、栄養を吸収、分解する際に活躍するのが腸内細菌だからですね。

この腸内細菌があるから、人は食べた物から必要な栄養素を作り出せるんですね。

なので、腸内環境が良くないといくら食事やサプリメントを通じて栄養素をたくさん摂っても、効率良く摂取することは難しいんですね。

きらりのおめぐ実19

そこで注目したいのが、オリゴ糖や乳酸菌、そして食物繊維といった成分です。

上記3種類の成分は、腸内細菌の特に善玉菌の大好物なので、これらを摂ることで腸内環境を整えていくことができます。

腸内環境が綺麗になれば、それだけ栄養素を効率的に作り出すことも可能になりますし、吸収率も格段に上昇することだと思います。

さらに、便秘などの悩みも解消、血行促進も期待できるのでダイエット効果や美容成分が体中に届けやすくなるといったメリットも出てきます。

そうすると間接的に、ニキビや吹き出物といった肌荒れを予防する効果も期待できます。

なので、せっかくサプリメントを摂るなら

・オリゴ糖
・乳酸菌
・食物繊維

といった成分が入っているかどうかもチェックした方が良いとニキビ太郎は考えます。

時々、サプリメントに入っている乳酸菌などは加工されている時点で死んでいるから全くもって意味がないという意見がありますが、これに対してニキビ太郎は異なった見解をしています。

その理由として、たとえ死骸となった乳酸菌でもそれはそれで腸内細菌のエサになると言われているからですね。なので、全く意味がないとは言えないとニキビ太郎は考えます。

即効性は期待できない!?

ネイチャーメイドサプリメント5

サプリメントはあくまでも栄養補助食品という位置づけなので、それだけを飲んでも効果の即効性というのはあまり期待することができないのが現実ですね。

肌の新陳代謝(ターンオーバー)の1サイクルは約28日と言われているので、サプリメントは最低でも一ヶ月程度飲み続けて初めて効果を実感できるとも言われています。

なので、2週間程度飲んでも全然効果が出なかったと簡単に諦めるのではなく、最低でも購入した一袋(一箱、一瓶)くらいは全て飲みきってしまうことをオススメしたいです。(もちろん質の高いサプリメントをですね!)

そして何より、サプリメントの効果を高めるためには、普段の食事もバランスよく栄養素が摂れるものにすることが重要ですね。

サプリメントは体の内側ケアしていくことが目的なので、普段から不足しがちな栄養素を補うことで、肌の健康だけでなく、体全体の健康にも効果が期待できるようになります。

そうなると、皮脂の分泌を抑制してくれたり、炎症を鎮めたりしてくれるといった、ニキビや吹き出物といった肌荒れの目立たせなくする効果が出る可能性が出てきます。

また、肌以外の体の不調に対しても効果を発揮してくれる可能性があります。

なので、サプリメントは即効性というよりは、少し長い目で飲み続けてみるという考えで挑戦することをオススメしたいです。もちろん、自分に必要なサプリメントは配合されている成分が栄養素の含有量というのはしっかりと確認するのが前提です!

そして、サプリメントを一度に大量に摂取したらそれだけ栄養素を大量に摂取することになって、健康になれると思っている人もいるようですが、実はそれは逆効果になる可能性があります。

一度に大量のサプリメントを摂っても、人間の消化器官で一度に吸収できる量というのは決まっているので、ある一定量以上摂っても吸収されずに、そのまま尿などを通して体外へ排泄されようになっています。

また、化学成分で構成されたサプリメントであれば、一度に大量摂取すると肝臓や腎臓に大きな負担をかけることになり、健康に不安を残すことになりかねません。

なので、体に良いものだからといっても何事もほどほどにする必要があるとニキビ太郎は感じています。

favicon サプリメントは薬ではない

ネイチャーメイドサプリメント1

時々サプリメントを薬代わりとして飲んでいる人がいるのですが、実はこれは違った認識で、正確にはサプリメントは栄養補助食品(健康食品)で、医薬品や医薬部外品といった薬とは全く違ったものだという点は把握しておく必要があります。

あくまでも、サプリメントは普段の食生活で補うことができない不足しがちな栄養素をカバーするといったものです。

一方の内服薬というのは、例えば抗生物質なんかが該当しますね。

皮膚科に行ってニキビを治療するための薬となると、ルリッド錠やミノマイシンといった内服薬を処方されるケースが多いです。

赤ニキビや黄ニキビ(化膿したニキビ)といった炎症の強いニキビに対して効果を発揮してくれます。

もちろん、市販されているものでも、ニキビに対する医薬品は存在しています。

有名なものでいくと、ペアa錠やチョコラBBシリーズですね。これらは抗生物質は含まれていませんが、薬効成分が配合されているので、第3類医薬品という分類でドラックストアなどで販売されています。

※サプリメントと医薬品のどちらにも言えるのですが、飲み始めて体に異変が出ているようであれば、飲み続けるのではなく、即刻中止することが大切になってきます。そして必要であればお医者さんに相談することも必要になることを頭の片隅に入れておく事が大事です。

→驚き!風邪薬がニキビの原因になる!?その真相に迫っていきます!

添加物の量には要注意!

サプリメントは健康に必要な栄養素だけでなく、実は添加物も大量に含まれているケースがあるので、その点については本当に要注意が必要です。

DHCマルチビタミン2

ある市販されているサプリメントを見てみると、50%〜90%が添加物だというケースも珍しくないようですね。。。錠剤の9割が添加物で、それが健康に良いと思って飲んでいるというのは本当に恐ろしいことだと思います(汗)

また、添加物を消化・分解する過程において肝臓などの臓器でサプリに含まれるビタミン類を消費してしまうといった、サプリメントを摂った意味を失くすことにもつながりかねないので、しっかりと把握しておく必要があります。

ここからは、一般的な錠剤タイプのサプリメントに含まれる添加物に多いものをピックアップして取りあげていきますね。

・賦形剤(ふけいざい)→形をつくるもの

・滑沢剤(かったくざい)→錠剤の表面がテカテカしていることがありますよね?あれはこの滑沢剤によって加工されているからですね。錠剤の表面が製造過程において汚れたり、機械にくっついたりするのを防ぐ目的に使用されます。

・結合剤(けつごうざい)→錠剤を固める際に使用する添加物で、ノリのような役割があると言われています。

・崩壊剤(ほうかいざい)→錠剤が体内に入った際に、分解・吸収されやすくすることを目的として配合される添加物です。

上記4種類は配合されていることが多く、その含有される割合も高いと言われています。

サプリメントを購入して飲むなら体に優しくて効果のあるものがいいですよね?そのためにはこういった添加物の存在をしって、質の高いサプリメントを選ぶことも非常に大切だとニキビ太郎は考えます。

favicon 添加物の含有量の調べ方

どのサプリメントを選べばいいかという基準の1つに、添加物の含有量を確認することを挙げました。

なので、ここではどれだけの添加物が配合されているのか?をチェックしていく方法をまとめますね!

今回は市販のマルチビタミンサプリメントである「DHC マルチビタミン」で確認していきますね!

DHCマルチビタミン1

1粒当たり525mgの成分(栄養素)が配合されていますね。

以下に全て書き出してみますね。

パントテン酸 9.2mg
ビオチン 45μg(0.045mg)
β-カロテン 5400μg(5.4mg)
ビタミンB1 2.2mg
ビタミンB2 2.4mg
ビタミンB6 3.2mg
ビタミンB12 6μg(0.006mg)
ビタミンC 100mg
ビタミンD 5μg(0.005mg)
ビタミンE 10mg
葉酸 200μg(0.2mg)
ビタミンP 20mg

上記の成分が配合されていると記載されています。この栄養素の単位を全てmgに統一して合計すると、152.656mgとなります。

これを全体の数値525mgから惹くと添加物の量を導くことができます。

525mgー152.656mg=372.344mg

なんと、DHCのマルチビタミンい配合されている約7割は添加物ということになりますね(汗)

これはちょっと予想外に質の低いサプリメントと言えるのかもしれないです(汗)

ちなみに、このサプリメントの原材料には、オリーブ油、ビタミンE含有植物油、ゼラチン、グリセリン、デュナリエラカロテン、酵素処理ルチン、ヘスペリジン(オレンジ由来)、ミツロウ、レシチン(大豆由来、遺伝子組み換えでない)が配合されています。

検証!きらりのおめぐ実は実際に効果があるのか?

きらりのおめぐ実16

GoogleさんやYahooさんで「ニキビ サプリメント」と検索すると必ずといっていいほど紹介されているのが【きらりのおめぐ実】というサプリメントです。

肌のポツポツに効果的だと言われており、ビフィズス菌や食物繊維も配合されているので、特に腸内環境を良くしていくことを目指していくサプリメントになるようですね。

もちろん、ニキビ肌に効果的だと言われているビタミン類もしっかりと配合されていて、さらに注目したいのは高い抗酸化作用のあるポリフェノールの成分が配合されている点ですね。

しかも配合されている成分は全て天然由来から抽出されたものだというので、安心感が違う感じがしています。

めちゃくちゃ魅力的な商品だとニキビ太郎も感じたので、早速購入して一ヶ月間試してみることにしました!

→【検証】きらりのおめぐ実がニキビに効果あるのかどうか実際に買ってみて調べてみました!

検証!緑の智恵は本当に効果があるのか?

緑の智恵9

こちらの製品も多くのサイトやブログさんで紹介されているので、既に知っている人が多いと思います。

緑の智恵は製薬会社さんが研究・開発して作られたもので安心と安全性という観点からは非常にポイントが高い商品だとニキビ太郎は感じています。

また、キウイ成分に注目している点でニキビ太郎はかなり優れた効果を期待することではないか!?と思い、こちらも実際に購入して一ヶ月間飲んでみました!

キウイ成分以外にも、大豆イソフラボンやビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCやビタミンEといった成分もしっかりと配合されているので、ニキビや吹き出物といった肌荒れで悩んでいる人は注目のサプリメントだと思います。

→【検証】緑の智恵はニキビ肌に効果あるのか?実際に飲んで調べてみました!

検証!チョコラBBシリーズ(医薬品)は肌荒れに効くのか?

チョコラBB2

テレビCMでもおなじみなのがチョコラBBシリーズですよね!

チョコラBBには糖質の代謝を助けるビタミンB1が配合されており、タンパク質の代謝を助けたり、肌の新陳代謝機能を促進させるビタミンB6や健康な細胞を増やすビタミンB2といったビタミン類もしっかりと配合されているので、人気が高いのも頷けますね。

ですが、配合されている成分が天然素材由来ではないというところが気がかりですね。。。(汗)

→【検証】チョコラBBシリーズがニキビに効果あるのかを実際に買って飲んで調べてみました!

検証!ペアA錠シリーズ(医薬品)が肌荒れに効くのか調べてみた!

ペアA錠漢方エキス錠

繰り返す大人ニキビ対策として、ライオン株式会社さんで研究・開発され、一般的に販売されるようになったニキビケア商品に、ペアシリーズがあります。

塗り薬タイプでは、ペアアクネクリームWがありますが、飲み薬タイプではペアA錠、ペア漢方エキス錠の2種類が販売されています。

今回は、飲み薬タイプのペアA錠、ペア漢方エキス錠の両方を実際に購入してみて、ニキビ太郎が実際に一定期間服用してみました!

実際の気になる効果や、飲んでみた感想を以下のリンク先記事にまとめたので、良かったら参考にしてみてください!

→【検証】ペアA錠はニキビに効果があるのかを実際に飲んで調べてみました!

検証!ハイチオールBシリーズ(医薬品)はニキビに効果あるのか?

ハイチオールBクリア1

最近だと、沢尻エリカさんがテレビCMに出演されていて、過去にはAKBのメンバーが広告キャラクターとして出ていたので、知っている人が多いかもしれないのが、ハイチオールBシリーズのニキビケア商品ですね。

エスエス製薬さんが研究・開発している商品で、1日1回の服用で効果を実感できるというのがこの商品の特徴として取りあげられています。

シミやそばかすといった症状対策としてもハイチオールCという商品がありますが、この商品と同じようにハイチオールBにもL-システインという成分が入っているので、他の会社のニキビケア商品よりも色素沈着タイプのニキビ跡にアプローチしてくれる商品なのかな?と感じています。

また、2016年3月に発売されたハイチオールBクリアという商品は、従来のハイチオールBよりも効能・効果の欄が増えているので要注目商品だとニキビ太郎は感じています。

以下のリンク先記事でより詳しくまとめ、実際にニキビ太郎が飲んでみた感想なども記載しているので、良かったら参考にしてみてください!

→【検証】ハイチオールBクリアがニキビに効果あるのか実際に買ってみて試してみました!

検証!ネイチャーメイドマルチビタミン&ミネラルの効果はどうなのか?

ネイチャーメイドサプリメント1

ビタミン類は複合的に同時に摂ることで、より高い効果が発揮されることが明らかになっています.

なので、ビタミン類が複合的に配合されているマルチビタミン系のサプリメントにも注目してみました。

今回ニキビ太郎が選んだのはアメリカでの販売シェアがNo.1の「マルチビタミン&ミネラル」です。この商品には12種類のビタミンと7種類のミネラルが配合されているので、普段から食生活が偏っていて中々規則正しい食事を摂れない人は、要必見なものだと思っています。

価格自体もお手頃ですし、何より1粒でこれだけのビタミンやミネラルを同時に摂れることは非常にすごいことだと感じています。

ネイチャーメイドサプリメント2

ニキビ太郎がネイチャーメイドさんのサプリメントを買うときはいつもAmazonさんで、今回の価格は1,509円でした!

栄養機能食品(亜鉛・銅・ビオチン)を含んでいるサプリメントですね。

原材料として以下の成分が配合されています。

セレン酵母、クロム酵母、サンゴカルシウム、セルロース、酸化Mg、V.C、グルコン酸亜鉛、ナイアシンアミド、硫酸鉄、V.E、ショ糖脂肪酸エステル、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、パントテン酸、Ca、グルコン酸銅、V.B6、V.B1、V.B2、β-カロテン(ゼラチンを含む)、V.A、葉酸、ビオチン、V.D、V.B12

ネイチャーメイドサプリメント3

また、配合されている栄養素がどれくらいなのかというと、

・エネルギー:3.33kcal
・タンパク質:0~0.1g
・脂質:0~0.1g
・炭水化物:0.67g
・ナトリウム:0~2mg
・カルシウム:200mg
・マグネシウ:100mg
・亜鉛:6mg
・鉄:4mg
・銅:0.6mg
・セレン:50µg
・クロム:20µg
・ビタミンA:300µg
・β-カロテン:1.8mg
・ビタミンB1:1.5mg
・ビタミンB2:1.7mg
・ビタミンB6:2mg
・ビタミンB12:3µg
・ナイアシン:15mg
・パントテン酸:6mg
・葉酸:240µg
・ビオチン:50µg
・ビタミンC:125mg
・ビタミンD:10µg
・ビタミンE:9mg

上記のようになっています。

ネイチャーメイドサプリメント4

キャップを開封すると、ちゃんと紙で密封されているので安心ですね。

ネイチャーメイドサプリメント5

紙を取ると、結構びっしりとサプリメントが配合されています。

臭いはサプリメント特有の臭いみたいなのがします。

良い匂いではないと僕は感じています。

ネイチャーメイドサプリメント6

そして・・・このサプリメントの最大の欠点は、、この粒の大きさにあると思います。ニキビ太郎には粒が大きすぎて、そのまま飲んだら胃に到達するまでの間にひっかかった感じがして、非常に痛い思いをするので、毎回半分にしてから飲むようにしています。

錠剤の真ん中に半分にするラインのようなものがあるのですが、それを蓋とかに押し付けると、意外と簡単に半分に分割できます。

サプリメントや薬で錠剤を飲み慣れていない人にとってはかなり苦痛だと思います(汗)

ニキビ太郎も以前は、このサプリをよく飲んでいましたが、今は普段の食事で色々や栄養素を摂れる食事を意識したり、皮膚科でもらえるビタミン剤や、優光泉といった方が費用対効果は高いかな?と感じているので、本当に旅行なんかに行く時に、服用する程度になりましたね。

検証!やわたのマルチビタミンは効果ある?

やわたマルチビタミン9

テレビCMでもおなじみ、「やわた」シリーズの”体にうれしいマルチビタミン”がニキビや吹き出物といった肌荒れにも効果があるという情報を、他のニキビ関連のサイトやブログさんで見聞きしたので、早速ニキビ太郎も注文してみました!

やわたマルチビタミン1

インターネットサイトで注文してから約2日後にポストに投函されていました!

やわたマルチビタミン2

小さいダンボールで、裏のデザインはこのようになっています。

やわたマルチビタミン3

早速開封してみました!

やわたマルチビタミン4

同梱されていた中身を全て取り出してみました!不要なプリント類は無く、本当に最小限にとどめてある感じがしました。

やわたマルチビタミン5

これは、説明書のようなものですね。

やわたマルチビタミン6

マルチビタミンの原料は天然由来であること、賞味期限が長いが、保存料は入っていないということ、飲むタイミングについても詳しくまとめてあって、非常に読みやすいと感じました。

やわたマルチビタミン7

あとは、日常に役立つ情報がまとめられた冊子などが入っていましたよ!

やわたマルチビタミン8

あと、テレビCMでおなじみのあの八幡社長の言葉が入っていました!

やわたマルチビタミン9

これがマルチビタミンの本体になります!

黄色をベースに、色々や野菜のイラストが入っているデザインで非常に安心感があると感じました。

やわたマルチビタミン10

裏のデザインになります。

名称としては「酵母加工食品」となっていますね。

また、原材料は

紅花油、ビタミンB群含有酵母、ビタミンE含有植物油、フィッシュゼラチン、グリセリン、増粘剤(ミツロウ)、ビタミンC、デュナリエラカロテン、植物レシチン(大豆由来)、ビタミンD

上記のように記載されています!

配合されている栄養素、主要成分(1粒当たり)は、

主要成分(1粒当たり)  

・エネルギー:2.6kcal

・たんぱく質:0.17g

・脂質:0.18g

・炭水化物:0.080g

・ナトリウム:0.070mg

・β-カロテン:1,680μg

・ビタミンB1:0.15mg

・ビタミンB2:0.31mg

・ビタミンB6:0.49mg

・ナイアシン:3.3mg

・パントテン酸:0.29mg

・葉酸:30μg

・ビオチン:30μg

・ビタミンC:12mg

・ビタミンD:1.6μg

・ビタミンE:6.7mg

上記のように記載されています!

やわたマルチビタミン11

早速開封したところ、中身は何と真っ赤な粒が入っていました!!!

どうして赤いのか?ということに疑問を持って調べたところ、βカロテンの色で、着色料は一切使用していないとのことでした。

これは非常に安心して飲む事が出来ますね。

やわたマルチビタミン12

手のひらにとってみました。

サプリメントのカプセルに、天然ビタミンと記載があり、本当に天然のものにこだわっているんだなと感じました。

そして、水がなくても飲めるかな?と思って、噛んで服用したところ・・・植物油が入っていることからかなりドロっとした液体が出てきました。

全く美味しくない味なので、必ず水が準備できる環境で、水かぬるま湯と一緒に服用するのが良いと思いました。

肝心の肌への効果ですが、ニキビ太郎は正直皮膚科で処方してもらえるビタミン剤や漢方薬の方が費用対効果は高いと感じましたが、天然素材から摂れる栄養素が配合されているので、試してみる価値はあるのかな?と感じました。

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

→注目!1日でも早く黄ニキビを予防する方法を原因から見ていきます!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ