注目!1日でも早く黄ニキビを予防する方法を原因から見ていきます!

[最終更新日]2017/07/03

ニキビ跡プロセス画像

→僕が短期間でニキビを劇的に予防できたスキンケアは、こちらをクリック!!!

  • POINT!
黄ニキビは炎症が強く、ほぼ確実にニキビ跡を残す危険性があるので、一秒でも早く正しい治し方で対処する必要があります!!!以下でその方法を紹介しているので、良かった参考にされてみてください!
黄ニキビ

赤ニキビの炎症が酷くなり、その時に正しい治し方で対処できないと、最終的には膿を持つようになります。

この状態のニキビを「黄ニキビ(化膿ニキビ)」と言います。

黄ニキビを早く目立たなくさせようと、焦って潰したりしてしまうと、ほぼ確実に色素沈着(シミ)を残す原因となってしまいます。

また、最悪のケースであれば、クレーターのニキビ跡を残してしまう可能性が高いとニキビ太郎は実感しています。

実はニキビの段階までくると、毛穴の周辺の細胞も酷いダメージを受けているので、ニキビの毛穴だけでなくその周りにも炎症が広がっている状況だと言われています。

なので、化膿ニキビはもう自力でどうこうできるレベルではないんですね。。(汗)

黄ニキビは恐ろしい肌の病気なので、すぐに皮膚科に行って適切な処置・ニキビ薬を処方してもらうことが必須になってきます。

ですが、以前のニキビ太郎は皮膚科に行かず我流の洗顔方法でゴシゴシしたり、市販のニキビ薬も適当につけていたので、炎症が全然治まらず、逆に黄ニキビの数が日に日に増加していきました。。。

なので、今でも凹凸のニキビ跡が両頬にあります(涙)

そうなると、本当に憂鬱な気持ちで一杯になってしまいます。。

なので、この記事ではニキビ太郎のように、ニキビやニキビ跡のせいで死にたいと思う人を一人でも少なくするために、僕が黄ニキビを目立たなくした方法を、お医者さんや専門家の方から聞いたことも踏まえて、ニキビ太郎の見解をまとめていきますね!

発生する原因について

黄ニキビイメージ

黄ニキビは、「白ニキビ→赤ニキビ→黄ニキビ」の段階を踏んだニキビの症状の中で最も酷い状態のニキビのことを指すと言われています。

黄ニキビは、写真からも分かりますように、見た目が黄色くなっていますよね?これは、毛穴の中に膿が溜まっているからなんです。毛穴の中でパンパンになった膿が、僕たちの肉眼でも確認できるというわけなんです(汗)

どうして膿が溜まるのかというと、ニキビが炎症しているということは、毛穴の中で「白血球vsアクネ菌」の戦いが繰り広げられ、その激しい戦いで闘った白血球の亡骸が膿として残るんですね。

なので大きな膿がたまっているということは、それだけアクネ菌が繁殖していた(炎症が酷かった)ということになります。

つまり、

・赤ニキビの段階で食い止めれなかった
・スキンケアの仕方や、生活習慣が乱れていた

ということになるんですね(汗)

→必見!アクネ菌が吹き出物や肌荒れの原因に!?

ちなみに、黄ニキビまで進行が進むと、黄色ブドウ球菌も毛穴に入り込んでいると言われています(汗)

favicon 黄ニキビが痛がゆくなる理由

この黄ニキビは、朝起きて鏡を見ると突然現れたのごとく発生していることが多くないでしょうか?そして、ちょっと触っただけでも酷い痛みを伴うことがあります。

この理由なんですが、少し下の図を見てみてください。

黄ニキビ炎症イメージ

上の図のように、炎症が皮膚細胞の奥にある真皮細胞にまで到達してしまっています。

これは赤ニキビでも同じことが言えるのですが、黄ニキビの場合はさらにその状態が深刻化しているといって間違いないと思います。

なので、黄ニキビの周辺の皮膚細胞や真皮細胞の炎症によって痛がゆいという症状が出てしまうんですね。。(> <) この段階までくると、ニキビを潰しても・潰さなくても色素沈着やデコボコの酷いニキビ跡を残してしまう確率が非常に高いことになると言われ、僕もそう感じています。

また、真皮細胞がダメージを受けると、その場所にあるメラノサイトというシミを作る細胞まで刺激を受ける事も考えられ、ニキビによってメラニン色素を作り、これが後にシミ(色素沈着)のニキビ跡として肌に現れることがあると感じています。

favicon 体調が優れないと黄ニキビが出来やすい!?

体調が悪いイメージ画像

黄ニキビは体調が優れない、調子が悪い時に出来やすいとよく言われますが、これはニキビに限らず他の病気でも同じ事が言えると思います。

仕事や勉強で思ったような成果が出ずにイライラしたり、ニキビのことを考えすぎて睡眠不足になったりすると強いストレスを抱えこんだりしますよね?こういったストレスが、胃や腸の状態も劣悪なものとすると言われています。

これが巡り巡って、便秘になって血流が悪くなって体の免疫力を低下させ、体調が優れない、調子が悪いといったことにもつながってしまいます。(腸内環境の善し悪しは、体調に直結するとニキビ太郎は考えています。)

この免疫力が低下すると、傷(炎症の酷い黄ニキビ)の治りも遅くなったりしますし、普段は出来ないとこに、新しい赤ニキビが発生したりすることもでてくることもあると言われ、ニキビ太郎もそう感じています。

なので、こういったことも含め、日頃の生活習慣で何か歯車が狂っていることがないかな?といったことを考えることも、黄ニキビの原因になる大きな要因を発見、そしてニキビや吹き出物予防に繋がると僕は思っています。

正しい治し方

黄ニキビの正しい治し方イメージ

ここからは、正しい黄ニキビの治し方について解説していきたいと思います。(ニキビ太郎流)

既に赤ニキビのページやこの記事の冒頭にも書きましたが、炎症の酷いニキビはまず自分たちでどうこうできるレベルではなく、必ず皮膚科のお医者さんに見てもらって正しい治療を受けるべきだとニキビ太郎は考えます。

他のサイトやブログさんで書いてあるような情報(スキンケアを正しくすれば赤ニキビや黄ニキビも良くなりますよ!)は、あまりに楽観視している気がしてなりません。(泣)

と言っているニキビ太郎も、ニキビが酷かった頃はたとえ赤ニキビや黄ニキビが大量にできても、皮膚科に行く事はありえない事だと思っていました。

その理由は、「ニキビは青春時代のシンボルで、大人になったら治るから大丈夫よ!」と両親や先輩、友人達に言われ続けたからですね。。また、ニキビなんかで皮膚科に行く事は恥ずかしいとさえ思っていました(汗)

だけど、大人になっても一向に良くならなかったですし、最終的には、自分のニキビを鏡で見て「本気で死にたい」と毎日思うようになっていました。それくらいニキビは精神的にもダメージを与える肌の病気だと感じています。

例えば、足の甲に大量の「赤いできもの」が出来たら病院に行くと思うんです。なのに、顔に赤いブツブツが出来て、悪化しても市販のスキンケアやニキビケア商品で良くしようとする人が大勢いるような気がしてなりません。

何度も書きますが、赤ニキビや黄ニキビで悩んでいたら、まずは皮膚科を受診することが非常に重要だと僕は考えます!これが、黄ニキビを良くする絶対条件となります。

皮膚科で処方されるお薬には、市販のお薬には配合できない有効成分が入っているので、効果は高いと実感しています。また保険適用なので、市販のお薬を買うのと変わらない料金で受診できます。

時々、他のサイトやブログで、黄ニキビを自分で潰した方が早く治ったという記事を見かけます、、確かに黄ニキビを潰したら、早く膿みが出て、炎症による痛みは早く良くなることもあります。ですが、高確率で色素沈着やクレーターのニキビ跡が残る可能性も高いと感じています。

これはニキビ太郎も過去に何度も体験済みです。黄ニキビが出来た時は、一日でも早く良くしたい気持ちが強くなるので、自己流で潰したくなる気持ちが僕にもよくわかります。ですが、これは本当に後に痕を残す可能性が高いので、絶対に自己流で黄ニキビは潰さないようにした方がいいのかな?とニキビ太郎は思っています。

favicon 皮膚科ではどのような治療を受けると?

ニキビ太郎が皮膚科から処方してもらったお薬

皮膚科で黄ニキビを治療するとなった場合、恐らく炎症を食い止めることを1番にもってくると思います。

ニキビが膿んでいるほど炎症している黄ニキビには、強力な内服抗生物質である「エリスロマイシン」や「テトラサイクリン」、「ミノサイクリン」などがあります。

また症状によってはステロイド剤の注射を打つこともあるようです。

ニキビ太郎の場合は、まず溜まっている膿をお医者さんに専用の器具で取ってもらい、そこに抗生物質である「ダラシンTゲル」を塗ってもらいました。

その日からその毛穴には、ダラシンを塗りこむように塗ってと言われました。

他にもLEDダイオード療法やアレキサンドライトレーザーなど最先端のレーザー治療を用いるところもあるそうです。ですが、基本的には、毛穴に溜まった膿を取り出して、炎症を抑えることが最優先になると思います。

さらに2015年4月から、ニキビの世界標準薬である「ベピオゲル2.5%」が保険適用で処方されることが可能になりました!今までよりのディフェリンゲルよりも高い効果が期待できます!

また、2015年5月からは「デュアック配合ゲル」、2016年11月には「エピデュオゲル」が保険適用となり、ニキビ治療に新薬がどんどん取り入れられているので、ニキビで悩む人が減っていくとニキビ太郎を切に願っています。

favicon 漢方薬を用いる治療法もある

漢方イメージ画像

ニキビ太郎も経験があるのですが、お医者さんによっては、漢方薬を併用して、体の内側からじわじわと良くしていこうという治療方法もあります。

一般的に漢方薬には即効性はなく、本当に少しずつ体質を変え、根本的に治療していくことを目的としているようです。

漢方薬は市販でも変えますが、やはり皮膚科で保険適用枠で処方してもらった方が、その人の症状に合ったものがもらえるので、一度皮膚科に行ってみることをオススメしたいです。

favicon 炎症を抑えているうちにスキンケアを見直す

買ったスキンケア商品一覧

皮膚科にいって炎症を抑えてもらったら、次に、日頃行っている【スキンケア】を見直していきましょう。

ニキビ太郎が赤ニキビや黄ニキビが酷かった頃は、必要以上の洗顔ばかりをやっていました。当時はニキビができる原因が、顔に出る皮脂や、顔に着いた汚れだけだと思い込んでいたからですね。。

なので、酷い時には1日4回以上ニキビ用の洗顔料でゴシゴシと何分も洗顔をしていました。今思うと恐怖でしかないのですが、、これはニキビ太郎の体験談です。

このように、日頃のスキンケアの仕方が間違っていれば、それだけ黄ニキビなどの炎症の酷いニキビに発展してしまうと、ニキビ太郎は思っています。

さすがに以前のニキビ太郎のように、一日に4回以上洗顔をする人はいないと思いますが、必要以上の洗顔は、間違いなくより皮脂の分泌を促進させ、肌の乾燥を招き、肌のターンオーバー機能を乱す大きな原因になるとニキビ太郎は実感しています。

なので、まずは今現在自分が行っているスキンケアが、必要以上にし過ぎていないか?、を再確認してみてみることも大事だと思っています。

ニキビ太郎が実践しているスキンケア方法は、以下のリンク先の記事に全て記録しています。是非参考にしてみてください。ニキビやニキビ跡で悩んでいる人ほど読んでほしい記事です。

スキンケアについてボタン
→ニキビ太郎が実際にしているスキンケア方法の全手法

favicon 食生活も見直す

食事見直すイメージ画像

ニキビ太郎は、スキンケア以上に「食生活」の見直しが重要だと考えています。

いくらスキンケアが完璧でも、前日に暴飲暴食をしたら、ニキビや吹き出物が発生することが多々あるからですね。

また、食生活によって腸内環境が劣悪なものになっていることも、ニキビや吹き出物を作る大きな原因の1つだとニキビ太郎は思っています。

また、肌のターンオーバーに必要な栄養素は、タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルと5大栄養素は必須だと思っています。なので、これらをバランスよく摂取するには、やはりバランスの摂れた食生活が1番大事だと考えます。

特にニキビが酷い場合には、脂質の代謝を促進する「ビタミンB2」、タンパク質の代謝を促進する「ビタミンB6」、抗酸化作用のあるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどを含む食材を使ったメニューを足してみるなど良いと思っています。

ニキビ太郎が実践した食生活については、以下の記事にまとめていますので、こちらも是非参考にしてみてください!食生活を徹底的に見直すことで、ニキビやニキビ跡の予防スピードが劇的に変わってくるとニキビ太郎は実感しています。
食生活についてボタン
→ニキビ太郎が実践した食事方法の全て

黄ニキビに関して注意したいこと

favicon 自然と黄ニキビが潰れることがある!?

黄ニキビイメージ

何度も書きますが、黄ニキビは炎症の強いニキビなので、少しでも間違った対処方法で傷つけてしまうと、簡単に色素沈着やクレーターのニキビ跡が残ってしまいます。

ですが、どんなに注意していても、不慮の事故のような感じで、黄ニキビが自然と潰れてしまうことがありますよね。。。

ニキビ太郎の場合は、お風呂上がりに、軽く顔を拭いた時に潰れたことがあります。また、洗顔をしていたら、いつの間にか潰れてたってこともありました。

また、膿があまりに多く、その量に毛穴が耐えきれず、自ら毛穴を覆っていた角栓を破って出てくることもありました。。。

そういったケースには、出来れば皮膚科で処方してもらった抗菌薬を、傷痕に塗り籠むように塗り、あとは触らないように、刺激を与えないようにするのが一番だとニキビ太郎は皮膚科の先生に教わりました。

ニキビがあった場所って、ニキビがある時以上に気になってついつい触ってみたくなる気持ちがあったりすると思いますが、それは避けた方がいいと思っています。手にある菌や汚れで、毛穴が逆に炎症してしまうことも考えられるからですね。

自然と潰れたら、抗菌薬を塗ってあとは自然治癒を待つのが一番なのかもしれないです。あとはは、ニキビを作らないように、普段のスキンケアや食生活を見直し、予防していくのが大切になってくると実感しています。

favicon あまりに気になる場合は、皮膚科に行くこと

皮膚科イメージ画像0
中途半端な黄ニキビイメージ

僕の場合、赤ニキビと黄ニキビの間のような症状(中途半端に黄ニキビになりかけ)のニキビが、時々出現するのですが、こういった時はあまりに気になるときは、皮膚科に行っています。

ニキビ太郎は、たった1つでも行くようにしています。実際に顔に一カ所中途半端な黄ニキビができただけで!?と思われる人もいるかもしれませんが、ここで間違ってデコボコのニキビ跡が残ったら嫌ですからね・・・

皮膚科に行く事は非常に恥ずかしいし、ニキビなんかでとか思ってしまいがちですが、ニキビは歴とした肌の病気なので、ニキビ跡を残したくない!という人ほど皮膚科に行った方がいいとニキビ太郎は思っています。

皮膚科に行かず、自己流で黄ニキビや赤ニキビを潰す行為は本当に危険なので、やめた方がいいと僕は強く思っています!また、気になって化膿している部分を触ることも絶対にNGです。これは、ニキビ太郎から切実なお願いです。

favicon 市販のニキビケア治療薬を使わない

市販のニキビケア商品イメージ

これはニキビ太郎の体験なのですが、

ドラックストアなどで購入できる市販のニキビ治療薬があると思います。・・・夜、寝る前にニキビにつけるやつですね。

あれをつけると悪化というか、予防スピードも遅くなってしまうとニキビ太郎は実感しています。

もしもドラックストアなどで、市販のニキビ治療薬を買うのなら、きちんと皮膚科に行って、一般のお薬に配合できない成分が入ったお薬を処方してもらって使う方が、費用対効果は高いとニキビ太郎は思っています。

最初はめんどくさいと思われるかもしれませんが、市販のお薬と病院でちゃんと処方してもらうお薬の効果は、比較するとやはり全然違ってきます。費用も保険適用で、購入しても市販のお薬を買う場合と同じくらいだと思います。

何度も書きますが、ニキビは肌の病気ですので、深刻に悩んでいる人ほど皮膚科に行く事をオススメしたいです。

→【検証】市販のニキビ薬でオススメなのは一体どれ!?効果があるものを厳選しました!

favicon 髪の毛やメイクで隠さないこと

メイクイメージ画像

黄ニキビになると、毛穴が酷く炎症し、膿のせいで軽く盛り上がっているので、メイクをしてもニキビがあるのはわかることが多いと思います。

また、メイクでニキビを隠すとさらにニキビの悪化に繋がる可能性も高くなるので、どんなに隠したくてもメイクは避けた法がニキビ太郎はいいと思っています。

これは、髪の毛で隠すことにも同じ事が言えます。髪の毛は意外と皮脂や汚れなどで、酷く汚れていることが多いです。

なので、そんな髪の毛でニキビを隠すと、当たった時に刺激になるだけでなく、菌や汚れが毛穴に付着する事になり、これも悪化の原因、別の場所に新たなニキビをつくる原因にもなるので、メイクや髪の毛で黄ニキビを隠さないようにしましょう。

もしもかなり辛い場合は、マスクで隠すようにするのをニキビ太郎はオススメしたいです。ニキビ太郎は男ということもあり、メイクや髪の毛ではなくマスクで大量のニキビやニキビ跡を必死に隠していました。

マスクも刺激や汚れが溜まる原因になるのですが、ニキビを見られることによるストレスよりはマシだと思っていたからですね。なので、隠すとしてもメイクや髪の毛よりは、マスクを僕はオススメしたいです。

→ニキビを隠すためのメイクはしない方がいい!?

favicon 白ニキビと黄ニキビを間違わないこと

ニキビで酷く悩んでいる人は間違わないと思うのですが、これまであまり肌荒れで悩んでこなかった人は白ニキビと黄ニキビを勘違いしている人もいるかもしれません。

白ニキビは皮脂が詰まっているので、見た感じが「白っぽい」です。

白ニキビ画像

ですが、黄ニキビは膿が溜まっているので、明らかに「黄色」です。

黄ニキビイメージ

こうやって写真を比較すると、炎症の大きさ、色の違いがハッキリと違うので、どうか勘違いして黄ニキビを安易に潰さないように注意しておく必要があると思っています。

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック

※当サイトをご利用の際には、必ず免責事項他をご参照ください。

→注目!ニキビの種類を画像別で紹介!大きく分けて5つに+αに分類されます。

コメントを残す

このページの先頭へ