検証!塩洗顔がニキビに効果があるのかを実際に試してみました!

[最終更新日]2016/07/27

ニキビ跡プロセス画像

→僕が短期間でニキビを劇的に予防できたスキンケアは、こちらをクリック!!!

塩洗顔2

  • POINT!
最近注目されているのが、塩を入浴剤代わりに用いたり、顔のマッサージの際に塩を使うとニキビ吹き出物といった肌荒れだけでなく、毛穴の開きもカバーできる美容方法(毛穴レス効果)だと耳にしました。

実は超セレブの人も実践しているとの噂で、ハリウッド女優のアマンダ・セイフライドさんも塩洗顔を実践されているようですね。

ニキビのないツルツルな肌にもなれるとのことで、早速ニキビ太郎も検証を兼ねて実際に塩洗顔を試してみました!

まずは、塩洗顔がどういったもので、それがどんな影響を肌与えるのかを簡単に把握して、検証していきますね!

塩洗顔の効果はどんな感じ?

塩イメージ1

塩洗顔をすることで、肌がツルツルになると言われています。

その理由は、塩に含まれるマグネシウムやナトリウムが、肌の角質層にある余計な角質(垢)や毛穴の汚れを取り除いてくれるような、ソフトピーリング効果があるとされているからですね。(スクラブ洗顔と違って余計なものが入っていないことも人気の1つのようですね。)

毛穴の汚れを適度に取り除くことができれば、毛穴に皮脂が詰まって塞がることが減るので、これがニキビ予防につながるというわけなんですね!

また、塩に含まれるカリウムには毛穴を引き締めてくれる効果があると言われています。

その他にも、塩には血行促進や発汗作用も期待することができると言われています!なので、血液によって栄養素が肌細胞の隅々にまで行き渡りやすくなります。

→注目!血行不良はニキビの原因になる!?

ターンオーバーの仕組みイメージ

そうなると肌の新陳代謝(ターンオーバー)も良くする事がでるので、肌の色素沈着(シミ)ニキビ跡やくすみ、くまといった肌トラブルの予防にもつながっていくんですね!

さらに、殺菌作用も期待できるので、皮脂が詰まった毛穴にニキビの原因菌(アクネ菌)がやってくるのも未然に防ぐ確率をアップすることができることが予想されます。

favicon ニキビが悪化する!?

塩洗顔は適度なソフトピーリング作用(角質融解作用)があることから、ついつい肌をツルツルにしたい人は週1以上の頻度でしてしまうことがあるようです。

そういった場合は確実に肌への大きな負担となり、肌にしっかりとした角質が出来ない状態になってしまうんですね。適度な回数で古い角質を取り除くことができれば、それはニキビ予防に繋がる可能性が高いですが、間違った方法だと、未熟な肌細胞が肌の表面に現れ、満足な肌のバリア機能を維持できなくなってしまいます。

そうなると、肌の乾燥を招いたりすることが考えられるので、逆に毛穴に皮脂が詰まりニキビができる原因とつながってしまう可能性があるので塩洗顔をする頻度には十分に気をつけなければいけないです。

また、既に顔に赤ニキビ黄ニキビ紫ニキビといた炎症の強いニキビがある人にとって、塩は刺激になるので、余計に患部の炎症を悪化させてしまう恐れがあります。

なので、炎症の強いニキビや吹き出物といった肌荒れが強い人は、塩洗顔をする前に要検討すべきだとニキビ太郎は考えます。

ニキビ肌の人で塩洗顔をしていいのは、白ニキビや黒ニキビといった比較的症状の軽いニキビで悩んでいる人にオススメしたいです。(ですが、一回してみて肌の状態が悪くなったりした場合、直ぐに塩洗顔を中止するようにしましょう)

塩洗顔の仕方

塩イメージ2

塩洗顔に使う塩は、近くのスーパーなんかでも販売している普通の食卓塩でも大丈夫のようですね!

ただ、より高いクオリティを求めるなら、ミネラルが豊富な天然塩やキメの細かい塩が良いと言われています。(最近では美容専用の塩というのも販売されているようですね。)

塩洗顔の仕方は、

①まずは顔全体をぬるま湯ですすぎます。

②次にスプーン1杯分の塩を手に取って広げます。

③そして塩を顔全体に付けて優しくマッサージしていきます!

④クルクルとマッサージをしている内に、少し肌が滑るようになってきたら、再びぬるま湯でしっかりとすすぎます!

これが塩洗顔の一通りの流れになります。

他にも塩を直接顔につけないバージョンもあって、あらかじめ溜めたぬるま湯に塩を溶かして洗顔をする方法ですね。

また、手のひらで塩ペーストを作り、それを顔に馴染ませていく方法もあるので、こういった中で自分の肌に合う方法を見つけるのも大事になってきますね。

塩洗顔6

さらに、塩水ですすぐという方法があります!(海で泳ぐ場合は自然と塩水を肌につけることになりますね!)

塩を顔に直接ペーストすることに抵抗がある人は、塩水ですすぐ方法がいいとニキビ太郎は感じました!(特に酷いニキビ肌や敏感肌で挑戦する人はこちらの方法をオススメしたいです!)

また、塩洗顔が肌に極端に合わない人もいるので、事前にパッチテストをしておくことも大切だと思います。

※余談ですが・・・

塩洗顔のレベルを高めるために、ヨーグルトや卵白、オリーブオイルに塩を混ぜてパックする方法もあるようですね。

実は、ヨーグルトとオリーブオイルに関しては塩は入れてないですが、検証したことがあり、結果は・・・以下のリンク先に記載しているので、良かったら覗いてみてください!!

→検証!ヨーグルトパックは色素沈着(シミ)や赤みにも効果があるのか!?

→【検証】オリーブオイルパックは本当に吹き出物などの肌荒れに効果的なのか?

卵白洗顔に関しては今回は挑戦しませんが、機会があればニキビ太郎も試してみようと思います!

favicon 週1回の頻度でOK!

塩洗顔はソフトピーリング効果があるとされているので、頻度としては週1回程度がベストだとされています。

それ以上は確実に肌への負担を大きくすることになり、逆効果だと言われています。どれだけ毛穴の黒ずみが酷くてもやり過ぎは絶対にNGです!

また、週1回といってもその時の自分の肌の様子を見てするかしないかの判断をしっかりと選択する必要もあるとニキビ太郎は感じています。

肌状態が思わしくない時に塩洗顔をやってしまうと、肌を傷つけるだけで却ってニキビを悪化させたり、毛穴の開きを大きくする可能性が高くなるだけなので、肌が敏感な時は思いきって「今週は塩洗顔はしない!」と決断することも重要になってきます。

また、洗顔中に肌に刺激(ヒリヒリ感や赤みなど)が出た場合は直ぐに中止した方がいいです。また塩洗顔だからといって塩で顔をゴシゴシするのは絶対にNGです。

アトピー性皮膚炎の人は避けた方がいい
アトピー肌イメージ画像

アトピー性皮膚炎の人は肌状態が既に敏感で、バリア機能も低下している状況なので、塩洗顔はしない方がいいと感じています。

どうしても挑戦したい人というのは、塩や塩ペースを直接肌に付けるのではなく、水に塩を溶かした塩水で軽くすすぐ程度から始めるようにしてください。それだけ塩洗顔は刺激が強いですからね。

※ちなみに女性が塩洗顔をする場合は、メイクやお化粧を落とした後にするようにしましょう!塩洗顔はクレンジング代わりにはならないのでその辺りは要注意です。

検証!塩洗顔を実践してみました!!

ニキビ太郎は普段から非常に肌が敏感なので、塩ペーストを直接肌に塗布していく方法ではなく、塩水を使ってそれで顔をすすぐだけの洗顔で挑戦します!(今回は飽和食塩水を使っていきます!)

①まず適当な量の水を用意します。

塩洗顔1

②それに塩を入れていき、よく混ぜます。

今回用意したのは、ニキビ太郎の家の近くにあるMAXバリューというスーパーで購入した、ローレヌ岩塩というフランス製の岩盤です。

塩洗顔2

裏はこんな感じです!

塩洗顔4

岩塩の中でも粒子が細かい方だと思い購入しました!

塩洗顔3

③もう塩がそれ以上溶けないとなるレベルまで入れます。ここまでくると最後に溶け残った塩を取り除いて、飽和食塩水の完成です。

塩洗顔5

下の写真は塩ペーストの状態のものですね。(今回塩ペーストは使用しません!)

塩洗顔6

④いよいよ、飽和食塩水を肌につけていきます!下の写真は、肌に塗布した直後のニキビ太郎の肌の様子です。

塩洗顔9

めちゃくちゃヒリヒリします!!!!

飽和食塩水、、、まじで痛いレベルのピリピリ感です。。。(汗)

2回ほど顔につけた時点でニキビ太郎は継続使用を断念しました。。。。(汗)

塩洗顔7

上の写真は、飽和食塩水を流水で流した後のニキビ太郎の肌の様子です。

ぬるま湯で洗い流した後でも結構ピリピリ感が残ったので、普段から肌が敏感で弱く、洗顔でもつっぱりやすいと言う人は避けた方がいいかもしれないです。

元々肌が頑丈で、かつ肌が強い人が肌トラブルの予防としてやる分にはいいかもしれないですね。

ニキビ肌でやる人は、飽和食塩水ではなく、水に対して本の少し塩を入れる塩洗顔をした方をニキビ太郎はオススメしたいです!

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

→【検証】オードムーゲはニキビの予防効果が期待できるのか?実際に試してみました。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ