【検証】ルシードシリーズでニキビ肌を予防することができるのかを実際に試してみました!!

[最終更新日]2016/07/13

ニキビ跡プロセス画像

→僕が短期間でニキビを劇的に予防できたスキンケアは、こちらをクリック!!!

  • POINT!
株式会社マンダムさんのルシード(LUCIDO)シリーズが、ニキビや吹き出物といった肌荒れに効果あるという情報を、他のニキビ関連のサイトやブログさんでで見聞きしたので、実際にニキビ太郎も購入して使用してみました!

ルシード1

使用してみた結果・・・

使用する人を選ぶ製品だと感じました。

特に普段から乾燥肌や敏感肌で、かつニキビで悩む人は使用をする前に要検討すべき商品だと感じました。

ルシード7

メーカーさんには申し訳ないのですが、今まで使用してきたスキンケア商品の中で最もスースー感が強く、それに伴い肌の赤み、ヒリヒリ感までするようになりました。

まずは化粧水なのですが、今回は、

①さっぱりタイプ
②シェーブケアタイプ

の2種類を使用しました。残念ながらどちらもものすごいアルコール成分が強いと感じました。

①のさっぱりタイプの化粧水は。乾燥による小じわを目立たなくすることが特徴とのことですが、使用することで肌の常在菌のバランスが乱れるとニキビ太郎は感じました。

なぜならアルコール成分(殺菌)が強すぎるからですね。完全に必要な菌までも殺菌してしまいます。。。(汗)そうなれば、肌のバリア機能が完全に破綻してしまいます。肌バリアには肌の常在菌が欠かせないからですね。

そうなると、余計に肌の乾燥は悪化し、小じわやシミだけでなく、ニキビや吹き出物といった肌荒れを発生させる恐れがある可能性があると感じました。

ルシード8

次に、②もシェーブケアタイプを見て行きます。抗炎症、殺菌成分で、ひりつき・肌荒れを防ぐことを特徴としていますが、これもアルコール成分が強すぎました。。。(汗)

使用して一時的には抗炎症といった効果を感じることが可能かもしれないですが、継続使用することで、こちらも間違いなく肌のバリア機能を破綻させてしまうとニキビ太郎は感じました。

どちらの化粧水も、ニキビ太郎の肌は真っ赤になり、ヒリヒリ感、スースー感はハンパないです。

そして・・・化粧水を顔全体にハンドプレスした際に瞼(まぶた)にも化粧水を付けたのですが、、、、これがちょっとニキビ太郎の肌には合わなかったです。(汗)

眼球までスースーするんですね。。。なので、もしルシードシリーズを使用する際には目の近くには絶対にしようされないことをオススメします。

ルシード14

ちなみに、パッケージの裏に、「発揮成分が目にしみることがあります。」と記載されていました。。。(涙)

最後に、乳液(しっとりタイプ)なのですが、これも完全にアルコール成分が強すぎるタイプです。。。

化粧水でも殺菌し、乳液でも殺菌となると、完全に肌に悪いですよね。。。乳液自体はしっとりとした白い液体で、肌に塗布しやすくはあrのですが、めちゃくちゃスースーヒリヒリ感がするので、肌が弱い人は絶対に使用する前に要検討するタイプのスキンケア商品だとニキビ太郎は感じました。

ルシードシリーズは、ニキビや吹き出物といった肌荒れで悩む人は使用前に要検討するべき商品だとニキビ太郎は感じました。。。

ただし、これはあくまでもニキビ太郎の個人的な意見で、ルシードシリーズを使って肌状態が良くなった人はいるのとおもうので、あくまでもニキビ太郎のニキビ肌には合わなかったということです(><) ※この記事下部では、ルシードシリーズの成分などを写真付きで細かくみているので、良かったら参考にしてみてください!

価格 送料 目安 返金保証
以下に記載 一ヶ月 なし

価格は、

・ルシード薬用ローションQ→864円
・ルシード薬用アフターシェーブローションN→718円
・薬用スキンミルクD→864円

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

 
  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

ニキビ太郎による写真解説コーナー

ルシード1

今回もニキビ太郎の家の近くにあるウェルシアという薬局で購入してきました!3つの合計金額は2,446円でした!

ニキビ太郎はルシードのヘアワックスを一時期使っていて、中々使用感が好きだったので、今回のスキンケア商品にも期待していました。

ルシード2

最初に「ルシード薬用アフターシェーブローションN」をみていきますね!

緑色のパッケージには、40歳からのというのが推してありますね。また、洗顔後のつっぱり防止、カミソリ負けまでとのことです。

ルシード3

パッケージの裏になります。男性用の化粧水で、コエンザイムQ10配合でヒリつきや肌荒れを防いでくれると記載してありますね。

ルシード4

下の方に全成分が記載してあったので、こちらにも書き出してみますね!

イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸ジカリウム、精製水、エタノール、1,3-ブチレングリコール、トリメチルグリシン、ポリエチレングリコール20000、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル、l-メントール、dl-カンフル、乳酸ナトリウム液、N-アセチル-L-ヒドロキシプロリン、乳酸、DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液、L-アスコルビン酸 2-グルコシド、アロエエキス(2)、ユビデカレノン

モリモリ添加物が配合されていますね。。

ルシード5

気になるパッケージを開封して中身を取り出してみました!

全てアルファベットで書かれているので大人の使うものという感じがしますね!

ルシード6

実際に化粧水を手のひらに取り出してみました!透明なのですが、、、この時点で結構強烈なアルコール臭がします。。。(汗)

成分表にエタノールとしっかり記載されていましたもんね、、、(汗)

ちょっと嫌ですが、頑張って肌に塗布していきたいと思います。。。

ルシード7

はい、完全に赤くなりました。ちょっと上の写真じゃ分かり辛いかもしれませんが、ニキビ太郎の肌は化粧水を塗布した部分は真っ赤になっています(汗)

そして、スースー感、ヒリヒリ感が塗布した直後からかなりするので、化粧水を使用したことはひどく後悔したレベルです。。。(泣)

恐らく今まで使用してきた化粧水の中でもハイレベルで、肌への刺激が強いものに分類することができます。。。

これでカミソリ負けに塗布したら、余計に悪化すると感じましたし、ニキビや吹き出物といった肌荒れで悩んでいる人には向かない化粧水だと感じました。

そして、ヒリつきを防ぐ化粧水のはずが、、、ニキビ太郎の肌は完全に真逆の症状ヒリヒリするようになりました(汗)

この刺激レベルだと特に普段から乾燥肌や敏感肌の人には合わないとニキビ太郎は思うのですが、、、メーカーさんにも申し訳ないですが、これは一度見直した方がいいレベルの製品だとニキビ太郎は強く実感しました。。。

ルシード8

次に、さっぱりタイプの化粧水である「ルシード薬用ローションQ」をみていきます!

青色のパッケージには、乾燥や小じわ、シミといった40代の人が気にしている悩みにスポットをあてて開発された化粧水のようですね。

こちらの製品は、効能評価試験済み製品のようで、乾燥による小じわを目立たなくすることが評価されているようですね!

ルシード9

パッケージの裏を見て行きます!こちらも無香料、無着色。防腐剤フリーを推してありますね。

こちらも下の方に全成分が記載してあるので、以下に書き出してみますね!

ルシード10

L-アスコルビン酸2-グルコシド、グリチルリチン酸ジカリウム その他成分:ユビデカレノン、N-アセチル-L-ヒドロキシプロリン、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、アロエエキス(2)、シャクヤクエキス、ボタンエキス、精製水、1,3-ブチレングリコール、エタノール、濃グリセリン、ポリエチレングリコール1500、水酸化カリウム、クエン酸ナトリウム、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、l-メントール、l-メンチルグリセリルエーテル、クエン酸、1,2-オクタンジオール、DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液、ポリエチレングリコール

シェーブケアの化粧水と比較したら、こちらの化粧水の方が添加物が多いですね。。。

ルシード11

パッケージを開封しました。シェーブタイプとほとんど同じですね。

ルシード12

手のひらに化粧水を取り出してみました!

こちらもかなりエタノール臭が強いです。。。正直、シェーブタイプとの違いがわからないです。。。

ルシード13

上の写真は、ルシード薬用ローションQをニキビ太郎のニキビ肌に塗布した直後の写真です。

シェーブタイプよりもさらに肌が赤くなったと感じました。そして、シェーブタイプに負けないくらいめちゃくちゃ肌がスースーします。。。(汗)

そして、この時瞼(まぶた)の近くに化粧水を塗布してしまい、、、そのエタノールの発揮性によって眼球までもがスースーとするようになってしまいました。。。(汗)

この記事の冒頭にも書きましたが、エタノールによって肌のアクネ菌(常在菌)を退治することによって、ニキビや吹き出物といった肌荒れを一時的に予防することがあるかもしれませんが、継続使用すると間違いなく肌の常在菌のバランスが乱れ、肌のバリア機能が破綻、そして肌の乾燥を引き起こすようになってしまいます。。

なので、こちらの化粧水を使用する際には本当に注意が必要だとニキビ太郎は思います。

ルシード14

最後に乳液(しっとりタイプ)を使用していきます!

乾燥・粉ふき対策に特化した製品のようですね!

オレンジのパッケージが特徴ですね。

ルシード15

パッケージの裏です。

既に紹介した2つの化粧水とほぼ同じですね。違いは、化粧水が乳液という表記に変わっているくらいだと思います。

ルシード16

こちらも全成分を書き出してみますね!

L-アスコルビン酸2-グルコシド、グリチルリチン酸ジカリウム その他成分:ユビデカレノン、N-アセチル-L-ヒドロキシプロリン、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、アロエエキス(2)、シャクヤクエキス、ボタンエキス、精製水、濃グリセリン、1,3-ブチレングリコール、エタノール、デカメチルシクロペンタシロキサン、メチルポリシロキサン、2-エチルヘキサン酸セチル、テトライソステアリン酸ペンタエリトリット、水酸化カリウム、モノステアリン酸ポリエチレングリコール、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、ポリオキシエチレンフィトスタノール、グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル、親油型モノステアリン酸グリセリル、セタノール、l-メンチルグリセリルエーテル、l-メントール、1,2-オクタンジオール、DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液

化粧水よりもさらに多くの添加物が配合されていますね。。。

ルシード17

パッケージを開封してみました!

ルシード18

乳液を手のひらに取り出してみました!しっとりタイプということだけあって、かなりしっとりした乳液だという印象でした。

そして・・・乳液が1番アルコール臭が強いと感じました。。。(汗)

ルシード19

上の写真は、ルシードの乳液をニキビ太郎の肌に塗布した直後の肌の様子を写真に撮ったものです。

やはり肌が赤くなり、ヒリヒリ感、スースーがハンパなかったです。。。(汗)

乳液でスースーとヒリヒリがこれほどまでするのはニキビ太郎は初めての経験でしたね。。。

肌には良くないとニキビ太郎は感じました。

ルシードのスキンケア商品を使用するなら、皮膚科のニキビ薬、保湿薬を使用する方が肌に優しく、そして費用対効果は高いと思います。

→注目!1日でも早く赤ニキビを予防する方法を原因から詳しくみていきます!

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ