【検証】ビーグレン(b.glen)を実際に使った効果について。吹き出物や肌荒れはどうなると?

[最終更新日]2016/08/03

  • POINT!
(※お断り)かなり長文の記事となっていますが、ビーグレンについてとても重要なことを書きました。なので、本気で酷いニキビやニキビ跡の悩みを解決したい人以外には、退屈になる記事になる可能性が高いです。どうかご了承くださいm(_ _)m

ビーグレン18

 ニキビ太郎は酷いニキビやニキビ跡のせいで、本気で人生に希望が持てなくて、「ニキビのせいで死にたい」と思ってしまうことも多々ありました。

ですが、僕ニキビ太郎は【ビーグレン】に出会えたことで、苦しくもがき続けたニキビの悩みから解放されました。

ビーグレンは特に、

・ニキビの炎症がひどく、いつまでも顔に赤みがある人
・乾燥が原因で大人ニキビを繰り返してしまう人
・ニキビや赤ら顔を治しながら予防したい人
・低刺激のニキビケア商品が欲しいと思っている人
・これまで色々なニキビケア商品を試したけど効果が無かった人
・ニキビができない肌にしたい人
・ニキビ跡を予防したい人

上記に当てはまった人にはビーグレンがピッタリだと感じています。

ニキビ太郎が唯一使って良かった!と心の底から思えるもので、「365日返金保証付き。使用後でも効果を感じなければ返品・返金OK」という点がビーグレンの自信の現れであり、魅力だとニキビ太郎は感じています。

ニキビ跡プロセス画像

↓トライアルセット

価格 使用感 送料 目安 返金保証
1,800円+税 使用感5 無料 1週間 365日返金保証

ビーグレンボタン

どうしてビーグレンなのか?

ニキビ太郎は、ビーグレンに出会うまでの約8年もの間、ニキビやニキビ跡で悩み、どんなことをしてでもその苦しみから解放されたくて、本当にたくさんのスキンケア(ニキビケア)商品を買っては試してきました。

ニキビケア商品一覧

その総金額は約200万円近くになるかもしれません。。(泣)

時には高額なローンを組んでまでも、約30万円もする美顔器や約10万円もするトータルスキンケアを購入しそうになったりしてきました。(実際にいくつかローンを組んで買っています涙)上の写真は、その一部です。

だけど・・・

どんなに高額な商品を使っても、僕の顔全体にあった酷いニキビやニキビ跡はいつまでも消えてはくれませんでした。。。

買ったニキビケア商品の中には、使用する度に肌の状態がさらに悪化し、ニキビがさらに増えたり、炎症が強くなったりしたことも数えきれないほどあります。。。

なので、「正直どんなことをしても、自分のニキビ顔は一生良くならない・・・」

と本当に人生を諦めたい気持ちで胸がいっぱいになることが多かったです。

だけど、どうせ人生を諦めるなら、最後にもう一度だけ本気でニキビと向き合って、必死になって努力してみようと思い、インターネットやニキビ関連の本を大量に買い込み、情報収集をしていると、

ニキビを良くするためには、肌が本来もっている潤いを作り出す力を復活させる必要があることを知りました。

既にニキビやニキビ跡で悩んでいる人は、肌の状態やバランスが、何かしら悪くなっているから発症してしまうんですね。。

なので、肌が本来もっている保湿機能や自然治癒力を復活させることができれば、ニキビやニキビ跡は次第に良くなっていくと思うようになっていきました。

ビーグレン11

そんな時に出会ったのが、今回紹介している「ビーグレン」です。

商品説明を読んでいて、ビーグレンを使い続ければ、肌が本来もっている保湿機能や自然治癒力をを復活させることが可能かもしれないという考えをもちました。

その理由は、ビーグレン自体が医療現場で使われていてた浸透技術を駆使して研究・開発された基礎化粧品だからという点です。

超最先端の浸透技術にビーグレンの社長さんが惚れ込み、その浸透技術を研究・開発したアメリカの大学教授の方を最高開発責任者と任せているというなんとも珍しい化粧品メーカーでもあるのがビーグレンなんですね。

ビーグレン8

もちろん日本の化粧品メーカーなので、ちゃんと日本人の肌に合った商品を開発しており、さらに科学的にちゃんと根拠のある成分や技術だけを用いているところもビーグレンの魅力だと思います。

こういった点からも、ビーグレンは信頼できる数少ない化粧品メーカーの1つだとニキビ太郎は思っています。

ビーグレンボタン

だけど、ビーグレンは値段が高い・・・

ビーグレン17ビーグレン11

正直に言うと、ニキビ太郎もビーグレンを買う時に、本当に悩みました・・・

その理由は、既に書いたように、これまでどんな高価なニキビケア商品をつかっても、ニキビ太郎の酷いニキビは一向に良くなることがなかったからですね。。(涙)

今回も高いお金を使ってダメだったら、本当に立ち直れる自信がないってくらいまで金銭的にも、そして精神的にも追いつめられていました。もう失敗したくないという気持ちがとにかく強かったんですね。。

だけど、あの時思い切ってビーグレンの購入を決意して本当に良かったと今本気で思っています。

ビーグレン18

このビーグレンを信じて使い続けたおかげで、ニキビ太郎の顔にあった炎症の強いニキビや酷いニキビ跡が目立たなくなり、元の綺麗な肌へ戻っていったからですね。

これはビーグレンを実際に使ってみないと体験できないことですが、ビーグレンは使った後の肌の状態は、他のニキビ用商品とは全く違っていると僕は感じていて、その費用対効果は断トツでNo.1だとニキビ太郎は実感しています。

ビーグレンには、本当に肌が本来もっている潤いを作り出す力をサポートしてくれる効果が期待できると僕は強く実感しています!

なので、ニキビ太郎の場合は皮膚科で処方してもらったニキビ薬(ディフェリンゲルやベピオゲル)との相性もスゴく良かったです。

そして、何よりニキビを良くしている期間は、ビーグレンを毎日使うことが楽しみになっていきました。これは今まででにはなかった出会いです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

ですが、本製品を試す前にまずはトライアルセットで肌の様子を見ながら試してみるのがいいかもしれないですね。ニキビ太郎も最初は不安だったのでトライアルセットから活用させてもらいましたよ!(もちろん、トライアルセットでも365日返金OKです。)

ビーグレンボタン

ニキビ跡プロセス画像

スキンケアについてボタン
→ニキビ太郎が実際にしているスキンケア方法の全手法

ビーグレン(b.glen)の特徴を箇条書きしてみますね!

favicon まさかの365日間返品・返金保証!

これハンパないと感じました。。
ニキビ太郎は何かの見間違いかな?と思い、3回程見直しました。(゜ロ゜) それだけニキビ予防に絶対的な自信があるってことだろうし、それは購入者の安心感にもつながります。だからこそ本当に多くの人ビーグレン(b.glen)が選び、リピートしている理由なんだと思います。

favicon 20時間ものカスタマーサービス

いやいや、これも規格外のサポートです。火曜から金曜は夜中の2時から夜の10時まで・・・これ本当かな?と思って、ニキビ太郎は思い切って朝の4時にスキンケアについて電話相談してみました!すると、本当につながる!!!(゜ロ゜) しかも電話のお姉さん、めちゃくちゃ優しい人でした!!!夜中の4時なのにめちゃくちゃ親身に対応してくださいました。ニキビケア商品の中でこれらのサポートの質は間違いなく断トツNo.1だと感じています。

favicon 独自の国際特許浸透テクノロジー”QuSome”

これは、使った人にしか実感できないと思うんですが、ニキビ太郎は浸透していく力を本当に実感することができました!「スーッ」と肌に馴染んでいく感じはもう手放せません。肌の負担を軽減して、さらには長時間にわたって持続する効果もある・・・もういうこと無しです。

必要な成分を必要なだけ角質層の奥に届ける浸透技術QuSome(キューソーム)だからこそ、他の高級基礎化粧品と比較しても断トツの浸透力なんですね。

ビーグレンボタン

ニキビ太郎によるビーグレン(b.glen)の写真レビュー

今回はビーグレンを始めて使う人が購入するトライアルキットをニキビ太郎も買ってレビューしていきますね!実際にどういった感じで届くのかというのをお伝えすることが出来たらいいなと思っています。

インターネットで注文をクリックしてから2日後に、クロネコヤマトさんのお兄さんが届けてくれました!!ありがとうございます!!

↓この箱に入って届きました!さぁ次は開封していきますね!

ビーグレン1

ニキビ太郎は、荷物が届くとすぐに開けたくなる性分で、即開封しました。

中を開けると、「ありがとうございます」の文字が見えますね!

ビーグレン2

中身は下の写真の通りです!!シンプルなデザインですね!このデザイン、個人的にとってもタイプです。商品説明書が入っているのですが、その紙一枚一枚がかなり上質な紙です!

ビーグレン3

上の写真の真ん中にあるパッケージの中にビーグレン(b.glen)が入ってます!!かなりの高級感を感じます!ニキビが良くなっていく予感しかしません。

ビーグレン4

商品説明書をめくると、そこには何と・・・「ブライアン・ケラー」さんの紹介写真が・・・

思わずニキビ太郎ツーショット写真が撮りたくなって・・・パシャリ。

ビーグレン5

皆さん!モンモリロナイトって知っていますか?実はモンモリロナイトって、超微粒子の粘土(天然クレイ)なんですよ!これが毛穴の汚れをとってくれます!

ミクロの掃除機と表現されることもあるくらいの微粒子で、潤いを保ちながらしっかりと汚れは洗い落としてくれる洗顔フォームなんですね。

そして、肌の汚れはしっかりと吸着してくれるけど、保湿成分といったものは肌にしっかりと残すというまさに理想的な洗顔料だと思っています。他のクレイ洗顔とはレベルが圧倒的に違います。

ビーグレン6

そして、初回限定で1000円割引クーポン券が付いてきます!!この特典はすっごく嬉しいですよね!

ビーグレン7

ビーグレンボタン

ビーグレン(b.glen)を実際に使っている写真レビュー!

では、ここからは実際にビーグレン(b.glen)を使っていきたいと思います!ニキビケアプログラムで使用するのは4つの製品です!

ビーグレン8

①まずは、天然クレイである”モンモリロナイト”を使用した洗顔である「クレイウォッシュ」を使っていきます。

ビーグレン9

まず、事前に顔をぬるま湯で濡らしておきます。次にクレイウォッシュを手に取り出していきます。量は、さくらんぼの大きさくらいを目安にしてください!この時、泡ネットを使って泡立てる必要もないのでそのまま濡れた手でくるくると手に馴染ませていきます。

ビーグレン10

顔全体をマッサージするようにつけていって、そして汚れも吸着させていくようなイメージでするといいかもしれません。ゴシゴシと強くするんじゃなくて、超やさしくクルクルしながらですね!

クレイと書いてあるから、泥パックのような感じなのかな?と思っていましたが、意外にそうではなくて、どちらかというとちょっとサラサラした感じで顔に馴染んでいきました!

↓の写真が馴染ませた時の肌写真です。このように十分に馴染ませたら、ぬるま湯でさっと洗い落としていきましょう!この時、白いクリームが残らないように注意してください!

ビーグレン11

②化粧水である「クレイローション」を使っていきます!ニキビを防ぐ役割を持つ有効成分”グリチルリチン酸ジカリウム”が配合されているので、ニキビによって発生した炎症を抑えて、さらには天然クレイが肌に潤いのヴェールを作ってくれます!

ビーグレン12

直径3センチくらいの量を手のひらに取り出します。そして、両手に軽くなじませて肌に付けていくのですが、このとき注意したいのは、”優しく”包み込むようにつけるということです!

また気になる場所や目元、口元、目の周りや小鼻は中指と薬指で押さえ込むようにするとよりGoodです!最後に手のひらパックをしていきます!(手で顔全体を包み込んで、肌が手のひらに吸い付くまで軽く抑えます。ニキビ太郎は1分半程度で吸い付くようになります!)

ビーグレン13

③次は、美容液にあたる「Cセラム」です。ビーグレン(b.glen)独自の浸透テクノロジーである”QuSome”で角層の奥まで高濃度に配合されたピュアビタミンCが浸透していきます。

QuSomeという浸透技術は本当に凄くて、

・肌になじみやすく、効果が現れるのが早い
・安定的に効果を発揮してくれる
・その人に必要な成分を必要な場所に届ける
・しっかりと届けるので効果が持続する

といった特徴があります。本当に使用した人にしかその凄さがわかりにくいと思いますが、他のニキビケア商品と一線を画すレベルだとニキビ太郎は感じています。

ビーグレン14

手のひらに、直径2センチ程度の量を取り出します。それを手のひらに軽く馴染ませるのですが・・・・

この時、めっちゃ熱く感じます!!!これが独自のテクノロジー【”QuSome”】のスゴさなのでしょう。この衝撃は使った人にしかわからないけど、この美容液を付けた箇所はハンパなく熱を感じます!!!

付け方は、化粧水の時と同じように、顔全体を優しく包み込むようにして、気になる場所や細かい場所は、中指や薬指で軽く押さえていきます!

ビーグレン15

④最後にゲルである「QuSomeモイスチャーゲルクリーム」を肌に付けていきます!これによって、肌が本来もっている潤いを作り出す力をサポートしてくれて、ニキビのできにくい肌を目指していきます!

ビーグレン16

パール1粒〜2粒程度の量を手のひらにのせて、おでこ・あご・両頬・鼻の5カ所にチョンチョンと置いていきます。そして、顔の内側から外側に向かってゲルを伸ばしていきます!この時、目に入らないように目の周りは円を描くようにするといいと思います!最後に、両手で顔全体を軽く押さえて「両手パック」をしていきます!肌と手のひらが吸い付くようになるまでしましょう!

ビーグレン17

ビーグレンボタン

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

 ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック

→必見!酵素の力で吹き出物や肌荒れを素早く予防できます。

10 Responses to “【検証】ビーグレン(b.glen)を実際に使った効果について。吹き出物や肌荒れはどうなると?”

  1. たたた より:

    初めまして。僕もニキビに悩んでいます。このサイトを拝見させていただいてこれからニキビ太郎さんが実践されていたやり方を取り入れてみようと思ってます。
    一つ質問なのですが、スキンケアの方法は朝晩洗顔した後にディフィリンゲルを塗り、その上からピーグレンの化粧水と乳液を塗ればよろしいでしょうか?
    またニキビ太郎さんはニキビを治すと決めた日からどのくらいピーグレンを使用していましたか?かなり高いので購入する際の参考にしたいです。
    よろしくお願いいたします。

  2. ニキビ太郎 より:

    たたたさん

    初めまして。ニキビ太郎です。

    ニキビは精神的にも追い込まれる恐ろしい肌の病気ですが、どうか希望は捨てないでくださいね!
    年々皮膚科のニキビ薬もレベルがあがっていて、その効果は本当に高いものだと僕自身が実感しているからですね。

    さて、質問に回答させてくださいね!

    >スキンケアの方法は朝晩洗顔した後にディフィリンゲルを塗り、その上からピーグレンの化粧水と乳液を塗ればよろしいでしょうか?

    ディフェリンゲルを処方される際にお医者さん か 看護師さんから塗る順番について教えてもらえると思うのですが、
    ビーグレンの場合であれば、以下の3パターンがメインになってくると思います。

    ① 夜 : 洗顔→化粧水→ディフェリンゲル→乳液

    ② 夜 : 洗顔→化粧水→乳液→ディフェリンゲル

    ③ 夜 : 洗顔→ディフェリンゲル→化粧水→乳液

    僕の場合は③でやってみてと、当時お医者さんから言われ継続していました。今でも実践するなら③を選択しますね。(ちなみに、今現在はさらにシンプルに、洗顔→ディフェリンゲルで終了する事も多いです。ですが冬になると肌が乾燥しやすくなるので、化粧水や乳液、または皮膚科の保湿剤を活用することが多いです)

    ですが、他の方のお話を聞いていると、病院やお医者さん、薬剤師さんによっては、①や②の指導を受けることもあるようです。
    僕は①〜③全てを試していますが、1番効果を実感したのは③でした。

    ②は肌がかなり敏感の人が取り入れる方法だと個人的には思っています。

    なので、たたたさんもディフェリンゲルを処方してもらう際に、今のたたたさんの肌質にあった塗り方のタイミングについて詳しく尋ねてみることを1番オススメしたいです。

    >またニキビ太郎さんはニキビを治すと決めた日からどのくらいピーグレンを使用していましたか?かなり高いので購入する際の参考にしたいです。

    僕は最初の3ヶ月間はほぼ毎日、そして3ヶ月後から6ヶ月までは、週に4日程度使用していました。
    ですが、ビーグレンはかなり高額なので、最初は皮膚科の保湿剤(ヒルドイドローションやプロペトなど)を一緒に処方してもらって、肌の状態によって使い分けるといったこともアリだと思っています。(皮膚科の保湿剤は高品質ですが、保険適用なので比較的安価で効果の高いものを使用することができます)

    僕自身は、ビーグレンとディフェリンゲルだけを使用していましたが、今始めるなら皮膚科の保湿剤(ヒルドイドローションやプロペトなど)も取り入れたりすると思います。

    なので、たたたさんには、始めは皮膚科のニキビ薬と保湿剤から始めるのもアリだと僕はお伝えしたいです。
    より早急に悩みをなくしたいケースには、ビーグレンを導入することも検討してみる価値はあると思っています。

    ニキビやニキビ跡は本当に辛い皮膚の病気で、辛くて苦しい思いをされていると思いますが、
    何かあったらまた連絡ください!僕でよければ、たたたさんのチカラになりたいと思っています!

    僕も今現在クレーターのニキビ跡の悩みを解決するために、毎日頑張っています!
    一緒に頑張っていければと思っています!

    ニキビ太郎

  3. ぶつーん より:

    初めまして、いつもサイトを閲覧させていただいてます。自分自身も長年ニキビに悩まされていて、色々試しましたが改善しません。ご紹介にあった通り 優光泉を購入しましたが、やはりスキンケアも必要だろうという事で(最近は市販の洗顔になってしまいます)質問させていただきます。
    今ニキビ跡(色素沈着)とニキビが同時並行していて、洗顔などを買おうと思いますがニキビ太郎さんはビーグレンの他になにがオススメですか?(ビーグレンは高くて続けるのはちょっと、と思います)
    また、保湿は冬でなくてもやったほうがいいですか?
    ニキビを早く治したいのでよろしくおねがいいたします

  4. ニキビ太郎 より:

    ぶつーんさん

    初めまして。ニキビ太郎です。

    いつもサイトを見てくれて本当にありがとうございます。

    >自分自身も長年ニキビに悩まされていて、色々試しましたが改善しません。

    僕自身、約8年間もの間、間違ったスキンケアや食生活を繰り返した結果、ニキビのせいで毎日のように死にたいと思う程深刻に悩んでいたので、今ぶつーんさんが抱えている苦しみや辛さというのが痛い程わかります。。。

    ですが、ニキビやニキビ跡は正しい方法を継続することができれば、きっと近い将来目立たせなくすることができると思うので、絶対に希望は捨てないでください!!!

    >今ニキビ跡(色素沈着)とニキビが同時並行していて、洗顔などを買おうと思いますがニキビ太郎さんはビーグレンの他になにがオススメですか?(ビーグレンは高くて続けるのはちょっと、と思います)

    ビーグレン以外であれば、僕は純石鹸をオススメしています。シャボン玉石鹸やMiyoshi石鹸ですね。

    ただし、これはニキビがある人が1番最初に使うと肌に違和感を感じることがあるかもしれないです。。。
    なので、思いきって「ただぬるま湯ですすぐだけの洗顔」というのも強くオススメしています。

    これは本当にぬるま湯で10回程度すすぐように顔を洗うというもので、洗顔料などは一切使わない洗顔方法です。
    ニキビがある人にとっては初めはとても信じられないことかもしれないですが、僕は理想的なスキンケアは、本当に何もしない、肌が本来持っている保湿力や自己治癒力を引き出すものだと感じています。

    ですが、どうしてもスキンケア商品でビーグレン以外のものを使いたいと思われているなら、繰り返しになりますが、僕は純石鹸をオススメしています。

    ぶつーんさんは今現在皮膚科には通われていますか?

    >保湿は冬でなくてもやったほうがいいですか?

    こちらの回答にもなるのですが、ビーグレン以外であれば僕は皮膚科の保湿剤を肌が乾燥すると少しでも感じたら試してほしいと思っています。
    特に冬は乾燥しやすい季節でもあるので、他の季節よりも少しでも乾燥を感じれば保湿をした方がいいと僕は考えます。

    もちろん、これは冬以外にも言えることで、春夏秋冬、全ての季節において肌が乾燥すると感じるのであれば、
    皮膚科の保湿剤(ヒルドイドローションやビーソフテン、プロペト)といった保湿剤をこまめに塗ることを僕は強くオススメしたいです。

    このような感じの回答ですが、何かぶつーんさんの参考になれば嬉しいです。

    ニキビ太郎

  5. ぶつーん より:

    お返事ありがとうございます。
    皮膚科にはたまに行く程度でディフェリンゲルをもらって塗っていましたが、効果が見えずやめてしまいました。最近はニキビ跡ばかり気にしてましたが、時々ニキビも再発します。今は何をするべきか途方に暮れています。アンプルールのトライアル品の化粧品も効きにくくて、今はあり合わせの化粧水と保湿クリームを使っています。最近は食生活も炭水化物や糖分を控えていますがターンオーバーが良くなる感じがしません…

  6. ニキビ太郎 より:

    ぶつーんさん

    ニキビ太郎です。

    >皮膚科にはたまに行く程度でディフェリンゲルをもらって塗っていましたが、効果が見えずやめてしまいました。

    そうですね。。僕の場合はディフェリンゲルを1年間使用しつづけた結果、ニキビやニキビ跡を目立たせなくすることができました。
    また、ディフェリンゲルやベピオゲルといったニキビ薬以外にも、今ではデュアック配合ゲルやエピデュオゲルといった新薬も今年から登場していて、皮膚科のニキビ薬も本当に年々格段に進化しています。

    なので、可能であれば、

    ・ベピオゲル
    ・デュアック配合ゲル
    ・エピデュオゲル

    上記のようなニキビ薬を処方してくれる皮膚科にもう一度、年単位で通われてみることを強くオススメしたいです。(どれもディフェリンゲルよりも効果が出やすいと言われているお薬です※もちろん、個人差はあります)

    事前に皮膚科に電話して、これらのニキビ薬が処方をしてもらえるかどうかを確認していくと、処方されてもらえなかった時の時間と費用の出費を抑えることが出来ると思います。実際に僕も新しいニキビ薬を使いたい時は、事前に皮膚科に電話して処方してもらえるかどうかを確認してから行くようにしています。面倒くさいですが、ニキビを良くするためなら何でもするという精神で僕はやっています。

    >最近はニキビ跡ばかり気にしてましたが、時々ニキビも再発します。今は何をするべきか途方に暮れています。

    赤みの残る色素沈着ニキビ跡やクレーターニキビ跡を、一日でも早く目立たなくするためにも、やはり上記で挙げたニキビ薬が必須になってくると僕は考えます。実際に皮膚科のニキビ薬は肌の新陳代謝(ターンオーバー)を活性化させて、毛穴に古い角質が詰まることを予防してれる効果を期待することができます。

    >アンプルールのトライアル品の化粧品も効きにくくて、今はあり合わせの化粧水と保湿クリームを使っています。

    アンプルールの商品は、実際に僕も使用したことがありますが、、、僕の結論としては、正直ニキビ肌の人がそれを使う必要はないかなと感じました。

    →検証!アンプルール(AMPLEUR)はニキビの予防効果があるのか?

    これよりも皮膚科の保湿剤等を使用した方が、より費用対効果の高い保湿効果を得る事ができると僕は実感しています。

    実際に、僕はニキビやニキビ跡が目立たなくなった今では、皮膚科で処方してもらえる保湿剤

    ・ヒルドイドローション
    ・ビーソフテン
    ・プロペト

    といった保湿剤を活用して、肌が乾燥していると感じたらすぐに塗って肌の乾燥を予防するようにしています。

    >最近は食生活も炭水化物や糖分を控えていますがターンオーバーが良くなる感じがしません…

    そうですね、、、糖質(炭水化物)もヒトが生命活動を行っていく上では欠かすことの出来ない栄養素なので、自分の体の調子に合わせて糖質は摂るようにしてもいいのかな〜と僕は感じました。ですが、糖質の食べ過ぎはニキビの原因になる可能性が高いので、控えることは良いと感じました。

    僕は個人的に、青魚(サバやサンマなど)を定期的に食べてみることをオススメしたいです。
    苦手でなければ、良質な青魚には、良質なたんぱく質や良質な脂質を始め、いろんな栄養素が多く入っているからですね。

    もしよければ、最近のぶつーんさんの食事内容を教えていただけないでしょうか?
    僕の体験談を含めて何かお伝えできることがあるかもしれないです。

    ニキビ太郎

  7. ぶつーん より:

    はい、朝はヨーグルトと牛乳とフルーツグラノーラが固定+αで、忙しいと菓子パンなどを食べています。昼は白米がいつも固定のお弁当です。夜はその日によって違いますが、白米も割と食べたりします。汁物も取るようにしていて、ビタミンのサプリも飲んでいます。休日は今振り返ると好きなものを食べていて改善しようと思います。ニキビ太郎さんのように和食中心にはなかなかできていません…
    ▶︎・ヒルドイドローション
    ・ビーソフテン
    ・プロペト

    といった保湿剤を活用して、肌が乾燥していると感じたらすぐに塗って肌の乾燥を予防するようにしています。
    アドバイスありがとうございます。今無印良品の化粧水が家にありますが、皮膚科の物に切り替えた方がよろしいですか?

  8. ニキビ太郎 より:

    ぶつーんさん

    ニキビ太郎です。

    >朝はヨーグルトと牛乳とフルーツグラノーラが固定+α

    乳製品がニキビの原因になっているケースは以外と多く、もうし可能であれば一度乳製品を一週間程度辞めてみて様子をみるというのもアリかもしれないです。
    ヨーグルトは腸内環境を整えるのには良い食材なのですが、原材料である乳製品自体が体に合わない場合、それが肌トラブルの原因として現れる可能性もあります。

    フルーツグラノーラの原材料を調べたのですが、

    オーツ麦、ライ麦、砂糖、乾燥果実(パパイヤ)、(レーズン)、(りんご)、(いちご)、ココナッツ、植物油、精米、デキストリン、水溶性食物繊維(難消化性デキストリン)、小麦粉、コーン、かぼちゃの種、アーモンド、食塩、小麦ふすま、玄米、グリセリン、加工デンプン、クエン酸鉄Na、乳化剤(乳を含む)、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、(ローズマリー抽出物)、ナイアシン、パントテン酸Ca、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンA、葉酸、ビタミンD、ビタミンB1

    (Amazonさんから引用です)

    砂糖が入っていますよね。。僕も何度か実際に食べたことがあるのですが、結構甘いので、時々食べる分には良いと思うのですが、毎日固定で食べると、皮脂の過剰分泌につながる可能性があるのかなと僕は感じています。これは菓子パンにも同じことが言えると思っています。(ちなみに僕自身菓子パンを数年間食べた記憶がないです。。。ニキビやニキビ跡がある頃は平気で食べていたのですが・・・)

    いきなり食事メニューを変更するのは難しいかもしれないですが、、ニキビやニキビ跡を目立たなくするためには、フルーツグラノーラを食べる頻度を少し落とす必要があるかもしれないです(>< ) >昼は白米がいつも固定のお弁当です。夜はその日によって違いますが、白米も割と食べたりします。汁物も取るようにしていて、ビタミンのサプリも飲んでいます。休日は今振り返ると好きなものを食べていて改善しようと思います。ニキビ太郎さんのように和食中心にはなかなかできていません…

    ぶつーんさんはビタミンのサプリメントをとっていて、食に関して意識が高いので、和食中心にすることができれば、肌状態も良い方向へ向かっていくと僕は思っています。
    また、好きな物を食べる事も大切だと思っています。少しずつ和食メニューも追加して、バランスの摂れた食事にできると良いですね。

    >今無印良品の化粧水が家にありますが、皮膚科の物に切り替えた方がよろしいですか?

    そうですね。無印良品の化粧水が肌に合うのであれば使用してもいいと思うのですが、現時点でニキビができるということなので、思いきって保湿剤は皮膚科のものに切り替えるというのも1つの選択肢だと思います。

    僕なら全てを皮膚科の保湿剤に切り替えると思います。

    ・ヒルドイドローション
    ・ビーソフテン
    ・プロペト

    上記の保湿剤は、肌の乾燥を予防するためには必須アイテムだと僕は実感しているからですね。

    このような返信ですが、何かぶつーんさんの参考になると嬉しいです。

    ニキビ太郎

  9. ぶつーん より:

    ありがとうございます!
    とても参考になるので早速チャレンジしてみます!

  10. ニキビ太郎 より:

    ぶつーんさん

    はい!ニキビを良くする道のりは本当に険しいですが、
    どうか一緒に頑張ってもらえると本当に嬉しいです!!!

    また何かあれば直ぐに連絡ください。

    ニキビ太郎

コメントを残す

このページの先頭へ