エピデュオゲルを使い始めて7ヶ月後の肌写真(肌日記)

ニキビ跡プロセス画像

→ニキビ太郎が実践した劇的にニキビを予防する方法はこちらをクリック!

早速ですが、7月のニキビ太郎の肌の様子を1日ごとに区切って掲載しているので、良かったら覗いていってみてください!

※完全に僕ニキビ太郎の日記風になっています。

07/01

0701m
07/01(右)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

0701h
07/01(左)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

今日は土曜日なのですが、学校で授業を受けてきました!

お題は「自閉症で偏食のある子に対して、栄養士として出来ることは何か?」というものです。

自閉症の子は、一人ひとり違った特徴を持っています。その中で今日は偏食を持っている子に対してどうするか?という授業でした。

自閉症の子はマイルールのようなものを持っており、自分が考えたルーティン通りにしないと気分が高ぶって平常心を保てなくなったりします。

なので、例えば「おにぎり」しか食べないという偏食を持つ子であれば、おにぎりを提供するしかないです。

ですが、そこで栄養士はおにぎりだけでは栄養素の偏りが出てくるので、出来る範囲で色々な工夫をしていく必要があります。

おにぎりの具を変えてみたり、おにぎりと一緒に食べるおかずを提供するなどして、偏食の問題を少しでも解決しようというものですね。

かなり難しい問題ではあるのですが、栄養士として自分が出来る範囲の努力は最大限する必要があると今日の授業を通して感じました。

07/02

0702m
07/02(右)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

0702h
07/02(左)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

今日は日曜日なので、お出かけしようと思ったのですが、まさかの雨だったので、ジムにだけ行き、あとはゆっくり課題をしたり、レポートを仕上げるといった時間に充てました。

一ヶ月後にはちょうど前期の期末試験があっているので、しっかりと今のうちから復習できるところはしていきたいと思っています。

07/03

0703m
07/03(右)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

0703h
07/03(左)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

さて、今日は水道水の水質について学習しました!

今、日本の水道の普及率は97%を超えていて、毎年0.1%ずつ増加しており、近いうちに98%になるかもしれないです。

ただ先日、ニュースで今後水道代が急激に値上げする可能性があると指摘されていました。

その理由は、水道管の老朽化や人口減少によって適切な利益を出しながら水道局を運営することが難しくなっているようです。。。。

少子高齢化社会である日本にとっては、水道問題は非常に深刻なものになりそうですね。

話しがそれましたが、日本の水道水を色々と専門の器具や化学物質を使用して綺麗なのか?、基準を満たしているのかを検査したところ無事にクリアして、安全な水であることがわかりました。

これは海外ではほぼあり得ないことで、僕たちがいかにいい環境で生きているのかを痛感させられました。

ですが、国内でも地域によっては水質に違いがあったり、塩素の濃度も多少違ってくるので、それで洗顔をしたりすると、肌トラブルが出てくる可能性もあるので、その当たりは気をつけておかなくちゃいけないと感じました。

→驚き!水道水がニキビの原因になっている!?その真相に迫ってみました!

07/04

0704m
07/04(右)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

0704h
07/04(左)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

今日は台風3号が日本列島(熊本あたり)を直撃したようですね。。。。

僕が住んでいるところは運良くなんともなかったので良かったのですが、
地元が九州なので心配しています。。。

07/05

0705m
07/05(右)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

0705h
07/05(左)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

今日は授業でミネラルやビタミン、酵素やホルモンについて簡単に教わりました。

ちょうど他の授業でも似た様な場所を学習しているので、点と点が線としてつながってきました。

まず酵素についてです。

酵素を学習していると、酵素と関連して「触媒」というワードが出てきますが、これは生体内で化学反応が起こる際に、その反応に必要な活性化エネルギーを低下させることによって、その反応速度を変化させる働きのあるものになります。

この触媒の特徴としては、触媒自体は反応の前後で変化しないところにあります。

そして、酵素が働きかける物質のことを基質と呼びます。

また、酵素と基質が結合する部分を「活性部位」と呼びます。

単語の説明になってしまいましたが、酵素はタンパク質で構成されており、酵素はある特定の基質にだけ作用するという特徴があります。

ちなみに、酵素反応の速度のことを酵素活性と表現することもあります。

僕たち人の体温は、平常時であれば35〜40度の範囲の中にあると思うのですが、実はこの35〜40度の間が酵素が最もよく働く温度で、最適(至適)温度と呼びます。

→必見!酵素の力でニキビを素早く予防できる!?その真相に迫っていきます!

07/06

0706m
07/06(右)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

0706h
07/06(左)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

福岡の大雨がものすごいことになっているみたいですね。。。

僕の家にテレビがないのでyoutubeにアップされるニュースやネットニュースで見てますが、、、さすがにこの被害はヤバいですね。。。

どうかこれ以上被害が悪化しないことを願っています。。。。

07/07

0707m
07/07(右)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

0707h
07/07(左)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

今日は七夕ですね!

ですが、イベントごとは関係なく学校はありました。笑

今回は人体の構造についての復習で、臓器について主に学習しました。

頭の方から順番に見ていきますね!

人の首の下、胸の位置には肺が2つ存在しています。

ここでは体内に酸素O2を取り込むために、そして体内で発生した二酸化炭素CO2を排出される為に活動しています。

この時、肺自体で酸素と二酸化炭素の交換のことを外呼吸(がいこきゅう)と呼び、血液中に入った酸素と体内の組織の間で行われるガス交換のことを内呼吸(ないこきゅう)と言います。

次に心臓です。

心臓には4つの部屋があり、右心室・右心房、左心室・左心房ですね。

また動脈や静脈があり、基本的には心臓から出た血管を動脈(栄養素と酸素が多い)と呼び、心臓に戻ってくる血管のことを静脈(二酸化炭素と老廃物が多い)と言います。

ちなみに、静脈には血液の逆流を防ぐために弁が存在しています。

新鮮な酸素と栄養素を肌細胞に届けるためにも、この血液の流れは非常に重要になってきますね。

→注目!血行不良はニキビの原因になる!?血液の流れが悪くなると、結構恐ろしいです。

07/08

0708m
07/08(右)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

0708h
07/08(左)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

今日は昨日の続きを書いていきますね。

人の体内で最も大きいと言われている臓器は、「肝臓」だと言われています。(約900g〜1300g)

肝臓には有害物質やアルコールといった物質を解毒して処理する働きがあります。

これを解毒作用と呼びます。

他にも脂質の消化をするために、乳化する必要があるのですが、その際に活用される胆汁を作るのもこの肝臓の役目です。

さらには消化のプロセスを通って栄養素が門脈から肝臓へ送られてくると、それを貯蔵する役目も肝臓です。

有名なところでいうと、単糖であるグルコースをグリコーゲンという形にして保管してくれていて、血糖値が下がったときなんかに放出してくれています。

次に胃です。

胃は、僕たち人が食べ物を口にしてから最初に入る臓器ですね。

食べ物を胃液と混和してくれたり、胃液に含まれる消化酵素でタンパク質を分解・消化してくれたりしています。

→驚き!消化不良や胃腸・消化器系の障害がニキビの原因になっている!?その真相に迫っていきます!

07/09

0709m
07/09(右)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

0709h
07/09(左)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

さて、今日はお休みだったので、臓器の勉強を家でもしていました。

僕たち人が食べ物を食べたら、まずは胃へ運ばれ、次は小腸へと移動します。

そこでは、膵液や胆汁が分泌され、本格的に消化されていきます。

そして、小腸の絨毛や微絨毛といった部位で膜消化を経て体内へ栄養素が吸収されていきます。

小腸の後は大腸へと進み、そこで水分を吸収したり、糞便を作ったりする役割を担ってくれています。

最後に紹介するのが腎臓です。

腎臓は体液のバランスをとってくれて、老廃物や毒物といったものを血液中から取り除いてくれる働きをしてくれています。

そして、取り除いた不純物を尿として排泄するのにものすごく大きな役割を担ってくれています。

腎臓を構成する腎単位をネフロンと言い、それはさらに尿細管や腎小体に分類されます。

腎小体は糸球体とボーマン囊に分類され、そこでろ過される形で原尿を生成します。

そして最終的に尿細管で原尿の再吸収を実行してから尿として排泄されます。

長くなりましたが、人の身体は本当にすごいと思いました。

07/10

0710m
07/10(右)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

0710h
07/10(左)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

今日は日頃の調理実習という授業の補習が放課後にあったので、参加してきました。

そこでは野菜の切り方(今日はごぼうとレンコンの乱切りと、板こんにゃくの角切り)を学びました。

乱切りはただ45度で切れば良いということではなく、しっかりと切った面を上に向けて切ることが大事だと教わりました。

食品衛生学的に、しっかりと切った食材をそれぞれ別に切ることも重要だと教えていただきました。

さらに食材も全て同じような大きさに切りそろえることが、最後に料理の盛りつけを左右してくるとのことなので食材1つの切り方でも非常に工夫する必要があることを再認識しました。

難しかったです。。。家でも練習あるのみですね。。。

07/11

0711m
07/11(右)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

0711h
07/11(左)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

今日は、体内に分泌されるホルモンについて学習しました。

ホルモンは、僕たちヒトの生体内の内分泌腺でつくられ、血液中に放出されるようになります。

これによって身体の端にある標的細胞(器官など)に運ぶ事が可能なんですね。

ホルモンの量はとても少ないのですが、それでも大きな影響を与える物質というのも特徴です。

ちなみになんですが、環境ホルモンというのが問題となっていて、これは何かというと「内分泌撹乱化学物質」というものです。

こうやって漢字で表記すると何だか恐ろしいものに感じますね。。。

実際恐ろしくて、環境中に発生したホルモンに似た作用を示す人工の化学物質を指します。

→必見!男性ホルモンが多く分泌されるとニキビの原因になる!?

07/12

0712m
07/12(右)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

0712h
07/12(左)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

昨日から目立ってきた口元上部に出来たニキビですが、エピデュオゲルで適切に処置したつもりですが、まさかの黄ニキビになってしまいました。。。(汗)

お風呂に入った際に膿は勝手に出てきてくれましたが、それでも恐らく色素沈着としてニキビ跡になりそうなので、辛いです。。。

最近変わったことと言えば、若干ごはん(玄米:糖質)を食べる量を増やしたというより、以前食べていた量に近づけたので、それがもしかしたら影響しているかもしれないです。

糖質の代謝にはビタミンB1が必要なので、糖質の摂取量を増やした分だけ、サプリメントでしっかりと補助しておこうと思います。

また詳しく書く予定ですが、水溶性ビタミンであれば、サプリメントで補給もアリだという論文・書籍をニキビ太郎は参考にしています。

07/13

0713m
07/13(右)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

0713h
07/13(左)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

今日は食品に使用する漂白剤について学習しました!

僕も初めて食品に漂白剤を使用していると聞いて驚きましたが、時には使わないと行けない食品添加物の1つだということがわかりました。

漂白剤を使用するタイミングとしては、加工する食品の原材料の中にある好ましくない色素を、漂白剤を使用することによって分解、変化することができるんですね。

その結果として、好ましくない色を嗜好性を高める色へと変化させることが可能だと言われています。

具体的な食品を挙げると、さくらんぼやブドウ、かんぴょうやフキなどがあります!

また、漂白剤には亜硫酸塩類といった還元剤の漂白剤と、亜塩素酸ナトリウムといった酸化剤のものがあります。

さらに、漂白剤には食材を漂白するだけでなく、抗菌・抗酸化作用もあります。

07/14

0714m
07/14(右)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

0714h
07/14(左)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

今日は昨日の漂白剤に続き、「着色料」について学習しました。

着色料とは、食品を加工する過程において原材料が持っている本来固有の色が変化や退色することがある。その際に、食欲がそそるような色にする(着色する)、また食品が本来もっている色を維持する目的で使用される食品添加物のことです。

着色料は大きく分けて、天然の物から抽出する天然色素と、化学合成することによって作られる合成タール色素の2種類に分類されます。

ただ、合成タール色素は日本では許可されているけど、海外では人体に危険だから使用が禁止されているものがあります。

逆に日本ではダメだけど、海外ではOKといった着色料が存在しており、個人的には極力避けた方がいい食品添加物なのかな?と感じています。

07/15

0715m
07/15(右)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

0715h
07/15(左)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

今日はADHDという、注意欠陥多動性障害の学習をしました。

この障害は、文部科学省の定義によると、

ADHDとは、年齢あるいは発達に不釣り合いな注意力、及び/又は衝動性、多動性を特徴とする行動の障害で、社会的な活動や学業の機能に支障をきたすものである。

引用:(http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/004/008/001.htm , 2017/07/15)。

上記のようになっています。

ADHDを持っている人は外見からでは全く分からないのが特徴で、他にも

・もの忘れが激しい
・2つのことを同時に出来ない

といった障害を持っています。

実は僕ニキビ太郎の身内にもADHDの症状を持つ人がいて(まだお医者さんの診断は受けていない)、実際に悩んでいるのも間近でみてきているので、今度会った時に思いきって、相手を傷つけないように、病院を一度受診してみるよう伝えてみようと思っています。

07/16

0716m
07/16(右)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

0716h
07/16(左)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

今日は発色剤について復習しました。

発色剤とは食品中に存在している不安定な有色物質と結合することによって、その食品に含まれている色を安定させることを目的として使用される食品添加物になります。

発色剤の主なものには、亜硝酸塩や硝酸塩などが挙げられます。

また、発色剤が使用されている食品の代表例は、「魚肉ハム・ソーセージ」などです。

発色剤を添加することで、綺麗な食欲がわくピンク色になります。

一方であえて発色剤を使用しないハムなどが存在するのですが、色は美味しそうとは言えないケースもあります。

これは僕らはあまりにピンク色のハムやソーセージに、慣れてしまっているのかもしれないと言えることにつながりそうですね。。。

ただ、大手メーカーのハムやソーセージには、本当に微量の発色剤(一日摂取許容量:ADI)だけしか配合されているので、普段食べる分にはほぼ気にしなくていいかな、と僕は授業を通して感じました。

もちろん、微量でも嫌だという人は、無添加のものも販売されているので、そちらを購入することをオススメしたいです。

07/17

0717m
07/17(右)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

0717h
07/17(左)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

今日は、久々の休日ということで家から一番近いイオンモールに行ってきました。

そこで、リンガーハットに行き、野菜たっぷりちゃんぽんを食べてきました☆

リンガーハットのちゃんぽん

やっぱり、めちゃくちゃ美味しく、満足でした。

また、友人も一緒にいったのですが、友達は新発売のお肉系のちゃんぽんを食べていて、とても美味しいと言ってましたよ!

僕も一口食べさせてもらいましたが、確かにめちゃくちゃ美味しかったです!

量はそこまで食べない人にはもってこいだと感じました。

また、本当に久々にハーゲンダッツのチョコレートアイスも買って食べました。

ハーゲンダッツチョコレートブラウニー

2口食べて友達にあげたのですが、久々に食べるアイスは本当に美味しかったです。

ちなみに、麺(炭水化物:糖質)、チョコレートアイス(糖質)と糖質が多い夕食だったので、糖質の代謝に欠かせないビタミンB1をサプリメントで補いました。

明日からニキビに注意して食生活を正していこうと思います。

07/18

0718m
07/18(右)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

0718h
07/18(左)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

明日から、学校の期末テストが始まります。。。。

テストは大学以来なので、本当に久々すぎてドキドキしてます。

単位とれるかな。。。笑

そのせいか、最近テストに対するストレスで眠りが浅くなっている気がしています。。。。(汗)

またプライベートでもストレスのかかる事件があり、正直ニキビが出来てもおかしくない時期かもしれないです。。。

サプリメントでビタミンCを多めに摂って対策しようと思います!!!

今日は夕方の風景がとても綺麗でした。

風景2020

07/19

すみません。。。
この日は完全に肌写真を撮影することを忘れてました。。。(汗)

明日からまた気を引き締めていこうと思います!!!

07/20

0720m
07/20(右)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

0720h
07/20(左)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

今日は家の近くのカフェのような所で、お弁当が販売されていたので、買って食べてみました!!

久々にマヨネーズを食べたのですが、、、、その破壊力ハンパないです。。。笑

obento

めちゃくちゃ美味しかったです。

ただ、僕はマヨネーズを含む食品を摂るとニキビが出来やすいので、その点は注意しておかなければいけないです。。。

また、お昼にしては普段よりも高カロリーだったので、本来であれば食後にビタミンのサプリメントを摂った方がいいのですが、今日は持ちあるいていなかったので、次回購入するときは飲もうと思いました。

07/21

0721m
07/21(右)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

0721h
07/21(左)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

昨日買ったお弁当が本当に美味しくて、、、2日連続で購入していしまいました。。。

ですが、まさかの今日もサプリメントを持ってきていなかったので、少し不安の中お弁当を食べました(不安というのは、ニキビが出来るかもというものですね)

07/22

0722m
07/22(右)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

0722h
07/22(左)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

07/23

0723m
07/23(右)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

0723h
07/23(左)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

07/24

0724m
07/24(右)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

0724h
07/24(左)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

数日前に、2日連続で食べたお弁当の影響からか、目立つ赤ニキビが出来てしまいました。。。(汗)

やはり美味しい食べ物は、僕にとってニキビになりやすいようです。。。(涙)

しっかりと夜にエピデュオゲルを塗布して対応しようと思います。。。

もうすぐでエピデュオゲルが無くなりそうなので、そろそろ皮膚科を受診しようと思います。

07/25

0725m
07/25(右)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

0725h
07/25(左)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

7月31日からガッツリ定期試験なので、これからしばらくは肌写真だけを記録していこうと思います。

何か特別なことがあれば、記録していきますね。

07/26

0726m
07/26(右)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

0726h
07/26(左)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

07/27

0727m
07/27(右)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

0727h
07/27(左)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

07/28

0728m
07/28(右)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

0728h
07/28(左)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

07/29

0729m
07/29(右)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

0729h
07/29(左)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

07/30

0730m
07/30(右)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

0730h
07/30(左)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

07/31

0731m
07/31(右)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

0731h
07/31(左)↑画像クリックすると拡大ページに飛びます

ニキビ太郎が絶対的自信を持っておすすめする商品です!

ニキビ跡プロセス画像

優光泉(ゆうこうせん)

優光泉

  ニキビ太郎は優光泉を飲んだおかげで、ニキビに悩まない人生を取り戻すことが出来ました。

 体の内側からのケアに必要なものだから、優光泉をもっと早く購入すれば良かったと本気で後悔しています。だからこそ、同じニキビやニキビ跡で悩む人には失敗しない選択をしてほしいです。

 優光泉を一度飲み始めると、肌の変化を実感できるので毎日が楽しみになります!ニキビ太郎はもう二度と手放せません。もう一度、笑顔のある人生を一緒に取り戻しましょう!!!

 何より嬉しかったのは、外出する機会が増えたことと、人と目を合わせて普通に会話できるようになったことです。今だけ、しっかりとした30日間の返金保証があるのも魅力の1つです。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!優光泉の詳細はこちらをクリック






ビーグレン(b.glen)

ビーグレン18

 ニキビ太郎は約10年間もの間ニキビやニキビ跡に悩まされました。ニキビのせいで本気で死にたいとも思っていました。本当に人生に絶望していた時に、このビーグレン(b.glen)に出会いました。

 当時はマスク無しでは外出できないほどの引きこもりで、人と目を合わせて会話なんて絶対できないというくらい対人恐怖症でもありました。ですが、ビーグレンを使い始めてからは、少しずつニキビを予防することができるようになり、今では鏡を見ても人生に絶望することは無くなりました。

 人と会話していても、相手の視線がニキビにいって落ち込むということも無くなり、これからの人生に希望を見いだせるようになりました。ビーグレンには感謝してもしきれないです。

また、ビーグレン(b.glen)は安心の365日返金保証があるので、何もリスクを背負わずに試す事ができるのも魅力の1つで、満足度の高いものだとニキビ太郎は感じています。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!ビーグレン(b.glen)の詳細はこちらをクリック







神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドイメージ

 ニキビ太郎は高校生の頃から、顔全体に繰り返しできる酷いニキビとニキビ跡に悩んでいました。 朝、学校や職場に通う前に鏡で自分の顔を見るのですが、本当に見る度に気持ちが憂鬱になり、毎日どうして自分だけ・・・とニキビを酷く憎んでいたほどです。

 ある日、神仙桑抹茶ゴールド(しんせんくわまっちゃごーるど)という青汁と出会い、人生が良い方向へと変わり始めました。それまでは、ニキビが治った後に残る赤みや黒ずみによって顔色が健康的ではなかったのですが、神仙桑抹茶ゴールドを飲むようになってからは、肌の色が明らかに変わりはじめました。

 それからは少しずつですが気持ちも前向きになり、女性とも話せるようになりました。今では恋人ができ、楽しい毎日を過ごせるようになりました。 神仙桑抹茶ゴールドは、人生に絶望していたニキビ太郎の外面的な部分と、心という内面的の両方を救ってくれた青汁です。

check!!公式サイトはこちらをクリック

check!!神仙桑抹茶ゴールドの詳細はこちらをクリック


※当サイトをご利用の際には、必ず免責事項他をご参照ください。

2 Responses to “エピデュオゲルを使い始めて7ヶ月後の肌写真(肌日記)”

  1. はるか より:

    はじめまして。
    脂漏性皮膚炎になって以来ビニール肌、ニキビの大量発生に悩まされている者です。
    抗生物質の飲み薬を飲まないと、だんだんニキビが増えて2か月くらいで戻ってしまうのですが、
    体質を根本的に改善して抗生物質に頼らないようになりたいと思っています。
    食事も気を遣っていますが今このサイトを参考に洗顔をビーグレンにして優光泉を飲んでみています。
    色々おすすめのものがあったらまた紹介してくださると嬉しいです!
    これからもがんばってください。

  2. ニキビ太郎 より:

    はるかさん

    初めまして。
    ニキビ太郎です。

    今現在、脂漏性皮膚炎、ビニール肌、ニキビといった症状に悩まされているんですね。。。。

    >抗生物質の飲み薬を飲まないと、だんだんニキビが増えて2か月くらいで戻ってしまうのですが、
    体質を根本的に改善して抗生物質に頼らないようになりたいと思っています。

    はるかさんがおっしゃる通り、僕も抗生物質に頼らないでニキビなどの肌トラブルの悩みを解決していくべきだという見解です。

    というのも、抗生物質を服用し続けると、耐性菌問題が出てきて、いつかは抗生物質の効果が感じられなくなってしまうことも考えられるからですね。
    また、抗生物質は腸内細菌のバランスを乱し、その結果として腸内環境を悪化させる恐れがあるので、
    最長でも、2週間〜1ヶ月程度までにしておき、肌に塗布するタイプのニキビ薬とうで後は対応していくのがいいのかな?と感じています。

    今現在、はるかさんは皮膚科には通われていますでしょうか?

    もし抗生物質以外に、お使いのニキビ薬や保湿剤があれば教えていただけると、何か僕の経験からお伝えできることがあるかもしれないです。

    >食事も気を遣っていますが今このサイトを参考に洗顔をビーグレンにして優光泉を飲んでみています。

    普段の食事も僕はものすごく重要視していて、一日3食の食事が満足に出来ていないと(腸内環境が整っていないと)、その後にどんなに良いサプリメントや酵素ドリンクを飲んだとしても、吸収率が悪くなったりする可能性があるとも感じています。

    なので、普段の食生活からもご自身にあったものを食べることが大事だと僕は思っています。

    はるかさん、ニキビ治療は本当に辛くて苦しい、旅のようなものだと僕は感じています。
    ですが、絶対に希望は捨てないでくださいね!!!

    年々皮膚科のニキビ治療は進化していますし、
    正しいケアや食生活を継続することができれば、肌の悩みは次第に解決する方向へと向かうはずです。

    また、何かあればすぐに連絡ください。
    僕のできる範囲でチカラになりたいと思っています。

    このような返信ですが、何かはるかさんの参考になれば嬉しいです。

    ニキビ太郎

コメントを残す

このページの先頭へ